月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mH泉谷駿介が予選から13秒30!東京五輪参加標準記録を突破!/関東IC


◇関東インカレ(5月20~23日/神奈川・相模原)

圧巻の走りだった。関東インカレ男子1部110mハードル予選。1組に登場した泉谷駿介(順大)が、13秒30(+0.8)をマークして組1着となり、東京五輪の参加標準記録13秒32を突破した。自身の持つ日本歴代3位、日本学生記録も更新。今季世界リスト10位に入る好記録だった。

「予選で五輪標準記録を狙っていました。少しでも早く切りたかった」。スタートから別次元のスピードで飛び出すと、その後は「中盤以降は詰まってしまってハードルが近かった」と言うものの、「最後まであきらめずに刻めた」と泉谷。

相模原ギオンスタジアムは風が強く吹き荒れる競技場としても知られるが、この日は曇り空で穏やかな風が吹いていた。「風も良かったので」と狙い通り。2年前の関東インカレでは三段跳と2冠、走幅跳2位とフル回転しているが、東京五輪を控えるため跳躍種目は封印。それでも、練習ではバウンディングなどで持ち味のバネを強化し、「踏み切りの強さや、スピードと基礎体力がついたのが記録につながった」と胸を張った。

これで6月の日本選手権で3位以内に入ればオリンピック代表に内定。2年前のドーハ世界選手権は代表となりながらケガのため棄権しているだけに、大舞台に懸ける思いは強い。日本記録は13秒16まで金井大旺(ミズノ)が更新し、高山峻野(ゼンリン)も13秒25を持ち、ともに世界のファイナルが見えるところまできている。「2人負けずに、東京五輪の決勝を目指したい」と泉谷。「これでやっとスタートラインに立てた」。

U20世界選手権、ユニバーシアードとメダルを獲得してきたホープが、関東インカレをステップに、いよいよ世界の舞台に立とうとしている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com