HOME 東京五輪、日本代表、五輪
20km競歩世界王者・山西利和 銅で史上4人目の世界大会Wメダルも「金取れず残念」
20km競歩世界王者・山西利和 銅で史上4人目の世界大会Wメダルも「金取れず残念」


写真/時事
◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目

陸上競技7日目のアフタヌーンセッションで男子20km競歩が札幌で行われ、19年ドーハ世界選手権王者の山西利和(愛知製鋼)は、M.スタノ(イタリア)、銀メダルの池田向希(旭化成)に続いて1時間21分28秒で銅メダルを獲得した。

日本勢2つのメダル、世界大会連続メダルにも、山西の表情は変わらない。「目標の金メダルを取れなかった。準備で足りないところがあったと思います」と振り返る。

世界王者として常にマークされる難しい展開だった。中国の王凱華(中国)が「山西対策」とばかりに飛び出し2人が前に抜け出すが、山西や池田は冷静に後ろの集団を引っ張る。徐々に前と詰まっていくが、それを引っ張ったのも山西だった。

速さと、絶対的な強さを求める山西。王者らしい歩きを見せるが、最後は3人に絞られてからベントニーの警告を受けて脚がにぶる。スタノ、池田の一騎打ちになる。つけなかった。それでも、ドーハに続いて2大会連続メダル。両大会で個人種目においてメダルを獲得したのは、室伏広治、野口みずき、荒井広宙に続く4人目だ。

京大ウォーカーとして注目を集める山西だが、アスリートとして求めるものに学歴は関係ない。絶対的な強さを見せて勝つことで、自分の歩きが誰かの心に届くと信じている。だからこそ、悔しさが募る。

「日本陸連のゴールドメダルターゲットとして金メダルを取るためにやってきた。個人としても、競歩チームとしても残念です」

競歩界の絶対王者になるために、再び山西は歩き出す。

写真/時事 ◇東京五輪(7月30日~8月8日/国立競技場)陸上競技7日目 陸上競技7日目のアフタヌーンセッションで男子20km競歩が札幌で行われ、19年ドーハ世界選手権王者の山西利和(愛知製鋼)は、M.スタノ(イタリア)、銀メダルの池田向希(旭化成)に続いて1時間21分28秒で銅メダルを獲得した。 日本勢2つのメダル、世界大会連続メダルにも、山西の表情は変わらない。「目標の金メダルを取れなかった。準備で足りないところがあったと思います」と振り返る。 世界王者として常にマークされる難しい展開だった。中国の王凱華(中国)が「山西対策」とばかりに飛び出し2人が前に抜け出すが、山西や池田は冷静に後ろの集団を引っ張る。徐々に前と詰まっていくが、それを引っ張ったのも山西だった。 速さと、絶対的な強さを求める山西。王者らしい歩きを見せるが、最後は3人に絞られてからベントニーの警告を受けて脚がにぶる。スタノ、池田の一騎打ちになる。つけなかった。それでも、ドーハに続いて2大会連続メダル。両大会で個人種目においてメダルを獲得したのは、室伏広治、野口みずき、荒井広宙に続く4人目だ。 京大ウォーカーとして注目を集める山西だが、アスリートとして求めるものに学歴は関係ない。絶対的な強さを見せて勝つことで、自分の歩きが誰かの心に届くと信じている。だからこそ、悔しさが募る。 「日本陸連のゴールドメダルターゲットとして金メダルを取るためにやってきた。個人としても、競歩チームとしても残念です」 競歩界の絶対王者になるために、再び山西は歩き出す。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top