月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【110mH】高山、金井が準決勝をトップで通過 決勝で火花/日本選手権

◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)2日目
注目の男子110mハードルの予選、準決勝が行われ、日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)と歴代2位の金井大旺(ミズノ)が順当に決勝に進出した。

13秒25の日本記録を持つ高山は予選13秒61(-0.2)、準決勝はさらにタイムを短縮し13.39(+0.8)をマーク。「予選と準決勝を走って身体がなれてきたので、良い感覚が出てきた」と言い、準決勝は「前半かなり良い走りができた」と言うものの、「泉谷(駿介)君が見えて崩れてしまった」と悔やむ。決勝に向け、「金井君がスタートで出ると思うので、惑わさなければ良いタイムが出ると思います」と翌日の決勝を見据えていた。

今季13秒27の自己記録を出している金井は予選13秒58(+0.1)、準決勝は「予選と同じ感覚で走ったら2台目でさばき切れなかった」というほど身体が動き、タイムは13秒40(+0.4)。全日本実業団の決勝棄権は「ケガ予防のためなので問題ない」。今年の最大目標である日本選手権に「そのためにがんばってきた」と強い気持ちを示した。

ケガも日本インカレを欠場した泉谷は準決勝で13秒45のシーズンベストで高山に続き2着通過。「痛みが出たらやめますが、今は痛みもないです」と明るい表情を見せた。

決勝は10月3日17:20にスタートする。

■男子110mハードルスタートリスト
2 石川 周平 富士通
3 横地 大雅 法大
4 増野 元太 メイスンワーク
5 泉谷 駿介 順大
6 金井 大旺 ミズノ
7 高山 峻野 ゼンリン
8 野本 周成 愛媛陸協
9 石田トーマス東 勝浦ゴルフ倶楽部



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com