HOME 国内

2023.10.13

連覇へ、前田穂南が「前回をイメージしながら取り組めた」長いトンネル抜けて偉業に挑戦/MGC
連覇へ、前田穂南が「前回をイメージしながら取り組めた」長いトンネル抜けて偉業に挑戦/MGC

目標に「連覇」と書いた前田穂南

10月15日にパリ五輪マラソン選考会MGCは東京・国立競技場発着のコースで行われる。レース2日前の13日、都内で記者会見が行われ、出場者全員が出席して大会への抱負を語った。

前回女王・前田穂南(天満屋)は、今大会への抱負をフリップにこう記入した。

「連覇」――。

前回は中盤から独走、30度近い気温の中を2時間25分15秒で走破して圧勝した。米国・アルバカーキでのトレーニングで、その再現への手応えを口にする。

「速いペースで、自分のリズムで押していくことで自分の力を発揮できると思っています。前回の大会もイメージしながら取り組めました」

距離も十分に踏み、「それをスピードも重視して走ることで、力をつけることができたと思います」。長く、苦しかったトンネルを完全に抜けるまで、あと一歩のところまで来た。

前回のMGC後は、東京五輪の1年延期を皮切りに暗転。五輪本番は33位に終わり、その後もケガや体調不良、厚底シューズへの対応に苦しんだ。

それでも3月の名古屋ウィメンズ。2年ぶり自己新の2時間22分32秒をマークして鈴木に次ぐ3位に入り、ラストチャンスでMGC出場権をつかんだ。

米国・アルバカーキで準備を整えた。あとは、2連覇の偉業に挑むだけだ。

大会は10月15日午前8時10分にスタート。上位2名がパリ五輪代表に即時内定する。

レースの模様はNHKで午前7時45分から生中継される。

10月15日にパリ五輪マラソン選考会MGCは東京・国立競技場発着のコースで行われる。レース2日前の13日、都内で記者会見が行われ、出場者全員が出席して大会への抱負を語った。 前回女王・前田穂南(天満屋)は、今大会への抱負をフリップにこう記入した。 「連覇」――。 前回は中盤から独走、30度近い気温の中を2時間25分15秒で走破して圧勝した。米国・アルバカーキでのトレーニングで、その再現への手応えを口にする。 「速いペースで、自分のリズムで押していくことで自分の力を発揮できると思っています。前回の大会もイメージしながら取り組めました」 距離も十分に踏み、「それをスピードも重視して走ることで、力をつけることができたと思います」。長く、苦しかったトンネルを完全に抜けるまで、あと一歩のところまで来た。 前回のMGC後は、東京五輪の1年延期を皮切りに暗転。五輪本番は33位に終わり、その後もケガや体調不良、厚底シューズへの対応に苦しんだ。 それでも3月の名古屋ウィメンズ。2年ぶり自己新の2時間22分32秒をマークして鈴木に次ぐ3位に入り、ラストチャンスでMGC出場権をつかんだ。 米国・アルバカーキで準備を整えた。あとは、2連覇の偉業に挑むだけだ。 大会は10月15日午前8時10分にスタート。上位2名がパリ五輪代表に即時内定する。 レースの模様はNHKで午前7時45分から生中継される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top