HOME 国内

2024.02.18

池田向希 パリ五輪代表内定!世界歴代3位の一人旅「やっとパリへのスタートライン」/日本選手権20km競歩
池田向希 パリ五輪代表内定!世界歴代3位の一人旅「やっとパリへのスタートライン」/日本選手権20km競歩

2024年日本選手権20km競歩で優勝した池田向希

◇第107回日本選手権20km競歩(2月18日/兵庫県神戸市・六甲アイランド)

パリ五輪代表選考会となる第107回日本選手権20km競歩が行われ、男子は池田向希(旭化成)が世界歴代3位、日本人2人目の1時間17分切りとなる1時間16分51秒で大会連覇を果たし、派遣設定記録(1時間19分30秒)を突破したためパリ五輪代表に内定した。これで銀メダルを獲得した東京五輪に続いて2大会連続のオリンピックとなる。

広告の下にコンテンツが続きます

「ホッとしている気持ちと、やっとパリへのスタートラインに立てたという気持ちです」

圧巻の一人旅だった。「当初は集団の中で余裕を持っていき、15km以降の削り合いにになると思っていました」。ただ、山西利和(愛知製鋼)がハイペースで飛び出したことで「そこにうまくつこう」と対応。6~7km付近で後ろが離れ、山西のペースも一瞬隙が見えたところを見逃さなかった。

「このままだと後半に何人か残ってしまう。ここが鍵だと思ってレースプランを変更しました」

2015年に鈴木雄介(富士通)が樹立した世界記録1時間16分36秒が見えるペースで10km通過は38分30秒。これには「記録は考えていなかった」池田も世界記録を意識したという。

広告の下にコンテンツが続きます

「イーブンで行けるところまで行って後半粘る」とペースを崩さず。そのラップにも精神面も「まだ行けると余裕を持つことができたのは成長」と振り返る。

マネージャーとして東洋大の門を叩いた池田。2019年にドーハ世界選手権で入賞すると、東京五輪で日本最上位の銀メダル、22年オレゴン世界選手権でも銀メダルを手にした。その後は「自立しなければ世界と戦えない」と環境を変え、1人でメニューを組み立てながら、陸連や実業団の合宿に参加して研鑽を積んだ。

昨年のブダペスト世界選手権では15位。積極レースを仕掛けながら冷静さを失った。加えて、「前年の冬にケガや体調不良があって距離が踏めなかった」。そうした原因を分析し、ブダペスト以降はしっかりスタミナをつけた上で持ち味のスピードに磨きをかけた。今回のペースも「余裕があった」と言い、「1人で出せたのは自信になります」と大きな収穫を得た。

2度目の五輪。これまでは山西や髙橋英輝(愛知製鋼)といった先輩たちと一緒に日の丸を背負ったが、今度はトップとして挑む世界大会になる。「先輩たちが一から教えてくださった。心の支えでもありました。そういう選手たちの思いも持って臨みたいし、覚悟が芽生えています」。

広告の下にコンテンツが続きます

世界のレベルも飛躍的に上がり、「競り合いになる」と覚悟の上。「そう簡単には取らせてもらえないと思いますが、しっかり準備していきます」と、悲願の五輪金メダルへ、ここからギアをさらに上げていく。

◇第107回日本選手権20km競歩(2月18日/兵庫県神戸市・六甲アイランド) パリ五輪代表選考会となる第107回日本選手権20km競歩が行われ、男子は池田向希(旭化成)が世界歴代3位、日本人2人目の1時間17分切りとなる1時間16分51秒で大会連覇を果たし、派遣設定記録(1時間19分30秒)を突破したためパリ五輪代表に内定した。これで銀メダルを獲得した東京五輪に続いて2大会連続のオリンピックとなる。 「ホッとしている気持ちと、やっとパリへのスタートラインに立てたという気持ちです」 圧巻の一人旅だった。「当初は集団の中で余裕を持っていき、15km以降の削り合いにになると思っていました」。ただ、山西利和(愛知製鋼)がハイペースで飛び出したことで「そこにうまくつこう」と対応。6~7km付近で後ろが離れ、山西のペースも一瞬隙が見えたところを見逃さなかった。 「このままだと後半に何人か残ってしまう。ここが鍵だと思ってレースプランを変更しました」 2015年に鈴木雄介(富士通)が樹立した世界記録1時間16分36秒が見えるペースで10km通過は38分30秒。これには「記録は考えていなかった」池田も世界記録を意識したという。 「イーブンで行けるところまで行って後半粘る」とペースを崩さず。そのラップにも精神面も「まだ行けると余裕を持つことができたのは成長」と振り返る。 マネージャーとして東洋大の門を叩いた池田。2019年にドーハ世界選手権で入賞すると、東京五輪で日本最上位の銀メダル、22年オレゴン世界選手権でも銀メダルを手にした。その後は「自立しなければ世界と戦えない」と環境を変え、1人でメニューを組み立てながら、陸連や実業団の合宿に参加して研鑽を積んだ。 昨年のブダペスト世界選手権では15位。積極レースを仕掛けながら冷静さを失った。加えて、「前年の冬にケガや体調不良があって距離が踏めなかった」。そうした原因を分析し、ブダペスト以降はしっかりスタミナをつけた上で持ち味のスピードに磨きをかけた。今回のペースも「余裕があった」と言い、「1人で出せたのは自信になります」と大きな収穫を得た。 2度目の五輪。これまでは山西や髙橋英輝(愛知製鋼)といった先輩たちと一緒に日の丸を背負ったが、今度はトップとして挑む世界大会になる。「先輩たちが一から教えてくださった。心の支えでもありました。そういう選手たちの思いも持って臨みたいし、覚悟が芽生えています」。 世界のレベルも飛躍的に上がり、「競り合いになる」と覚悟の上。「そう簡単には取らせてもらえないと思いますが、しっかり準備していきます」と、悲願の五輪金メダルへ、ここからギアをさらに上げていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top