月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子マラソン中村匠吾は62位「また強い姿を見せたい」服部は脚を引きずりながら73位完走

◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技10日目

陸上競技10日目モーニングセッション、札幌市で行われた陸上競技最後の種目となる男子マラソンに出場した中村匠吾(富士通)は、2時間22分23秒で62位でフィニッシュした。「前半、スローペースになると思っていたが想定以上に速かった」こともあり、自分のペースを守ることに集中。だが、故障もありレースから遠ざかっていた中村は終始後方でのレースとなった。「思っていた以上に身体が動かなくてつらい42kmでした」と振り返る。

マラソングランドチャピオンシップ(MGC)で暑さに強さを見せて優勝。五輪代表をつかんだが、コロナ禍で1年延期し、心身の調整はなかなかうまくいかなかった。「ここまでつらい2年間でしたが、いろんな人の支えでスタートラインに立てました」と話し、感情が溢れた中村。「また戻ってきて強い姿を見せられるようにしたい」と前を向いた。

服部勇馬(トヨタ自動車)は2時間30分08秒で73位。中盤までは上位グループ後方で粘ったが、その後は失速した。最後は脚を引きずりながら痛みをこらえて意地の完走。フィニッシュ後は車いすで運ばれた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com