月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

マラソン大迫傑が6位!現役引退レースで「100点満点」「次の世代に」思い込み上げ涙


◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技10日目

陸上競技10日目モーニングセッション、陸上競技最後の種目となる男子マラソンが札幌市で行われ、大迫傑(Nike)が6位入賞を果たした。

最後まで「大迫傑」を貫いた。東京五輪開幕を前に「8月8日のマラソンを現役選手としてのラストレースにします」と、突然現役引退を発表した。「100%注ぎ込んできた」という東京五輪を「自分自身の競技人生の最高のゴールにするため」だった。

そうそうたる顔ぶれがそろう先頭集団の後ろでじっと耐える大迫。「アップダウンは激しいのがわかっていたので、対応しようと思っていました」。30km付近からやはりレースは動く。メダル争いからは遅れた。「へたに3位を狙うと大崩れする」。身体と相談しながら、熱く、冷静に走る。35~40kmで8番手から6位へ。そこで「前を目指そうと思ったのですが、39km付近で脚がつりかけて、思ったよりラップが上がらなかったので、6位を守った」。粘りの走りだった。

ここ数年、高速化が進んできた世界のマラソンで、地元開催の重圧の中で、メダルまで41秒に迫る2時間10分41秒で6位フィニッシュ。とてつもないことをやってのけた。

大迫はいつだってチャレンジしてきた。東京出身の大迫が中学を卒業後に名門・佐久長聖高(長野)を選んだ時から「速くなりたい」「強くなりたい」と、厳しい道を選択。早大進学後は大学駅伝だけではなく常に世界を見据えて取り組み、在学中から米国に渡った。ケニアでの長期滞在をするなど、舞台はいつも世界。その背中を追って、以降は海外へ渡る選手が格段に増えた。

トラックでも5000m13分08秒40の日本記録を樹立し、マラソンでは18年に日本人初の2時間5分台と出し、2度目の日本新では2時間5分29秒まで引き上げた。2度日本記録を樹立した選手は50年以上ぶりの誕生。そのチャレンジで数々の歴史を動かしてきた。

「まっすぐ進んできました」。そう言うと涙が止まらない。これまでの道のりを聞かれ言葉が詰まり、「あんまり泣かせないでください」とタオルで顔を覆う。これもまた大迫らしさ。

大学生やジュニア世代の育成への情熱も注ぐ大迫。「しっかり次の世代につながるように。次の世代が頑張れば、6番からメダル争いに絡めると思う」。日本の長距離ランナーは世界と戦えると誰よりも信じている。

「噛みしめながら1歩1歩。順位はどうあれ100点満点の頑張りができました。いろんな人が応援してくれて力になりました。感謝の気持ちを込めてやり切ったことを表したかった」

退路を断ち臨んだ現役最後のマラソンで東京五輪6位入賞。道なき道を突き進んできた偉大なランナーの第一章はこれで幕を閉じた。「これからも陸上界に関わっていく。まっすぐ進んでいきたい」。どこまで大迫らしく。次はどんな道を切り拓いていくのだろうか。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com