月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

キプリモが1万mで世界歴代7位の26分33秒93! やり投のフェッターは今季世界最高の94m20/WAコンチネンタルツアー


世界陸連(WA)のコンチネンタルツアーゴールド大会「オストラヴァ・ゴールデン・スパイク」が5月19日、チェコ・オストラヴァで行われ、男子10000mではJ.キプリモ(ウガンダ)が世界歴代7位の26分33秒93をマークして制した。

5000mを13分27秒で通過した後、残り5000mを13分06秒でカバーしたキプリモは、2000年11月生まれの20歳。昨年は10月の世界ハーフマラソン選手権を制した後、上位4人が従来の世界記録を破った12月のバレンシアハーフでは、57分37秒で2位(世界歴代2位)に入っている。

男子やり投では世界歴代2位(97m76)の記録を持つJ.フェッター(ドイツ)がサードベストとなる今季世界最高の94m20で優勝。男子800mでは大会翌日に19歳の誕生日を迎えるM.バーギン(英国)がU20欧州新で今季世界最高の1分44秒14をマーク。18歳最後の日に自己ベストを0.61秒更新した。女子800mでも2002年生まれのK.ホジキンソン(英国)がU20欧州新の1分58秒89で勝った。

男子100mはF.カーリー(米国)が9秒96(+1.4)で、同200mはK.ベドナレク(米国)が19秒93(-0.6)でそれぞれV。女子200mは今季好調のS.リチャードソン(米国)が22秒35(-1.1)で快勝した。

男子棒高跳は世界記録保持者のA.デュプランティス(スウェーデン)が5m90で、男子三段跳はH.F.ザンゴ(ブルキナファソ)が17m20(+0.7)で制した。女子やり投はC.フソンク(ドイツ)が66m56で勝ち、北口榛花(JAL)はシーズンベストの57m49で6位だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com