月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

さぁメダルへ!男子4継は多田修平、山縣亮太、桐生祥秀、小池祐貴!9秒台3人最速メンバーで予選に挑む


東京五輪男子4×100mリレー予選のオーダーが発表された。日本は1走から多田修平(住友電工)、山縣亮太(セイコー)、桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)の4人が登録された。

山縣が9秒95、桐生と小池が9秒98、多田は10秒01がそれぞれ自己ベストで、日本史上最速メンバー。予選は100m代表3人にリレーメンバーから桐生を加えたかたち。

予選は2組で行われ、各組上位3着と4着以下の記録上位2チームが決勝に進出できる。

日本は1組4レーンに入った。2レーンからブラジル、英国、日本、ジャマイカ、オランダ、南アフリカ、トリニダード・トバゴ、フランスで、予選は今日11時30分にスタートする。決勝は6日22時50分から。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com