HOME ニュース、国内

2020.12.15

【マラソン】五輪代表・中村匠吾 次戦マラソンは2月びわ湖を予定
【マラソン】五輪代表・中村匠吾 次戦マラソンは2月びわ湖を予定


写真/富士通株式会社

東京五輪マラソン代表の中村匠吾(富士通)が12月15日、オンラインでの合同取材に応じ、近況と今後のスケジュールについて語った。

中村は昨年、東京五輪の選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を制して五輪代表に内定。その後、マラソンの開催場所が札幌移転、そして新型コロナウイルスの影響により五輪1年延期と続き、「準備してきた分、少し気持ちが落ち込んだこともあった」と本音を明かすが、「強化の期間」と気持ちを切り替えた。

五輪に向けて「世界のレースで見られる30~35kmのペースアップに対応できるようにスピード持久力をテーマに練習してきた」と中村。持ち味である「残りの2.195kmで勝負できるように。本番では力を発揮したい」と話す。

コロナ禍にあって、五輪、アスリートを取り巻く状況は複雑。「五輪について賛否あるのは当然ですが、アスリートとしては開催されることを前提に練習しています」と言い、「閉会式の時に、『大会ができてよかったね』と言ってもらえるようなパフォーマンスをするのがアスリートの仕事」と、しっかり準備を整えていく構えだ。

次戦は1月1日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)となり、マラソンについては2月28日のびわ湖毎日マラソンを予定している。ニューイヤーに向けて「積極的な走りをしてチームに貢献したい」と語った。

また、合同取材後には、富士通が「主宰する駅伝・マラソントークイベント」の収録が行われ、中村、福島正監督に加え、駒大・大八木弘明監督が参加。司会は柏原竜二氏と文化放送の寺島啓太アナウンサーが務めた。

全日本大学駅伝や東日本実業団駅伝の振り返りや、指導法についてなど、さまざまな話題に触れた。箱根駅伝について、「今走ってみたい区間は?」という問いに中村は「2区です。箱根だけ優勝できなかったので優勝したい」と答えた。また、大八木監督の『声かけ』について、「大八木監督に声をかけられた記憶がないんですよね」と笑い、大八木監督は「1区も多かったし、しっかり走ってくれていたから(叱咤する)必要がなかった」と言う。

同社は東京2020大会のスポンサー企業としてこれまでも社内向けのトークイベントなどを開催してきたが、今回はファンに向けて、12月25日~1月4日に期間限定で公開される予定。


写真/富士通株式会社

写真/富士通株式会社 東京五輪マラソン代表の中村匠吾(富士通)が12月15日、オンラインでの合同取材に応じ、近況と今後のスケジュールについて語った。 中村は昨年、東京五輪の選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を制して五輪代表に内定。その後、マラソンの開催場所が札幌移転、そして新型コロナウイルスの影響により五輪1年延期と続き、「準備してきた分、少し気持ちが落ち込んだこともあった」と本音を明かすが、「強化の期間」と気持ちを切り替えた。 五輪に向けて「世界のレースで見られる30~35kmのペースアップに対応できるようにスピード持久力をテーマに練習してきた」と中村。持ち味である「残りの2.195kmで勝負できるように。本番では力を発揮したい」と話す。 コロナ禍にあって、五輪、アスリートを取り巻く状況は複雑。「五輪について賛否あるのは当然ですが、アスリートとしては開催されることを前提に練習しています」と言い、「閉会式の時に、『大会ができてよかったね』と言ってもらえるようなパフォーマンスをするのがアスリートの仕事」と、しっかり準備を整えていく構えだ。 次戦は1月1日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)となり、マラソンについては2月28日のびわ湖毎日マラソンを予定している。ニューイヤーに向けて「積極的な走りをしてチームに貢献したい」と語った。 また、合同取材後には、富士通が「主宰する駅伝・マラソントークイベント」の収録が行われ、中村、福島正監督に加え、駒大・大八木弘明監督が参加。司会は柏原竜二氏と文化放送の寺島啓太アナウンサーが務めた。 全日本大学駅伝や東日本実業団駅伝の振り返りや、指導法についてなど、さまざまな話題に触れた。箱根駅伝について、「今走ってみたい区間は?」という問いに中村は「2区です。箱根だけ優勝できなかったので優勝したい」と答えた。また、大八木監督の『声かけ』について、「大八木監督に声をかけられた記憶がないんですよね」と笑い、大八木監督は「1区も多かったし、しっかり走ってくれていたから(叱咤する)必要がなかった」と言う。 同社は東京2020大会のスポンサー企業としてこれまでも社内向けのトークイベントなどを開催してきたが、今回はファンに向けて、12月25日~1月4日に期間限定で公開される予定。 写真/富士通株式会社

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top