HOME 国内

2024.03.09

全日本競歩能美大会に川野将虎、丸尾知司、園田世玲奈ら代表経験者そろう パリ五輪代表選考会の一つ
全日本競歩能美大会に川野将虎、丸尾知司、園田世玲奈ら代表経験者そろう パリ五輪代表選考会の一つ

川野将虎と園田世玲奈

3月17日に行われる第48回全日本競歩能美大会のエントリーリストが発表されている。

この大会はパリ五輪代表選考会の一つ。選考の優先順位はすでに終えている日本選手権20km競歩だが、今大会も重要なレースとなる。

広告の下にコンテンツが続きます

男子20km競歩は日本選手権で優勝した池田向希(旭化成)が代表に内定し、2・3位の濱西諒(サンベルクス)と古賀友太(大塚製薬)も派遣設定記録を突破したため、代表入りは濃厚。しかし、パリ五輪で初めて実施される男女混合競歩リレーの代表争い(※選考要項は未発表)を占う上でも外せない。

日本選手権上位3選手は出場しないが、同4位で35km競歩で世界選手権2大会連続メダル獲得の川野将虎(旭化成)がエントリー。ロングで世界トップウォーカーの一人だが、20kmにも対応して1時間17分59秒をマークした。派遣設定記録をクリアしながらトップ3に入れず涙に暮れたが、気持ちを切り替えて果敢に挑戦する。

21年東京五輪50km競歩代表で、世界選手権(17年ロンドン、23年ブダペスト)にも2度出場している丸尾知司(愛知製鋼)、アジア選手権金メダリストの村山裕太郎(富士通)がエントリーしている。

女子20km競歩には、35km競歩でブダペスト世界選手権入賞の園田世玲奈(NTN)や、ベテラン・渕瀬真寿美(建装工業)、熊谷菜美(関彰商事)らが登録した。女子は日本選手権で派遣設定記録(1時間28分30秒)を突破して優勝してパリ五輪内定の藤井菜々子(エディオン)のみ。そのため派遣設定記録をクリアして優勝すれば選考で優位に立つ。

広告の下にコンテンツが続きます

第18回日本学生20km競歩も併催。男子は昨年の日本インカレ2位の吉川絢斗(東学大)や萬壽春輝(順大)、女子はアジア選手権代表の内藤未唯(神奈川大)、日本インカレ4位の石田さつき(武庫川女大)らがエントリーした。

全日本競歩能美大会は能美市営コース(往復1.0km)で行われ、男子は8時50分、女子は10時35分にスタートする。

3月17日に行われる第48回全日本競歩能美大会のエントリーリストが発表されている。 この大会はパリ五輪代表選考会の一つ。選考の優先順位はすでに終えている日本選手権20km競歩だが、今大会も重要なレースとなる。 男子20km競歩は日本選手権で優勝した池田向希(旭化成)が代表に内定し、2・3位の濱西諒(サンベルクス)と古賀友太(大塚製薬)も派遣設定記録を突破したため、代表入りは濃厚。しかし、パリ五輪で初めて実施される男女混合競歩リレーの代表争い(※選考要項は未発表)を占う上でも外せない。 日本選手権上位3選手は出場しないが、同4位で35km競歩で世界選手権2大会連続メダル獲得の川野将虎(旭化成)がエントリー。ロングで世界トップウォーカーの一人だが、20kmにも対応して1時間17分59秒をマークした。派遣設定記録をクリアしながらトップ3に入れず涙に暮れたが、気持ちを切り替えて果敢に挑戦する。 21年東京五輪50km競歩代表で、世界選手権(17年ロンドン、23年ブダペスト)にも2度出場している丸尾知司(愛知製鋼)、アジア選手権金メダリストの村山裕太郎(富士通)がエントリーしている。 女子20km競歩には、35km競歩でブダペスト世界選手権入賞の園田世玲奈(NTN)や、ベテラン・渕瀬真寿美(建装工業)、熊谷菜美(関彰商事)らが登録した。女子は日本選手権で派遣設定記録(1時間28分30秒)を突破して優勝してパリ五輪内定の藤井菜々子(エディオン)のみ。そのため派遣設定記録をクリアして優勝すれば選考で優位に立つ。 第18回日本学生20km競歩も併催。男子は昨年の日本インカレ2位の吉川絢斗(東学大)や萬壽春輝(順大)、女子はアジア選手権代表の内藤未唯(神奈川大)、日本インカレ4位の石田さつき(武庫川女大)らがエントリーした。 全日本競歩能美大会は能美市営コース(往復1.0km)で行われ、男子は8時50分、女子は10時35分にスタートする。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top