HOME 国内

2023.10.13

100m兒玉芽生が復調V!自己4番目の11秒37で制す 地元の鶴田玲美も11秒49の好走/鹿児島国体
100m兒玉芽生が復調V!自己4番目の11秒37で制す 地元の鶴田玲美も11秒49の好走/鹿児島国体

成年女子100mの兒玉芽生と鶴田玲美

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)1日目

鹿児島特別国体の1日目に成年女子100m決勝が行われ、兒玉芽生(大分・ミズノ)が11秒37(+1.8)で連覇を達成。自己4番目、今季日本リストトップタイの好記録だった。

レース序盤から抜け出して他を圧倒したが、「二次加速から後半にかけてもっと推進力が得られたら良かった」と課題を残し、「条件も良かったので11秒3前半を狙って臨んだので…」と悔しがった。

昨年は日本歴代2位となる11秒24をマークした兒玉。さらなる飛躍を誓った今季はアキレス腱を痛めた影響で5月の木南記念後は「歩くのもやっと」などほど。そこから、身体のバランスを見ながら「歩くところから始めた」と言う。日本選手権の出場も見送った。

そうしたなか、インビテーションとは言え、君嶋愛梨沙(土木管理総合)が100mで、鶴田玲美(南九州ファミリマート)が200mで世界選手権に出場。「その悔しさがあって、とにかく少しでも早く近づきたい、もっと頑張りたいと思いました」と、復活へ気持ちを強くした。

全日本実業団対抗選手権の100mで11秒50のシーズンベストで優勝。国体は予選で11秒45(+1.5)、準決勝は11秒38(+1.9)、そして決勝は11秒37と記録を3連続で短縮した。

「パリ五輪は目指していきますが、現状では厳しい。この冬、本当に化けないといけないと思っています」

悔しさとケガをバネに、さらなる覚醒へ。強い覚悟を持って冬に臨む。

2位には地元・鹿児島の大声援を受けた鶴田が11秒49で入った。「結果を出したかったですが、まだまだ力不足」と言うが、2020年の中止から3年経っての国体開催に「ようやくできました。大きな声援もあり、会社のみなさんも来てくれました。すごく力になりました」と笑顔を見せていた。

◇鹿児島特別国体(10月13~17日/鹿児島・鴨池陸上競技場)1日目 鹿児島特別国体の1日目に成年女子100m決勝が行われ、兒玉芽生(大分・ミズノ)が11秒37(+1.8)で連覇を達成。自己4番目、今季日本リストトップタイの好記録だった。 レース序盤から抜け出して他を圧倒したが、「二次加速から後半にかけてもっと推進力が得られたら良かった」と課題を残し、「条件も良かったので11秒3前半を狙って臨んだので…」と悔しがった。 昨年は日本歴代2位となる11秒24をマークした兒玉。さらなる飛躍を誓った今季はアキレス腱を痛めた影響で5月の木南記念後は「歩くのもやっと」などほど。そこから、身体のバランスを見ながら「歩くところから始めた」と言う。日本選手権の出場も見送った。 そうしたなか、インビテーションとは言え、君嶋愛梨沙(土木管理総合)が100mで、鶴田玲美(南九州ファミリマート)が200mで世界選手権に出場。「その悔しさがあって、とにかく少しでも早く近づきたい、もっと頑張りたいと思いました」と、復活へ気持ちを強くした。 全日本実業団対抗選手権の100mで11秒50のシーズンベストで優勝。国体は予選で11秒45(+1.5)、準決勝は11秒38(+1.9)、そして決勝は11秒37と記録を3連続で短縮した。 「パリ五輪は目指していきますが、現状では厳しい。この冬、本当に化けないといけないと思っています」 悔しさとケガをバネに、さらなる覚醒へ。強い覚悟を持って冬に臨む。 2位には地元・鹿児島の大声援を受けた鶴田が11秒49で入った。「結果を出したかったですが、まだまだ力不足」と言うが、2020年の中止から3年経っての国体開催に「ようやくできました。大きな声援もあり、会社のみなさんも来てくれました。すごく力になりました」と笑顔を見せていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top