月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

20km競歩世界王者・山西利和 銅で史上4人目の世界大会Wメダルも「金取れず残念」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目

陸上競技7日目のアフタヌーンセッションで男子20km競歩が札幌で行われ、19年ドーハ世界選手権王者の山西利和(愛知製鋼)は、M.スタノ(イタリア)、銀メダルの池田向希(旭化成)に続いて1時間21分28秒で銅メダルを獲得した。

日本勢2つのメダル、世界大会連続メダルにも、山西の表情は変わらない。「目標の金メダルを取れなかった。準備で足りないところがあったと思います」と振り返る。

世界王者として常にマークされる難しい展開だった。中国の王凱華(中国)が「山西対策」とばかりに飛び出し2人が前に抜け出すが、山西や池田は冷静に後ろの集団を引っ張る。徐々に前と詰まっていくが、それを引っ張ったのも山西だった。

速さと、絶対的な強さを求める山西。王者らしい歩きを見せるが、最後は3人に絞られてからベントニーの警告を受けて脚がにぶる。スタノ、池田の一騎打ちになる。つけなかった。それでも、ドーハに続いて2大会連続メダル。両大会で個人種目においてメダルを獲得したのは、室伏広治、野口みずき、荒井広宙に続く4人目だ。

京大ウォーカーとして注目を集める山西だが、アスリートとして求めるものに学歴は関係ない。絶対的な強さを見せて勝つことで、自分の歩きが誰かの心に届くと信じている。だからこそ、悔しさが募る。

「日本陸連のゴールドメダルターゲットとして金メダルを取るためにやってきた。個人としても、競歩チームとしても残念です」

競歩界の絶対王者になるために、再び山西は歩き出す。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com