月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

リレー侍いよいよ予選に登場! 20km競歩の山西にメダルの期待!海外勢では男子砲丸投クルーザーは必見/今日の五輪見どころDAY7


陸上競技も終盤に差し掛かる。モーニングセッションの10時には女子4×100mリレー予選が行われ、日本は2大会ぶりに出場する。日本選手権100m、200m2冠の兒玉芽生(福岡大)を筆頭に、鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、齋藤愛美(大阪成蹊大)、青山華依(甲南大)、石川優(青学大)の若い力で、43秒39の日本記録更新を狙う。

そして11時30分からは男子の4×100mリレー予選。前回リオ五輪銀メダルから5年、いよいよ「リレー侍」が登場する。日本は英国、ジャマイカなどと同じ1組に入った。多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)の1、2走が濃厚。桐生祥秀(日本生命)もリレーメンバーとして控える。100m、200m全員が予選敗退となった悔しさをぶつける舞台はここしかない。全体的なレベルが上がっており、37秒台に近いタイムで走る必要がありそうだ。

舞台を札幌に移して行われる男子20km競歩は、16時30分にスタート。これが日本で最も金メダルに近い種目だ。19年ドーハ世界選手権で初の金メダルを獲得した山西利和(愛知製鋼)、同6位入賞の池田向希(旭化成)、高橋英輝(富士通)の3人が出場。なかでも山西は、海外メディアからも「金メダル有力」として名が挙げられる。

京都・堀川高では世界ユース選手権優勝、インターハイ優勝。現役で京大工学部物理工学科に合格し、4年時にはユニバーシアードで金メダルを獲得した。強さと速さの両方を追い求める山西は、王者として東京五輪でライバルたちを迎え撃つ。

日本はここまでメダルなし。池田、高橋にもメダルや入賞の可能性が十分。複数入賞で後半戦に勢いをつけてほしい。

海外勢で最も注目を集めるのは男子砲丸投。6月の全米五輪選考会で23m37の大投てきを披露した。これは31年ぶりの世界新。前回リオ五輪を制しており、優勝すればこの種目史上3人目の連覇だ。

男子400m決勝には、母が日本人のマイケル・ノーマン(米国)に期待。日本にルーツを持つスプリンターが母の祖国で五輪初制覇を狙う。400mハードルで男女とも世界新が出たように「周回レース」で好記録が出る国立競技場。43秒45(世界歴代5位)のノーマンが、世界記録43秒08(W.ファン・ニーケアク/南アフリカ)にどこまで近づけるか。

十種競技と七種競技は後半戦。D.ワーナー(カナダ)が前半を世界新ペースで進めていた。前半が得意なワーナーだが、世界記録保持者K.メイヤー(フランス)は後半に得意種目が多い。東京五輪のキングの座に就くのは? 七種競技はN.ティアム(ベルギー)が連覇なるか。

陸上競技も残り4日。日本代表、そして超人たちの戦いから目が離せない!


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com