月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

威風堂々!マラソン王者キプチョゲが史上3人目の五輪連覇達成

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技10日目

陸上競技10日目モーニングセッション、陸上競技最後の種目となる男子マラソンが札幌市で行われ、リオ五輪金メダリストで世界記録保持者のエリウド・キプチョゲ(ケニア)が2時間8分38秒で金メダルを獲得。史上2人目の連覇を達成した。2位に1分20秒をつける、まさに圧勝だった。これでキプチョゲはマラソン15戦13勝。

2位にA.ナゲーイェ(オランダ)が2時間9分58秒で入り、3位はベルギーのB.アブディ。日本最上位は大迫傑(Nike)で日本勢2大会ぶり(12年ロンドン・中本健太郎)入賞となる6位。中村匠吾(富士通)は2時間22分23秒で62位、服部勇馬(トヨタ自動車)は2時間30分08秒で73位フィニッシュだった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com