月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【100m】兒玉芽生がまたも新潟で快走!11秒36で完勝/日本選手権


◇第104回日本選手権(10月1日~3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)2日目
兒玉芽生(福岡大)がまたも快走を見せた。9月上旬の日本インカレ女子100mで日本歴代3位の11秒35をマークして優勝していた兒玉。インカレと同じ新潟で行われた日本選手権でも自己記録に0.01秒に迫る11秒36(+0.5)をマークしてこの種目初優勝を果たした。

「予選、準決勝とスタートで身体が浮いてしまって加速がうまくいかなかった」と言い、決勝では「重心を低く保って加速する」と修正し、力感なく加速していく持ち前のフォームで他を圧倒。日本選手権での11秒3台優勝は9年ぶり。「11秒4台が出せればと思っていたので、また11秒3台を出せてよかったです」と笑顔を見せた。

インカレの活躍で「ここまで注目されることがなかったので少し戸惑いもありました」と本音もあるが、信岡沙希重コーチから「やるべきことだけをやろう」とアドバイス。仲間からの励ましもあり、「自分のレースができないともったいない。たくさんの方のお陰でプレッシャーの中でも勝ち切れました」と振り返る。

兒玉はこれで、全国小学生100mを小5、6で制し、中学時代もジュニア五輪100m優勝、インターハイも3年時100mを勝ち、国体のタイトルも持つ。先のインカレを含め、各カテゴリーの100m女王の座に就いたことになる。

日本女子短距離を牽引する福島千里(セイコー)を「超えられるように頑張りたい」。そのためには「11秒3台を出し続ける難しさもある。福島さんのように高いレベルで走り続けられるように」と現在地を冷静に見つめている。まずは、明日、決勝に残っている200mで連覇を達成し、福島以来の2冠をする構えだ。

■女子100m上位成績(+0.5)
兒玉 芽生 福岡大  11.36
鶴田 玲美 南九州ファミリーマート 11.53
石川  優 相洋高 11.66



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com