月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

23歳・池田向希が快挙!20km競歩初となる銀メダル 東洋大マネージャー兼選手がつかんだ世界2位


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目

陸上競技7日目のアフタヌーンセッションで男子20km競歩が札幌で行われ、池田向希(旭化成)が1時間21分14秒で銀メダルを獲得した。この種目日本初のメダル獲得で、陸上競技今大会初メダル。さらに3位に19年ドーハ世界選手権金メダルの山西利和(愛知製鋼)が入り、一気に2つのメダルを獲得。同一種目で複数メダル獲得は、1936年ベルリン五輪(マラソン、棒高跳、三段跳)以来、85年ぶりの快挙となる。

序盤から飛ばした王凱華(中国)だが、「まだ序盤だったので落ち着いてうかがっていました」と池田。11kmすぎに山西と池田らの集団がとらえた。集団は6人。さらにもう一人・張竣(中国)も加わり7人に絞られた。

勝負どころは17kmすぎ。王者・山西がペースを上げ、池田とイタリアのM.スタノも残り、3人によるメダルの「色」争いとなった。「本当は後ろを払って逃げ切ろうと思ったのですが」(山西)。思った以上に余力が残っていない。

スタノのペースが上げる。山西が遅れたが、池田が食らいつく。「ずっと山西さんが強くて負け続けてきた。ラストのスピード、スパートに対応できるように取り組んできました」。それが大一番で発揮される。

さいごはスタノに話されたものの、23歳のホープが堂々の銀メダル。ドーハ世界選手権で初出場ながら6位と健闘したものの、悔しさに泣き崩れていた男が、2年後は笑顔でフィニッシュした。

「本当にうれしいです。メダルを一つの目標にしてきました」

静岡・浜松日体大高から東洋大に進学。中学、高校と中長距離ランナーとして走っていたがケガや貧血もあって結果が出ず、高校2年から歩き出した。同県には50km競歩代表の川野将虎(旭化成)が同学年にいて、ずっと背中を追ってきた。

東洋大に入った時は「長距離マネージャー兼選手」。徐々に結果を出して世界競歩チーム選手権で「世界一」なってからマネージャー業務から離れたが、しばらくは自発的に業務を続けていた。

酒井瑞穂コーチ、長距離の酒井俊幸監督のもと、競技力も、人間力も成長させてもらった。東洋大競歩関係者は、12年ロンドン五輪に西塔拓己が出場し、16年リオ五輪には松永大介(現・富士通)が出て日本初の7位入賞を果たしていた。どんな時も「その1秒をけずりだせ」を心に秘めて歩いた。

1年前のインタビューでは、東京五輪が「応援してくれた人や家族に最高の恩返しができる舞台」と話していた池田。その時は「まだ目標は金メダルと言えない」。23歳にしてつかんだ銀メダル。次は「目標は金メダル」と胸を張って言えるはずだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com