HOME 国内

2023.09.23

リオ五輪入賞の松永大介 美しきラストウォーク「99%やり切りました」最後まで積極的に攻める/全日本実業団
リオ五輪入賞の松永大介 美しきラストウォーク「99%やり切りました」最後まで積極的に攻める/全日本実業団

23年全日本実業団で現役を引退した松永大介

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川)

全日本実業団対抗の男子10000m競歩が行われ、引退を表明した松永大介(富士通)が現役最後のウォークを披露。42分50秒60で8位入賞し、会場から大きな拍手が送られた。

広告の下にコンテンツが続きます

世界への足掛かりを作った偉大なウォーカーの1人だった。神奈川・横浜高時代にインターハイ5000m競歩を制すると、東洋大に進学してからは世界ジュニア選手権10000m競歩で日本初の金メダルを獲得した。20km競歩ではリオ五輪でこちらも同種目初入賞の7位。その後はケガなどに苦しみながら、昨年は35km競歩でオレゴン世界選手権に出場と、日本代表に返り咲いた。

引退を決意したのは今年4月の全日本競歩輪島大会だったというが、「オレゴンで自分のやりたいレースができた」と序盤からハイペースで飛ばすレースで「やりきった思いが強くなった」と言う。

この日も序盤は先頭に躍り出る歩き。「みんなの期待があったので……。目立てて良かった」と苦笑い。レースを見守った東洋大時代の恩師・酒井俊幸、瑞穂夫妻から「松永らしいレースだった」とねぎらった。

印象に残ったレースを聞かれると「どれも思い出深い」と松永。「関東インカレの雰囲気も好きですし、オリンピックはオリンピックで国を挙げてやる。本当に違った楽しみ方がある」というのも松永らしい。高2のインターハイ失格や初の50km競歩は「思い出したくないですね」と冗談を言って笑わせた。

広告の下にコンテンツが続きます

「本当に99%、やりきりった感じです」。残りの1%は「やっぱり(世界で)メダルを取りたかったけど、そこは叶う人、叶わない人がいるので」。

長距離から競歩へ転向し、「多趣味で何をやっても長く続かない自分が、今後の人生でないというくらい一つのものを続けてこられた。よくやったなと思います」と言うと、目頭を少し熱くした。

今後は「社会人として経験を積みたかった」と社業をメインとしながら、休日に母校・東洋大で女子競歩コーチとして指導にも当たっていくという。

松永が切り開いた世界と対等に戦う20km競歩は、世界の頂点を争うところまできた。「後輩たち、個人の頑張りが大きい」と謙遜するが、世界でメダルを取る池田向希川野将虎(ともに旭化成)も松永にあこがれて鉄紺の門を叩いた。

広告の下にコンテンツが続きます

「山西(利和、愛知製鋼)らは、これまでの競歩を彼らが受け継いで、自分のものにして、しっかり戦ってきたのが牽引している要因。でも、まだ他の選手がついてきていない。本当に強い日本の競歩を考えたとき、もっと層を厚くする必要があります。今後、僕も含めてもっと日本の競歩界を盛り上げていきたい」

その積極性、スピード、美しきフォーム、面倒見の良さで多くの競歩選手に影響を与えてきた稀代のウォーカー。第二の人生も、松永らしく1歩ずつ踏みしめて歩き続けていく。

◇第71回全日本実業団対抗選手権大会(9月22~24日/岐阜メモリアルセンター長良川) 全日本実業団対抗の男子10000m競歩が行われ、引退を表明した松永大介(富士通)が現役最後のウォークを披露。42分50秒60で8位入賞し、会場から大きな拍手が送られた。 世界への足掛かりを作った偉大なウォーカーの1人だった。神奈川・横浜高時代にインターハイ5000m競歩を制すると、東洋大に進学してからは世界ジュニア選手権10000m競歩で日本初の金メダルを獲得した。20km競歩ではリオ五輪でこちらも同種目初入賞の7位。その後はケガなどに苦しみながら、昨年は35km競歩でオレゴン世界選手権に出場と、日本代表に返り咲いた。 引退を決意したのは今年4月の全日本競歩輪島大会だったというが、「オレゴンで自分のやりたいレースができた」と序盤からハイペースで飛ばすレースで「やりきった思いが強くなった」と言う。 この日も序盤は先頭に躍り出る歩き。「みんなの期待があったので……。目立てて良かった」と苦笑い。レースを見守った東洋大時代の恩師・酒井俊幸、瑞穂夫妻から「松永らしいレースだった」とねぎらった。 印象に残ったレースを聞かれると「どれも思い出深い」と松永。「関東インカレの雰囲気も好きですし、オリンピックはオリンピックで国を挙げてやる。本当に違った楽しみ方がある」というのも松永らしい。高2のインターハイ失格や初の50km競歩は「思い出したくないですね」と冗談を言って笑わせた。 「本当に99%、やりきりった感じです」。残りの1%は「やっぱり(世界で)メダルを取りたかったけど、そこは叶う人、叶わない人がいるので」。 長距離から競歩へ転向し、「多趣味で何をやっても長く続かない自分が、今後の人生でないというくらい一つのものを続けてこられた。よくやったなと思います」と言うと、目頭を少し熱くした。 今後は「社会人として経験を積みたかった」と社業をメインとしながら、休日に母校・東洋大で女子競歩コーチとして指導にも当たっていくという。 松永が切り開いた世界と対等に戦う20km競歩は、世界の頂点を争うところまできた。「後輩たち、個人の頑張りが大きい」と謙遜するが、世界でメダルを取る池田向希、川野将虎(ともに旭化成)も松永にあこがれて鉄紺の門を叩いた。 「山西(利和、愛知製鋼)らは、これまでの競歩を彼らが受け継いで、自分のものにして、しっかり戦ってきたのが牽引している要因。でも、まだ他の選手がついてきていない。本当に強い日本の競歩を考えたとき、もっと層を厚くする必要があります。今後、僕も含めてもっと日本の競歩界を盛り上げていきたい」 その積極性、スピード、美しきフォーム、面倒見の良さで多くの競歩選手に影響を与えてきた稀代のウォーカー。第二の人生も、松永らしく1歩ずつ踏みしめて歩き続けていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2023.12.08

インターハイ男子スプリント2冠の黒木海翔が中大へ! 100mでサニブラウン超えの10秒19

中大男子陸上部は12月8日、来春入学となるスポーツ推薦試験の合格者を発表した。 合格者は18名。短距離では今年8月の北海道インターハイで100m、200mの短距離2冠に輝いた黒木海翔(東福岡高)が合格。黒木は6月のU20 […]

NEWS パリ五輪代表内定なるか!?世界陸上代表・田澤廉、2大会連続五輪狙う相澤晃、好調・塩尻和也らが覇権争う/日本選手権10000m

2023.12.08

パリ五輪代表内定なるか!?世界陸上代表・田澤廉、2大会連続五輪狙う相澤晃、好調・塩尻和也らが覇権争う/日本選手権10000m

パリ五輪代表選考会となる第107回日本選手権10000mが12月10日に国立競技場で行われる。今年6月にその他の種目は実施されているが、パリ五輪を見据えて10000mに関しては記録が出やすい冬開催に。参加標準記録を突破し […]

NEWS パリ五輪代表内定なるか!?エース・廣中璃梨佳、世界陸上代表の五島莉乃、復活の木村友香、好調・樺沢和佳奈が注目/日本選手権10000m

2023.12.08

パリ五輪代表内定なるか!?エース・廣中璃梨佳、世界陸上代表の五島莉乃、復活の木村友香、好調・樺沢和佳奈が注目/日本選手権10000m

パリ五輪代表選考会となる第107回日本選手権10000mが12月10日に国立競技場で行われる。今年6月にその他の種目は実施されているが、パリ五輪を見据えて10000mに関しては記録が出やすい冬開催に。参加標準記録を突破し […]

NEWS 【Playback箱根駅伝】第16回/日大が参加14年目で初優勝!! 早大・中村清が1区区間賞

2023.12.08

【Playback箱根駅伝】第16回/日大が参加14年目で初優勝!! 早大・中村清が1区区間賞

2024年に箱根駅伝は第100回大会を迎える。記念すべき100回に向けて、これまでの歴史を改めて振り返る『Playback箱根駅伝』を企画。第1回大会から第99回大会まで、大会の様子を刻んでいく。(所属などは当時のもの) […]

NEWS 陸上界の「SDGs」BEST THINK賞にあけとみ陸上クラブ、GOOD THINK賞に鹿児島放送など3団体

2023.12.08

陸上界の「SDGs」BEST THINK賞にあけとみ陸上クラブ、GOOD THINK賞に鹿児島放送など3団体

日本陸連(JAAF)は陸上界の「SDGs」への取り組みを表彰し、「BEST THINK賞」にあけとみ陸上クラブ、「GOOD THINK賞」には、株式会社鹿児島放送のKKB小学生陸上フェスタリユースマート、関西外大女子駅伝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2023年12月号 (11月14日発売)

2023年12月号 (11月14日発売)

全日本大学駅伝
MGC
北口榛花、田中希実インタビュー

page top