HOME 国内

2023.12.20

年間MVPやり投・北口榛花「来年もまた戻って来られるようにしたい」女子フィールド初の快挙/陸連アワード
年間MVPやり投・北口榛花「来年もまた戻って来られるようにしたい」女子フィールド初の快挙/陸連アワード

コーチのシェケラック氏と記念撮影に応じた北口榛花

日本陸連の年間表彰を発表する「日本陸連 アスレティックス・アワード 2023」が12月20日、都内で開かれた。

2023年においてその活躍が最も顕著であった競技者に贈られる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には、女子やり投の北口榛花(JAL)が選出。女子フィールド種目としては初で、投てき種目でも2012年の室伏広治(男子ハンマー投)以来、11年ぶりとなる。

北口は今夏のブダペスト世界選手権において、女子トラック&フィールド種目において史上初の金メダルを獲得。自身が持つ日本記録も2度塗り替え、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでは日本人初優勝を成し遂げた。

黒いパンツドレスで壇上に上がった北口。スクリーンに映った自身の活躍ぶりを見て、「何回、映像を見ても本当に自分がやったとは思えない不思議な気持ち。魔法のような2シーズン」とし、「いつ終わるか不安に思いながら練習を続けていますが、魔法が持続できるように努力しています」と笑顔を見せる。

アスリート・オブ・ザ・イヤー受賞を受け、「2015年にサニブラウン選手と一緒に新人賞を受賞してからずっとあこがれている賞。去年も取れると思っていたけど取れなかったので今回取れてうれしいです」と満面に笑みを浮かべる。

2018年度末からチェコに渡り、世界の頂点に立った北口。「選手としてトップを目指すことが当たり前と思っていますし、そのために犠牲を払うこと、海外に出て行くことが当たり前と思ってきました。それを当たり前と思えているのが私の強さ」。そう話す一方で、「それが当たり前と思わない人もたくさんいるのが最近になってわかってきた。価値観を押しつけて苦しめてしまったこともあった。それに気づけるようになったのも成長の一つ」だと感じている。

受賞に際し、盟友とも言えるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、橋岡優輝(富士通)からの祝福のサプライズメッセージ動画も届き、サニブラウンは「来年は俺が奪いにいく」という言葉に対して「来年も負けないように、自分がまたここに戻って来られるように」と胸を張った。

パリ五輪に向けて、「世界選手権を取った以上、金メダルを目標としか言えない。難しいことというのはわかっています。満足することなく自分を成長させていきたい」と決意を語った。

日本陸連の年間表彰を発表する「日本陸連 アスレティックス・アワード 2023」が12月20日、都内で開かれた。 2023年においてその活躍が最も顕著であった競技者に贈られる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」には、女子やり投の北口榛花(JAL)が選出。女子フィールド種目としては初で、投てき種目でも2012年の室伏広治(男子ハンマー投)以来、11年ぶりとなる。 北口は今夏のブダペスト世界選手権において、女子トラック&フィールド種目において史上初の金メダルを獲得。自身が持つ日本記録も2度塗り替え、ダイヤモンドリーグ・ファイナルでは日本人初優勝を成し遂げた。 黒いパンツドレスで壇上に上がった北口。スクリーンに映った自身の活躍ぶりを見て、「何回、映像を見ても本当に自分がやったとは思えない不思議な気持ち。魔法のような2シーズン」とし、「いつ終わるか不安に思いながら練習を続けていますが、魔法が持続できるように努力しています」と笑顔を見せる。 アスリート・オブ・ザ・イヤー受賞を受け、「2015年にサニブラウン選手と一緒に新人賞を受賞してからずっとあこがれている賞。去年も取れると思っていたけど取れなかったので今回取れてうれしいです」と満面に笑みを浮かべる。 2018年度末からチェコに渡り、世界の頂点に立った北口。「選手としてトップを目指すことが当たり前と思っていますし、そのために犠牲を払うこと、海外に出て行くことが当たり前と思ってきました。それを当たり前と思えているのが私の強さ」。そう話す一方で、「それが当たり前と思わない人もたくさんいるのが最近になってわかってきた。価値観を押しつけて苦しめてしまったこともあった。それに気づけるようになったのも成長の一つ」だと感じている。 受賞に際し、盟友とも言えるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、橋岡優輝(富士通)からの祝福のサプライズメッセージ動画も届き、サニブラウンは「来年は俺が奪いにいく」という言葉に対して「来年も負けないように、自分がまたここに戻って来られるように」と胸を張った。 パリ五輪に向けて、「世界選手権を取った以上、金メダルを目標としか言えない。難しいことというのはわかっています。満足することなく自分を成長させていきたい」と決意を語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top