HOME 国内

2023.09.19

やり投世界女王・北口榛花が凱旋帰国「とっても充実した3ヵ月半でした」新潟ACCは欠場も「ファンと交流」
やり投世界女王・北口榛花が凱旋帰国「とっても充実した3ヵ月半でした」新潟ACCは欠場も「ファンと交流」

帰国会見を開いた北口榛花

女子やり投でブダペスト世界選手権金メダル、ダイヤモンドリーグ・ファイナル年間チャンピオンに輝いた北口榛花(JAL)が9月19日に凱旋帰国し、記者会見を行った。

大勢の報道陣が待つ到着ゲートに姿を現わしたやり投世界女王。一般客からも拍手を贈られた。空港にはディヴィッド・セケラック・コーチがブダペスト世界選手権で食べていて話題となっていた「ハイチュウ」を手に森永製菓の社員もお出迎え。祝福ムードに包まれた。

場所を格納庫に移して開かれた会見。長旅と久しぶりの日本の暑さに疲れも見せつつ、「6月からずっとヨーロッパにいたのですが、(ブダペスト世界選手権の)金メダルと、ダイヤモンドリーグ(DL)のトロフィーを持ち帰ることができて、充実した3ヵ月半になりました」と笑顔を見せる。

反響も大きく、「たくさんの方々に出迎えていただきすごくうれしいです。これからもっと実感が湧くのかなって思います」。

シーズンを振り返り、「しっかり(記録が)欲しい時に投げられたので少しは成長したと思います」と自ら評価し、「記録的には波がありましたし、もうちょっと投げたかった気持ちはありますが、これから人生長いので、ゆっくりやってきます」とおどけた。

今季はブダペスト世界選手権金メダル、DLファイナル優勝と日本人初の快挙を成し遂げたほか、日本記録も2度に渡って更新。特にDLファイナルについては「新しい歴史を作れて、すごくうれしい」と喜びもひとしおで、「やり投をもっといろいろな方に見てもらえるように、そしてチャレンジしてもらえるうようになればうれしいですし、女子やり投界がもっと勢いづいていけばいいなって思います」と語る。

ブダペスト世界選手権の結果、パリ五輪代表にも内定。「今年、決められたのは大きくて、しっかり準備ができる」。ただ、「オリンピックチャンピオンではないですし、調子が悪かった選手も戻ってくるし、東京五輪を経験して、全員が特別な準備をしてくるイメージがあります」とあくまで挑戦者として臨む構え。

帰国後、出場を予定していた10月1日のアスレチックスチャレンジカップ(新潟)は「日本のみなさんの前で投げたかったのですが、燃料不足で充電が必要な状態になった」と棄権することを明かしたが、「ファンのみなさんに会いたいので、交流できる機会を作っていただける予定です」と現地に赴く。

その後はオフに入り、年内は日本で練習する予定。北海道へ帰省も予定されており、「常に応援してくださっていてうれしいですし、早く帰りたい」と言い、「温泉に入ったり、焼肉、お寿司、蕎麦などを食べたい」とにっこり。「家族との時間も取れていないので、(パティシエの)父のスイーツを食べるのが楽しみ。オーダーしないと」と笑った。

数々の歴史を作った長いシーズンを終えた北口。つかの間の充電期間を経て、年が明ければまたチェコへ渡り、パリ五輪に向けた道のりが始まる。

女子やり投でブダペスト世界選手権金メダル、ダイヤモンドリーグ・ファイナル年間チャンピオンに輝いた北口榛花(JAL)が9月19日に凱旋帰国し、記者会見を行った。 大勢の報道陣が待つ到着ゲートに姿を現わしたやり投世界女王。一般客からも拍手を贈られた。空港にはディヴィッド・セケラック・コーチがブダペスト世界選手権で食べていて話題となっていた「ハイチュウ」を手に森永製菓の社員もお出迎え。祝福ムードに包まれた。 場所を格納庫に移して開かれた会見。長旅と久しぶりの日本の暑さに疲れも見せつつ、「6月からずっとヨーロッパにいたのですが、(ブダペスト世界選手権の)金メダルと、ダイヤモンドリーグ(DL)のトロフィーを持ち帰ることができて、充実した3ヵ月半になりました」と笑顔を見せる。 反響も大きく、「たくさんの方々に出迎えていただきすごくうれしいです。これからもっと実感が湧くのかなって思います」。 シーズンを振り返り、「しっかり(記録が)欲しい時に投げられたので少しは成長したと思います」と自ら評価し、「記録的には波がありましたし、もうちょっと投げたかった気持ちはありますが、これから人生長いので、ゆっくりやってきます」とおどけた。 今季はブダペスト世界選手権金メダル、DLファイナル優勝と日本人初の快挙を成し遂げたほか、日本記録も2度に渡って更新。特にDLファイナルについては「新しい歴史を作れて、すごくうれしい」と喜びもひとしおで、「やり投をもっといろいろな方に見てもらえるように、そしてチャレンジしてもらえるうようになればうれしいですし、女子やり投界がもっと勢いづいていけばいいなって思います」と語る。 ブダペスト世界選手権の結果、パリ五輪代表にも内定。「今年、決められたのは大きくて、しっかり準備ができる」。ただ、「オリンピックチャンピオンではないですし、調子が悪かった選手も戻ってくるし、東京五輪を経験して、全員が特別な準備をしてくるイメージがあります」とあくまで挑戦者として臨む構え。 帰国後、出場を予定していた10月1日のアスレチックスチャレンジカップ(新潟)は「日本のみなさんの前で投げたかったのですが、燃料不足で充電が必要な状態になった」と棄権することを明かしたが、「ファンのみなさんに会いたいので、交流できる機会を作っていただける予定です」と現地に赴く。 その後はオフに入り、年内は日本で練習する予定。北海道へ帰省も予定されており、「常に応援してくださっていてうれしいですし、早く帰りたい」と言い、「温泉に入ったり、焼肉、お寿司、蕎麦などを食べたい」とにっこり。「家族との時間も取れていないので、(パティシエの)父のスイーツを食べるのが楽しみ。オーダーしないと」と笑った。 数々の歴史を作った長いシーズンを終えた北口。つかの間の充電期間を経て、年が明ければまたチェコへ渡り、パリ五輪に向けた道のりが始まる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top