HOME 国内

2023.04.22

樺沢和佳奈が三井住友海上初レース2マイルを制す「トラックで世界へ」/東京スプリング
樺沢和佳奈が三井住友海上初レース2マイルを制す「トラックで世界へ」/東京スプリング

東京スプリング2マイルを制した樺沢和佳奈

◇TOKYO Spring Challenge(4月21日/東京・国立競技場)

日本グランプリシリーズG2のTOKYO Spring Challengeが行われ、女子2マイルは樺沢和佳奈(三井住友海上)が9分42秒44で制した。

広告の下にコンテンツが続きます

「1km3分ペースでいって9分39秒くらいは出したかったのでそこは反省。練習ではいい感覚がつかめていたのですが」と振り返る。

昨年度まで資生堂の主将を務めていた樺沢。これが三井住友海上の緑のユニフォームを着て走る初レースだった。チームに合流して3週間ほどだが、「自主性が求められる。自立してトレーニングしていきたいです」と語る。

資生堂は全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)を制し、一山麻緒、五島莉乃らが所属する「日本一のチーム」。誰もが高みを目指す雰囲気で、樺沢自身も「自己ベストも出て、長い距離でも記録が出るなど成長できました」と言う。

元々、群馬・富士見中時代から1500mでトップランナーとして活躍してきた樺沢。スピードを武器にしてきたが、5000mで15分24秒79、10000mでも32分58秒17とベストをマークし、10kmでも32分04秒を出した。

広告の下にコンテンツが続きます

ただ、「コロナ禍もあって、残りの競技人生を考えた時にどこかモヤモヤを変えないといけない。トラックで世界を目指したい」と心機一転、移籍を決めた。「来年のパリ五輪、東京世界選手権に5000mで出場するのが目標です」と新天地でさらなる飛躍を誓う。

※誤りを修正しました。申し訳ございません。

◇TOKYO Spring Challenge(4月21日/東京・国立競技場) 日本グランプリシリーズG2のTOKYO Spring Challengeが行われ、女子2マイルは樺沢和佳奈(三井住友海上)が9分42秒44で制した。 「1km3分ペースでいって9分39秒くらいは出したかったのでそこは反省。練習ではいい感覚がつかめていたのですが」と振り返る。 昨年度まで資生堂の主将を務めていた樺沢。これが三井住友海上の緑のユニフォームを着て走る初レースだった。チームに合流して3週間ほどだが、「自主性が求められる。自立してトレーニングしていきたいです」と語る。 資生堂は全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)を制し、一山麻緒、五島莉乃らが所属する「日本一のチーム」。誰もが高みを目指す雰囲気で、樺沢自身も「自己ベストも出て、長い距離でも記録が出るなど成長できました」と言う。 元々、群馬・富士見中時代から1500mでトップランナーとして活躍してきた樺沢。スピードを武器にしてきたが、5000mで15分24秒79、10000mでも32分58秒17とベストをマークし、10kmでも32分04秒を出した。 ただ、「コロナ禍もあって、残りの競技人生を考えた時にどこかモヤモヤを変えないといけない。トラックで世界を目指したい」と心機一転、移籍を決めた。「来年のパリ五輪、東京世界選手権に5000mで出場するのが目標です」と新天地でさらなる飛躍を誓う。 ※誤りを修正しました。申し訳ございません。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top