月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

七種競技・山崎有紀が歴史を動かす17年ぶり日本新!5日前に急きょ出場決定「今の力は出せた」

写真提供/九州共立大

七種競技で日本選手権3連覇の女王が、ついに歴史を動かした。5月22日、23日に行われた九州共立大チャレンジ競技会で、山崎有紀(スズキ)が5975点をマーク。3年ぶりに102点更新する自己新は、アテネ五輪にも出場した中田有紀(当時・さかえクリニックTC、現・愛知つばさTCA)が2004年に樹立した日本記録5962点を更新する日本新だった。

九州インカレの延期に伴い、「学生たちのために」と設定された競技会。「6月の日本選手権に向けての調整」というつもりで、大会5日前に急きょ出場を決めた。1種目めの100mハードルで14秒00(+1.5)をマーク。「4月の大会で14秒38だったことを考えればそこそこ」。2日目の走幅跳では向かい風1.3mの中で6m01を跳び、やり投でも48m62の自己新を出した。ラストの800mは後輩に引っ張ってもらい、ラストは独走で2分13秒95のこちらも自己ベスト。日本女子初の6000点に近づく大記録だった。フィニッシュ後は涙。大学時代から師事する疋田晃久コーチ(九州共立大監督)と喜びを分かち合った。

「今出せる力は出せた」と言う一方、それはコンディションも含めてのこと。全体的には「普通」と山崎。やり投や砲丸投など「投てき種目が安定して取りこぼしがなくなった」のが好記録の要因だというが、自己ベストがやり投と800mだけだったことを考えれば、6000点やもっと大きな記録も見えてきた。山崎自身も「ハマればまだ出せそう」と可能性を見出しているようだ。

長崎南高校から九州共立大を経て、18年からスズキへ。高校時代は4551点がベストで全国上位選手ではなかった。ところが大学で着実に成長を遂げると、3年時に5751点と大ブレーク。しかし、日本一になり、連覇を続けるうちに失っていたものもあった。「もともと彼女の持ち味」と疋田コーチが語るのが「競技を楽しむこと」。それまではヘンプヒル恵(アトレ)らの後を追いかけて成長すればよかったが、追われる立場となり、「負けられない」という気持ちが強くなり、いつしか楽しむことを忘れてしまっていた。

今回、「原点回帰」という意味合いもあり、学生たちと一緒に「伸び伸びと混成競技をできた」。その中で「久しぶりに楽しく、学生の“ノリ”を感じられた」のが大きかったようだ。

これで日本記録保持者となり、日本選手権では4連覇が懸かる。それでも、「記録は考えず、1種目ずつ楽しくやっていきます」と気負いはない。だが、この新記録が七種競技界に与えた影響は大きい。ケガから復活を期すヘンプヒル、同日に大会新で関東インカレを制した大玉華鈴(日体大)、再挑戦する宇都宮絵莉(長谷川体育施設)らを大いに刺激したことだろう。

七種競技でオリンピックの舞台に立ったのは中田有紀ただ1人。東京五輪は現実的ではないにしても、日本のヘプタスリートが再び世界の舞台へ立つ日が来る。そんな予感を漂わせる17年ぶりの日本新だった。

【得点内訳】
5975点(100mH:14秒00/+1.5―走高跳1m65―砲丸投12m39―200m24秒63/+2.0―走幅跳6m01/-1.3―やり投48m62/800m2分13秒95)

■七種競技 日本歴代5傑
5975点 山崎有紀(スズキ)2021年
5962点 中田有紀(さかえクリニックTC)2004年
5907点 ヘンプヒル恵(中大)2017年
5821点 宇都宮絵莉(長谷川体育施設)2018年
5713点 佐藤さよ子(日立土浦)2001年

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com