HOME 国内、大学

2023.04.22

400m・地主直央が全国初タイトル 「目標達成できて嬉しい」準決勝では45秒98の自己新/学生個人
400m・地主直央が全国初タイトル  「目標達成できて嬉しい」準決勝では45秒98の自己新/学生個人

2023日本学生個人選手権男子400m優勝の地主直央

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)

ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の2日目が行われ、男子400mは地主直央(法大)が46秒53で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

「(優勝は)1つの目標だったので、達成できて嬉しいです」とレース後に笑顔を見せた地主。前日の準決勝で自身初の45秒台となる45秒98をマークしており、「昨日、うまくいきすぎて、身体に疲労が残っていました。今日は脚がボロボロで、アップでも調子がよくなかったのですが、うまくまとめられました」と話す。

準決勝は追い風だった前半でスピードに乗り、後半の落ち込みも最低限に抑えてフィニッシュ「自分の感覚では46秒前半だったので、タイムを見たときに『あれっ?』と驚きました」というタイム。ユニバの派遣設定タイム(46秒45)も大きく上回り、代表入りに大きく近づいた。

昨年までのベストは46秒59。冬季は200mの山路康太郎(現・東京陸協)と800mの松本純弥(現・FAJ)とともに練習を重ね、スピード、スタミナ両面を強化していたという。特にスピードを強化したことで、中盤での落ち込みがなくなり、余裕を持って後半につなげられるようになった。

その効果は4月2日の東京六大学で46秒11と大幅自己新でタイムとして現れ、今回のレースで初の全国タイトルも手にした。

広告の下にコンテンツが続きます

今後は日本グランプリシリーズを経て、関東インカレ、日本選手権へと挑む。「45秒7ぐらいはイメージができるようになりました。でも、そこで終わらず苅部俊二監督のベスト(45秒57)ぐらいまではいきたいです。大会もアジア選手権など大きな大会に出られるように」と目標を掲げた。

ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚) ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の2日目が行われ、男子400mは地主直央(法大)が46秒53で優勝した。 「(優勝は)1つの目標だったので、達成できて嬉しいです」とレース後に笑顔を見せた地主。前日の準決勝で自身初の45秒台となる45秒98をマークしており、「昨日、うまくいきすぎて、身体に疲労が残っていました。今日は脚がボロボロで、アップでも調子がよくなかったのですが、うまくまとめられました」と話す。 準決勝は追い風だった前半でスピードに乗り、後半の落ち込みも最低限に抑えてフィニッシュ「自分の感覚では46秒前半だったので、タイムを見たときに『あれっ?』と驚きました」というタイム。ユニバの派遣設定タイム(46秒45)も大きく上回り、代表入りに大きく近づいた。 昨年までのベストは46秒59。冬季は200mの山路康太郎(現・東京陸協)と800mの松本純弥(現・FAJ)とともに練習を重ね、スピード、スタミナ両面を強化していたという。特にスピードを強化したことで、中盤での落ち込みがなくなり、余裕を持って後半につなげられるようになった。 その効果は4月2日の東京六大学で46秒11と大幅自己新でタイムとして現れ、今回のレースで初の全国タイトルも手にした。 今後は日本グランプリシリーズを経て、関東インカレ、日本選手権へと挑む。「45秒7ぐらいはイメージができるようになりました。でも、そこで終わらず苅部俊二監督のベスト(45秒57)ぐらいまではいきたいです。大会もアジア選手権など大きな大会に出られるように」と目標を掲げた。 ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top