HOME 国内

2023.05.07

三段跳・森本麻里子がV日本記録は「日本選手権に取っておく」2位・髙島真織子が日本歴代4位の13m75/木南記念
三段跳・森本麻里子がV日本記録は「日本選手権に取っておく」2位・髙島真織子が日本歴代4位の13m75/木南記念

木南記念女子三段跳で歴代上位のパフォーマンスを見せた森本麻里子(左)と髙島真織子

◇第10回木南記念(5月6、7日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

日本グランプリシリーズG1の木南記念が行われ、女子三段跳は森本麻里子(内田建設AC)が13m80(-0.2)で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年から国内負けなしのトリプルジャンパーが、織田記念に続いてグランプリを制して無敗を伸ばした。1回目に13m76(+1.4)を跳ぶと、4回目に13m80(-0.2)と自己記録にあと4cmに迫る。

「織田記念(13m68)が良い形で終わっていたので、自分のリズムで行こうと思いました」。その織田記念では5、6回目がファウルながら14mを超えていたこともあり、「14mの感覚はあります」。この日も3cmほどのファウルで14mオーバーを見せた。

順調にトレーニングしてきた成果で「基礎体力もついてきました」。その結果、助走スピードも増し、「上に弾まずガッと前に進めるようになりました」と言う。日本記録(14m04)更新に向けては「最後の踏み切りに向かって駆け上がるところを修正して、条件が合えば」と視界に入る。

地元・大阪出身ということもあり、「地元で出したい」。6月の日本選手権も同じヤンマースタジアム長居が舞台で「日本記録は日本選手権にとっておくということで。最大限、力を発揮して優勝して、世界選手権に出場したいです」と力強く語った。

広告の下にコンテンツが続きます

2位の髙島真織子(九電工)は13m75(-0.5)の自己新。日本歴代4位の大ジャンプを見せた。それでも、常に上に森本がおり、「またシルバーコレクター」と悔しがる。自己ベストの跳躍も「ステップでつぶれてしまってつながらなかった」と反省する。

「まだ改善できるイメージは持てていません」と正直に打ち明けるが、それは伸びしろがたっぷりあるということ。「まずは13m80を安定して跳びたい」と、自らのジャンプを極めていく。

◇第10回木南記念(5月6、7日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 日本グランプリシリーズG1の木南記念が行われ、女子三段跳は森本麻里子(内田建設AC)が13m80(-0.2)で優勝した。 昨年から国内負けなしのトリプルジャンパーが、織田記念に続いてグランプリを制して無敗を伸ばした。1回目に13m76(+1.4)を跳ぶと、4回目に13m80(-0.2)と自己記録にあと4cmに迫る。 「織田記念(13m68)が良い形で終わっていたので、自分のリズムで行こうと思いました」。その織田記念では5、6回目がファウルながら14mを超えていたこともあり、「14mの感覚はあります」。この日も3cmほどのファウルで14mオーバーを見せた。 順調にトレーニングしてきた成果で「基礎体力もついてきました」。その結果、助走スピードも増し、「上に弾まずガッと前に進めるようになりました」と言う。日本記録(14m04)更新に向けては「最後の踏み切りに向かって駆け上がるところを修正して、条件が合えば」と視界に入る。 地元・大阪出身ということもあり、「地元で出したい」。6月の日本選手権も同じヤンマースタジアム長居が舞台で「日本記録は日本選手権にとっておくということで。最大限、力を発揮して優勝して、世界選手権に出場したいです」と力強く語った。 2位の髙島真織子(九電工)は13m75(-0.5)の自己新。日本歴代4位の大ジャンプを見せた。それでも、常に上に森本がおり、「またシルバーコレクター」と悔しがる。自己ベストの跳躍も「ステップでつぶれてしまってつながらなかった」と反省する。 「まだ改善できるイメージは持てていません」と正直に打ち明けるが、それは伸びしろがたっぷりあるということ。「まずは13m80を安定して跳びたい」と、自らのジャンプを極めていく。

女子三段跳の日本歴代10傑をチェック!

14.04 1.1 花岡 麻帆(三英社)     1999.10. 1 13.84 1.3 森本麻里子(内田建設AC)  2022.10.16 13.81 -0.2 船田 茜理(武庫川女大4)  2022. 8. 7 13.75 -0.5 髙島真織子(九電工)     2023. 5. 6 13.65 0.3 河合 栞奈(大阪成蹊大4)  2019. 9.15 13.52 0.7 宮坂  楓(ニッパツ)    2016.10.15 13.50 0.4 吉田 文代(中大4)     2003. 6. 6 13.42 1.8 剱持 早紀(長谷川体育施設) 2019. 4.21 13.40 1.3 西内 誠子(上分中教)    1998. 4.29 13.39 -0.8 佐藤 友香(七十七銀行)   2004.10.27

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

NEWS 【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

2024.04.13

【大会結果】第32回金栗記念選抜長距離(2024年4月13日)

【大会結果】第32回金栗記念選抜陸上中長距離熊本大会(2024年4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) ●男子 GP800m  髙梨有仁(関大)       1分48秒96 GP1500m  G.アブラハム(阿見AC) […]

NEWS 女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

2024.04.13

女子800mは高校生・久保凛が田中希実に先着して優勝!「自己新や高校記録を狙っていきたい」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子800mは久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が田中希実(New Balance)を抑えて、 […]

NEWS 三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top