月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【1500m】館澤亨次が2年ぶり3回目V「勝ちに行くレースで勝てた」/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)2日目
男子1500m決勝は熾烈な争いが繰り広げられるなか、最後は館澤亨次(横浜DeNA)が抜け出して3分41秒32で優勝。2年ぶり3度目の頂点に立った。

「作戦としては世界を見据える中で自分でレースを作って勝ち切る強さが必要だと思ったので、失敗してもいいから攻めてみよう」とレースに臨んだ館澤。1周目を57秒で入る予定が実際には59秒で「焦った」。「57、59、59秒と刻んで、ラストは上げて3分30秒台で勝ちたかった」と悔やむが、館澤の強さが際立った。

東海大時代に連覇を果たしている館澤。卒業後は800m元日本記録保持者の横田真人コーチに師事している。当初は自信がない中での取り組みだったが、7月の東京選手権後に横田コーチから「本気で世界を目指すならその意識で練習しないといけない」と声をかけられた。その後は、練習に対しての意識も変化。「何を目的にしていて、どこにポイントを置くかを意識するようになり、フォームも見直しました」。フィジカル面でもTWOLAPS TCのマロン・アジィズ航太コーチに見てもらって本格的に補強を行い「中距離選手らしい身体つきになったと思う」と話す。

横田コーチについて「一人ひとり向き合ってくれる」とその存在の大きさを語る館澤。「今までの2回の優勝は勢い任せ。今回は自分の弱点や苦手なレースを振り返りつつ、新しい武器を生かして勝ちに行くレースで勝てたことがうれしかったです」。

東海大で黄金世代を牽引した静かな闘将が、世界を見据えて新たなスタートを切った。

■男子1500m 上位成績
館澤亨次(横浜DeNA)3.41.32
的野遼大(三菱重工)3.41.82
楠 康成(阿見AC) 3:41.89



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com