HOME 駅伝、箱根駅伝

2024.01.05

箱根駅伝第101回以降は関東学連のみ「先人たちが魅力ある大会に育ててきた」関東学生連合チームの編成は審議中
箱根駅伝第101回以降は関東学連のみ「先人たちが魅力ある大会に育ててきた」関東学生連合チームの編成は審議中

第100回箱根駅伝の様子

箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)を主催する関東学生連合は1月5日、次回大会の参加資格について発表した。

冒頭で能登半島地震の被災者へのお見舞いとともに、第100回大会の修了に感謝した同連盟。参加資格については昨年11月2日の代表委員総会で決定したとする。

広告の下にコンテンツが続きます

第101回大会以降の参加資格は「関東学連加盟校所属の男子登録者」とし、出場回数は通算4回未満(予選会のみも含む)となる。なお、エントリーした時点で「出場」とされる。

関東学連所属にした前提の理由として、「関東における学生陸上競技界を統括し、代表する学生自治団体」であることなどを挙げ、「加盟校に所属する学生競技者の強化を第一に考え、普及発展に寄与していく」とした。

出場枠増の議論も挙がるなか、「交通規制時間等の問題」など、安全車両運行の観点により、現状以上の増加は「困難」だという。

また、全国化への意見に対し、「発展の在り方のひとつの方法として参加資格を全国に広げることも考えられますが、それだけが発展の在り方ではありません」とし、「関東の大会として、さらに魅力あるものにしていくことが、相応しい発展の在り方」だとの考えを示す。

広告の下にコンテンツが続きます

箱根駅伝の影響で「関東の大学に選手が集まっていることは、周知の事実」としつつも、それについては「先人たちが箱根駅伝を魅力ある大会に育ててきた結果」「関東の学生長距離界のレベルが向上し、箱根駅伝の魅力も増してきたもの」だと見解を伝え、箱根駅伝が「最初からお正月の風物詩」だったのではないとし、「関東の各大学と本連盟の先輩方の、努力と創意工夫の積み重ねによって、今のような存在になった」のであり、「継承しながら、さらに発展させていくことが、本連盟の責務」と考えを述べている。

その上で、「発展の在り方については、運営方法も含めて今後も議論をして参りたい」とした。

2024年の第100回大会は記念大会として予選会に関東学連加盟校以外の大学も条件を満たせば出場でき、昨年の予選会には他地区から11校が出場していた。

なお、第101回大会の関東学生連合チームの編成については「継続審議中」であることも記されている。

広告の下にコンテンツが続きます
箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)を主催する関東学生連合は1月5日、次回大会の参加資格について発表した。 冒頭で能登半島地震の被災者へのお見舞いとともに、第100回大会の修了に感謝した同連盟。参加資格については昨年11月2日の代表委員総会で決定したとする。 第101回大会以降の参加資格は「関東学連加盟校所属の男子登録者」とし、出場回数は通算4回未満(予選会のみも含む)となる。なお、エントリーした時点で「出場」とされる。 関東学連所属にした前提の理由として、「関東における学生陸上競技界を統括し、代表する学生自治団体」であることなどを挙げ、「加盟校に所属する学生競技者の強化を第一に考え、普及発展に寄与していく」とした。 出場枠増の議論も挙がるなか、「交通規制時間等の問題」など、安全車両運行の観点により、現状以上の増加は「困難」だという。 また、全国化への意見に対し、「発展の在り方のひとつの方法として参加資格を全国に広げることも考えられますが、それだけが発展の在り方ではありません」とし、「関東の大会として、さらに魅力あるものにしていくことが、相応しい発展の在り方」だとの考えを示す。 箱根駅伝の影響で「関東の大学に選手が集まっていることは、周知の事実」としつつも、それについては「先人たちが箱根駅伝を魅力ある大会に育ててきた結果」「関東の学生長距離界のレベルが向上し、箱根駅伝の魅力も増してきたもの」だと見解を伝え、箱根駅伝が「最初からお正月の風物詩」だったのではないとし、「関東の各大学と本連盟の先輩方の、努力と創意工夫の積み重ねによって、今のような存在になった」のであり、「継承しながら、さらに発展させていくことが、本連盟の責務」と考えを述べている。 その上で、「発展の在り方については、運営方法も含めて今後も議論をして参りたい」とした。 2024年の第100回大会は記念大会として予選会に関東学連加盟校以外の大学も条件を満たせば出場でき、昨年の予選会には他地区から11校が出場していた。 なお、第101回大会の関東学生連合チームの編成については「継続審議中」であることも記されている。

第101回箱根駅伝の参加資格についての関東学連の発表

〇第101回大会以降の参加資格について ・関東学生陸上競技連盟加盟校所属の男子登録者で、本大会並びに箱根駅伝予選会出場回数が通算4回未満である者(予選会のみ出場の場合も回数に含まれる)に限る。 なお、出場とはエントリーした時点で出場とする。 ・当駅伝競走に関する内規第2章「参加資格および申し込み」、第4条~第6条の条件をすべて満たす関東学生陸上競技連盟男子登録者であること。 ※内規抜粋 第4条 参加校は、本連盟の加盟校であり、競技者は所定の通り当該年度の登録を完了していること。 第5条 現在、その加盟校が本連盟より処分を受けていないこと。 第6条 現在、参加申し込み競技者が、本連盟の資格審査委員会によって、処分を受けていないこと。 〇第101回大会以降の参加資格を本連盟登録選手とした理由 (1)前提 本連盟は規約第3条にあるとおり、関東における学生陸上競技界を統括し、代表する学生自治団体です。また、学生競技者精神を遵守して加盟校相互の親睦を深め、互いに切磋琢磨して競技力向上に努め、我が国の陸上競技の普及、発展に寄与することを目的としています。 したがって、本連盟では加盟校に所属する学生競技者の強化を第一に考え、それによって我が国の陸上競技の普及発展に寄与していくものと考えます。 (2) 出場枠との関係 出場校数の決定には交通規制時間等の問題からコース沿道の関係各所にご了解をいただく必要があります。安全な車両運行の観点から、現状以上の出場校数の増加は困難な状況にあります。このように限られた出場枠の中で出場権を獲得するために、関東の多くの学生競技者が、日々、努力を重ねており、その中で出場を果たせる学生競技者は限定された人数になることは言うまでもありません。本連盟としては、この現状を鑑み、関東の学生競技者にできる限り出場枠を提供したいと考えます。 (3) 発展の在り方 発展の在り方のひとつの方法として参加資格を全国に広げることも考えられますが、それだけが発展の在り方ではありません。関東の大会として、さらに魅力あるものにしていくことが、相応しい発展の在り方だと考えます。事実として、これまでの取り組みで多くの普及や発展が成されてきました。 箱根駅伝があることで、関東の大学に選手が集まっていることは、周知の事実です。ただそれは、先人たちが箱根駅伝を魅力ある大会に育ててきた結果に他なりません。その結果、関東の学生長距離界のレベルが向上するとともに、箱根駅伝の魅力もますます増してきたものです。その事実を、否定的に評価する必要はないと考えます。 箱根駅伝は、最初から「お正月の風物詩」だったわけではありません。関東の各大学と本連盟の先輩方の、努力と創意工夫の積み重ねによって、今のような存在になったものです。それを継承しながら、さらに発展させていくことが、本連盟の責務と考えています。 もちろん、発展の在り方については、運営方法も含めて今後も議論をして参りたいと 考えております。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top