HOME 国内

2023.10.13

大迫傑「心身ともにベスト」2大会連続五輪、自身のマラソン初Vへ手応え/MGC
大迫傑「心身ともにベスト」2大会連続五輪、自身のマラソン初Vへ手応え/MGC

MGCに向け単身でトレーニングを積んできたと話す大迫傑

10月15日にパリ五輪マラソン選考会MGCは東京・国立競技場発着のコースで行われる。レース2日前の13日、都内で記者会見が行われ、出場者全員が出席して大会への抱負を語った。

東京五輪6位入賞の大迫傑(Nike)は、今大会に向けての抱負を「100%出し切る」と書いた。

「いつも通り、練習をしっかりと積むことを考えてやってきた。身体の状態は非常にいい。心身ともにベストの状態で臨めると思います」

東京五輪後にいったんはシューズを脱いだが、22年2月の現役復帰後は順調にレースを重ねてきた。マラソンでは復帰初戦だった22年11月のニューヨークシティ5位、国内復帰初戦だった今年3月の東京では2時間6分13秒のサードベストで日本人3番手(9位)にまとめた。

MGCに向けては、東京五輪への調整段階でも実施した同一レースでの10000m×2本を、7月のホクレン・ディスタンスチャレンジで組み込み、その後は米国・フラッグスタッフへ。そこからの流れに、今回は変化がある。

「今回は一人でフラッグスタッフでトレーニグを積んできました」。今までは練習パートナーとともに厳しいトレーニングを積んできたが、改めて「マラソン」という競技に対して深く向き合う日々を送るための選択だ。

「なんでMGCを走りたいのか、マラソンを走りたいのか、なぜ、マラソンというきつい種目をやるのか。対話をしながらやってこられた」。そんな日々の中で、見えてきたものがある。

「僕は自分に挑戦することが好きなんだ、とわかりました」

孤独のトレーニングの中でも、量も質も「同じトレーニングをやってきました」。自信を持って、2度目のMGCのスタートラインに立つ。

レース展開については「上位に絡む走りを」と話すにとどめたが、「100%」の走りを実現できたとき、自身のマラソン初優勝と、パリ五輪代表の座がついていくる。

10月15日にパリ五輪マラソン選考会MGCは東京・国立競技場発着のコースで行われる。レース2日前の13日、都内で記者会見が行われ、出場者全員が出席して大会への抱負を語った。 東京五輪6位入賞の大迫傑(Nike)は、今大会に向けての抱負を「100%出し切る」と書いた。 「いつも通り、練習をしっかりと積むことを考えてやってきた。身体の状態は非常にいい。心身ともにベストの状態で臨めると思います」 東京五輪後にいったんはシューズを脱いだが、22年2月の現役復帰後は順調にレースを重ねてきた。マラソンでは復帰初戦だった22年11月のニューヨークシティ5位、国内復帰初戦だった今年3月の東京では2時間6分13秒のサードベストで日本人3番手(9位)にまとめた。 MGCに向けては、東京五輪への調整段階でも実施した同一レースでの10000m×2本を、7月のホクレン・ディスタンスチャレンジで組み込み、その後は米国・フラッグスタッフへ。そこからの流れに、今回は変化がある。 「今回は一人でフラッグスタッフでトレーニグを積んできました」。今までは練習パートナーとともに厳しいトレーニングを積んできたが、改めて「マラソン」という競技に対して深く向き合う日々を送るための選択だ。 「なんでMGCを走りたいのか、マラソンを走りたいのか、なぜ、マラソンというきつい種目をやるのか。対話をしながらやってこられた」。そんな日々の中で、見えてきたものがある。 「僕は自分に挑戦することが好きなんだ、とわかりました」 孤独のトレーニングの中でも、量も質も「同じトレーニングをやってきました」。自信を持って、2度目のMGCのスタートラインに立つ。 レース展開については「上位に絡む走りを」と話すにとどめたが、「100%」の走りを実現できたとき、自身のマラソン初優勝と、パリ五輪代表の座がついていくる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top