HOME 国内

2023.06.04

走高跳・赤松諒一が2m29!自己新Vで世界陸上に大きく前進「入賞目指したい」/日本選手権
走高跳・赤松諒一が2m29!自己新Vで世界陸上に大きく前進「入賞目指したい」/日本選手権

23年日本選手権男子走高跳に初優勝を飾った赤松諒一

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目

ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の最終日に男子走高跳が行われ、赤松諒一(アワーズ)が自己新となる2m29(日本歴代8位)をジャンプして初優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

赤松は2m15、20、25を1回で成功。続く2m29には赤松の他に長谷川直人(新潟アルビレックスRC)は、真野友博(九電工)の3人が挑戦し、ただ1人2回目にクリアした赤松が制した。続く、ブダペスト世界選手権の参加標準記録である2m32は惜しくも失敗。内定こそならなかったが、ワールドランキングで出場権獲得圏内に十分に入っており、2度目の世界選手権代表に大きく前進した。

「初優勝と自己新は本当にうれしいです」。持ち味である流れるような助走から踏み切りまでが今日も冴え渡り、「今まで一番の踏み切りができました」と自己新ジャンプを振り返る。

昨年のオレゴン世界選手権は初出場で雰囲気にのまれて力を発揮できずに予選敗退。その経験を生かし、今年は2月に日本選手権・室内で2m27、アジア室内選手権で2m28をマークして殊勲の金メダルを獲得した。

岐阜大、岐阜大院を経てアワーズへ。学生時代は日本インカレで3度優勝。現在は週5で勤務しながら競技を続ける。その一方、岐阜大の医学部整形外科の研究科研究生という顔も持つ。

広告の下にコンテンツが続きます

知能派ジャンパーが挑む2度目の世界。「前回は出場するだけだったので、今回は入賞を目指します」と見据えていた。

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)4日目 ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の最終日に男子走高跳が行われ、赤松諒一(アワーズ)が自己新となる2m29(日本歴代8位)をジャンプして初優勝を果たした。 赤松は2m15、20、25を1回で成功。続く2m29には赤松の他に長谷川直人(新潟アルビレックスRC)は、真野友博(九電工)の3人が挑戦し、ただ1人2回目にクリアした赤松が制した。続く、ブダペスト世界選手権の参加標準記録である2m32は惜しくも失敗。内定こそならなかったが、ワールドランキングで出場権獲得圏内に十分に入っており、2度目の世界選手権代表に大きく前進した。 「初優勝と自己新は本当にうれしいです」。持ち味である流れるような助走から踏み切りまでが今日も冴え渡り、「今まで一番の踏み切りができました」と自己新ジャンプを振り返る。 昨年のオレゴン世界選手権は初出場で雰囲気にのまれて力を発揮できずに予選敗退。その経験を生かし、今年は2月に日本選手権・室内で2m27、アジア室内選手権で2m28をマークして殊勲の金メダルを獲得した。 岐阜大、岐阜大院を経てアワーズへ。学生時代は日本インカレで3度優勝。現在は週5で勤務しながら競技を続ける。その一方、岐阜大の医学部整形外科の研究科研究生という顔も持つ。 知能派ジャンパーが挑む2度目の世界。「前回は出場するだけだったので、今回は入賞を目指します」と見据えていた。

【動画】日本歴代8位のビッグジャンプ!赤松諒一の跳躍をチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top