HOME 学生長距離

2023.12.20

箱根駅伝Stories/1年越しのデビューへ、早大・山口智規「他大学からアドバンテージを取れるような存在に」
箱根駅伝Stories/1年越しのデビューへ、早大・山口智規「他大学からアドバンテージを取れるような存在に」

初の箱根で快走を誓う山口智規

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

大迫傑が持っていた大学記録を更新

11月19日、上尾シティハーフマラソンのスタート前、早大の山口智規(2年)はいつも以上にリラックスしているように見えた。

広告の下にコンテンツが続きます

「今日は練習の一環なので、3分ペースで行こうと思います」

号砲が鳴る直前にはこんなことを話していた。

その言葉に反して、山口は日本人トップで競技場に戻ってきた。しかも、序盤に大きなリードを奪った山梨学大の留学生、ブライアン・キピエゴ(1年)に最後は9秒差にまで迫った。

記録は1時間1分16秒。自己ベストを大きく更新したばかりか、東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(現・Nike)が13年前の上尾ハーフで打ち立てた早大記録(1時間1分47秒)を31秒短縮した。

広告の下にコンテンツが続きます

「“1年生の大迫さん”には負けられない。あこがれの先輩なので、目指していく上で絶対に超えなきゃいけない記録だと思っていました」

早大記録を出せる手応えはあった。ただ、「あそこまでいけるとは……」と言うように、山口にとっても想定以上の出来だった。

山口は千葉県銚子市の出身。中学時代は陸上競技部に所属しながらも、リトルシニアで小3から始めた野球を続けていた。ポジションはショート。陸上でも県トップクラスの成績を挙げていたが、野球でも県内の強豪校から声がかかるほどの実力の持ち主だった。高校進学の際にも、どちらを選ぶか「すごく迷った」という。

一方で、中学生の頃から早大にあこがれており、「(系属校の)早実で野球をやろうかな」と考えたこともあった。父から「早稲田に行きたいなら、(陸上で)学法石川高(福島)はどう?」と勧められ、「陸上のほうが伸びそうだ」と可能性を感じていたこともあって、越境して学法石川高への進学を決めた。

広告の下にコンテンツが続きます

高校では1年目で5000m13分台をマークし、2年時からはチームのエースとして活躍した。3年時には5000mで高校歴代3位(当時)の13分35秒16をマークしている。

そして、念願かなって早大に進学。1年目から主力となり、全日本大学駅伝では4区区間3位と好走し、チームの6位の力となった。しかし、箱根駅伝は直前に胃腸炎になった影響で、出走できなかった。チームはシード権奪回に成功したが、山口には悔しさが残った。

「1月2日に復路も走れないことが決まって、あの時は本当に悔しかったです。でも、あの悔しさがあったから、今強くなれているのかなと思います」

箱根後すぐに気持ちを切り替えると、走力を向上させるためにランニングエコノミーの改善、筋力の強化に取り組み始めた。

広告の下にコンテンツが続きます

「動き自体にエラーが起こりやすかったので、改善しないと力がついてこないと思いました。プライオメトリクスというジャンプトレーニングに取り組んだことで、地面のとらえ方がうまくなり、動きが変わりました。ウエイトトレーニングに取り組んだことで爆発的な力が出るようになりました」

また、昨季までは「プレッシャーに弱い」と話していたが、メンタルトレーニングや大学のメンタルトレーニング論の授業で、精神面の成長もあった。

「1年目は周りばかりを気にして、緊張から思うような走りができないことが多かったんですけど、今はマインドが変わりました。いろんな経験を積んで、安定感が出てきたと思います」

新春の風物詩・箱根駅伝の100回大会に挑む出場全23校の選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。それぞれが歩んできた1年間の足跡をたどった。

大迫傑が持っていた大学記録を更新

11月19日、上尾シティハーフマラソンのスタート前、早大の山口智規(2年)はいつも以上にリラックスしているように見えた。 「今日は練習の一環なので、3分ペースで行こうと思います」 号砲が鳴る直前にはこんなことを話していた。 その言葉に反して、山口は日本人トップで競技場に戻ってきた。しかも、序盤に大きなリードを奪った山梨学大の留学生、ブライアン・キピエゴ(1年)に最後は9秒差にまで迫った。 記録は1時間1分16秒。自己ベストを大きく更新したばかりか、東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(現・Nike)が13年前の上尾ハーフで打ち立てた早大記録(1時間1分47秒)を31秒短縮した。 「“1年生の大迫さん”には負けられない。あこがれの先輩なので、目指していく上で絶対に超えなきゃいけない記録だと思っていました」 早大記録を出せる手応えはあった。ただ、「あそこまでいけるとは……」と言うように、山口にとっても想定以上の出来だった。 山口は千葉県銚子市の出身。中学時代は陸上競技部に所属しながらも、リトルシニアで小3から始めた野球を続けていた。ポジションはショート。陸上でも県トップクラスの成績を挙げていたが、野球でも県内の強豪校から声がかかるほどの実力の持ち主だった。高校進学の際にも、どちらを選ぶか「すごく迷った」という。 一方で、中学生の頃から早大にあこがれており、「(系属校の)早実で野球をやろうかな」と考えたこともあった。父から「早稲田に行きたいなら、(陸上で)学法石川高(福島)はどう?」と勧められ、「陸上のほうが伸びそうだ」と可能性を感じていたこともあって、越境して学法石川高への進学を決めた。 高校では1年目で5000m13分台をマークし、2年時からはチームのエースとして活躍した。3年時には5000mで高校歴代3位(当時)の13分35秒16をマークしている。 そして、念願かなって早大に進学。1年目から主力となり、全日本大学駅伝では4区区間3位と好走し、チームの6位の力となった。しかし、箱根駅伝は直前に胃腸炎になった影響で、出走できなかった。チームはシード権奪回に成功したが、山口には悔しさが残った。 「1月2日に復路も走れないことが決まって、あの時は本当に悔しかったです。でも、あの悔しさがあったから、今強くなれているのかなと思います」 箱根後すぐに気持ちを切り替えると、走力を向上させるためにランニングエコノミーの改善、筋力の強化に取り組み始めた。 「動き自体にエラーが起こりやすかったので、改善しないと力がついてこないと思いました。プライオメトリクスというジャンプトレーニングに取り組んだことで、地面のとらえ方がうまくなり、動きが変わりました。ウエイトトレーニングに取り組んだことで爆発的な力が出るようになりました」 また、昨季までは「プレッシャーに弱い」と話していたが、メンタルトレーニングや大学のメンタルトレーニング論の授業で、精神面の成長もあった。 「1年目は周りばかりを気にして、緊張から思うような走りができないことが多かったんですけど、今はマインドが変わりました。いろんな経験を積んで、安定感が出てきたと思います」

チェコ遠征で感じた“世界”

心身ともに充実していることが成績にも現れている。2年生になる直前の3月には、TOKOROZAWAゲームズの3000mで、順大の三浦龍司や吉岡大翔(当時は佐久長聖高)、城西大の三本柱(ヴィクター・キムタイ、斎藤将也、山本唯翔)といった他大のエース格に競り勝って1着。前半戦は5000mを中心に好記録を連発し、関東インカレ1部も3位入賞を果たした。 9月には、先輩の石塚陽士、伊藤大志(いれも3年)と共にチェコ・プラハに遠征し、10kmレースに出場した。そこでは刺激的な出会いもあった。 「レース前日にジョグに行ったら、向こうから話しかけてくれて、一緒に練習して、いろいろ話をしました。レース当日も、次の日も一緒に朝ごはんを食べました」 その選手はタデッセ・ウォルク(エチオピア)。2021年のU20世界選手権で3000m金メダル、5000m銀メダルという実績の持ち主だ。山口らが出場したレースも、優勝したのはタデッセだった。 「大学4年生の年代の選手で、10000mを26分45秒で走っていても(シニアでは)国の代表になれない。すごい環境で走っていると思いました。日本は良くも悪くも恵まれ過ぎている。『世界、世界……』って言っていても、このままだと辿りつくことはできないなっていう感覚がありました」 同世代の実力者に大きな刺激を受け、そこから練習の質も量も上げていった。 そして、秋を迎えた。出雲駅伝は、2週間前に体調不良になった影響で納得のいく走りはできなかったが、それでも2区区間3位にまとめた。 全日本は2区区間4位。ほぼ同時にスタートした駒大の佐藤圭汰に5㎞過ぎに突き放され、青学大・黒田朝日にも抜かれてしまった。そう見ると、失敗レースに思われるかもしれないが、山口にとっては「やっときっかけをつかめた」レースだったという。 スタート直後からハイペースで入るのは、もともと山口のスタイルではない。2週間後の上尾ハーフで見せた、後半に上げていく走りのほうが得意で、言わば“他流試合”に挑んだ。佐藤に離された直後には一気に差が開いたものの、終盤には持ち直している。 「最初から突っ込んで、佐藤君にはボロボロにされたが、まとめることができました」 山口のバリエーションが広がったレースになった。 上尾ハーフでさらに自信を深め、いよいよ箱根駅伝に臨む。「他大学からアドバンテージを取れるような存在になれていると思う。スピードが生かせる区間を走りたいですね。上尾ハーフでは集団でも走れたので1区も走ってみたい。3区だったら丹所(健)さん(東京国際大/現・Honda)の日本人最高記録(1時間0分55秒)を狙いたい」。 1年越しの箱根デビューで、山口は鮮烈な活躍を見せそうだ。 [caption id="attachment_123691" align="alignnone" width="800"] 全日本大学駅伝2区では飛躍のきっかけをつかんだ山口智規(撮影/和田悟志)[/caption] やまぐち・とものり/2003年4月13日生まれ。千葉県銚子市出身。千葉・銚子二中→福島・学法石川高。5000m13分34秒95、10000m29分35秒47、ハーフ1時間1分16秒 文/和田悟志

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top