月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】五輪代表・中村匠吾 次戦マラソンは2月びわ湖を予定


写真/富士通株式会社

東京五輪マラソン代表の中村匠吾(富士通)が12月15日、オンラインでの合同取材に応じ、近況と今後のスケジュールについて語った。

中村は昨年、東京五輪の選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を制して五輪代表に内定。その後、マラソンの開催場所が札幌移転、そして新型コロナウイルスの影響により五輪1年延期と続き、「準備してきた分、少し気持ちが落ち込んだこともあった」と本音を明かすが、「強化の期間」と気持ちを切り替えた。

五輪に向けて「世界のレースで見られる30~35kmのペースアップに対応できるようにスピード持久力をテーマに練習してきた」と中村。持ち味である「残りの2.195kmで勝負できるように。本番では力を発揮したい」と話す。

コロナ禍にあって、五輪、アスリートを取り巻く状況は複雑。「五輪について賛否あるのは当然ですが、アスリートとしては開催されることを前提に練習しています」と言い、「閉会式の時に、『大会ができてよかったね』と言ってもらえるようなパフォーマンスをするのがアスリートの仕事」と、しっかり準備を整えていく構えだ。

次戦は1月1日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)となり、マラソンについては2月28日のびわ湖毎日マラソンを予定している。ニューイヤーに向けて「積極的な走りをしてチームに貢献したい」と語った。

また、合同取材後には、富士通が「主宰する駅伝・マラソントークイベント」の収録が行われ、中村、福島正監督に加え、駒大・大八木弘明監督が参加。司会は柏原竜二氏と文化放送の寺島啓太アナウンサーが務めた。

全日本大学駅伝や東日本実業団駅伝の振り返りや、指導法についてなど、さまざまな話題に触れた。箱根駅伝について、「今走ってみたい区間は?」という問いに中村は「2区です。箱根だけ優勝できなかったので優勝したい」と答えた。また、大八木監督の『声かけ』について、「大八木監督に声をかけられた記憶がないんですよね」と笑い、大八木監督は「1区も多かったし、しっかり走ってくれていたから(叱咤する)必要がなかった」と言う。

同社は東京2020大会のスポンサー企業としてこれまでも社内向けのトークイベントなどを開催してきたが、今回はファンに向けて、12月25日~1月4日に期間限定で公開される予定。


写真/富士通株式会社



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com