HOME 駅伝、大学

2023.04.21

ユニバ10000m選考は異例の2人レース!城西大の山本唯翔が関大・亀田仁一路を抑える/学生個人
ユニバ10000m選考は異例の2人レース!城西大の山本唯翔が関大・亀田仁一路を抑える/学生個人

2人のみのレースとなった男子10000mは山本唯翔(左)が亀田仁一路を抑えて優勝

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)

日本学生個人選手権の1日目にワールドユニバーシティゲームズ(ユニバ)の代表選考会となる男子10000mは、元々3人のみがエントリー。そのうち駒大の伊藤蒼唯が棄権したことで、山本唯翔(城西大)と亀田仁一路(関大)の一騎打ちとなった。

序盤から亀田がレースを引き山本が追走。「細かなペースの上げ下げがありました」(山本)。積極的なレースを見せた亀田だが、「それが焦りになりました」と心身が少しずつ疲弊する。

残り4周を切ったところで山本がペースアップ。それに亀田はつけずに勝負あり。「ずっと亀田選手に引っ張ってもらって申し訳なかったですが勝負で1位を取るのが大事」と山本は振り返る。「得意のロングスパートで」勝ちきった。

箱根駅伝では5区区間賞で一躍注目の存在となった山本。しかし、箱根駅伝2区を志望するだけに、「エースが走る区間」とトラックでも力のあるところを証明しなければならなかった。

トラックで勝負し、代表権をもぎ取るために、「一定のペースではなく上げ下げを意識した練習をしたり、ジョグでもラスト1000mで上げるなど、勝負をするための準備をしてきました」と胸を張る。

「5000mで13分45秒、10000mでも28分ひとケタから27分台を狙っていきたい」。これでユニバ代表に近づき、「初めての国際大会。学生のうちから経験できるのはこれからに生きると思います」と言い、「恥のない走りをしたいです」と意気込みを語った。

山本がユニバ代表に選出されれば、城西大としては17年の男子400mハードルの鍜治木崚以来、男子長距離では07年の髙橋優太以来となる。

ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚) 日本学生個人選手権の1日目にワールドユニバーシティゲームズ(ユニバ)の代表選考会となる男子10000mは、元々3人のみがエントリー。そのうち駒大の伊藤蒼唯が棄権したことで、山本唯翔(城西大)と亀田仁一路(関大)の一騎打ちとなった。 序盤から亀田がレースを引き山本が追走。「細かなペースの上げ下げがありました」(山本)。積極的なレースを見せた亀田だが、「それが焦りになりました」と心身が少しずつ疲弊する。 残り4周を切ったところで山本がペースアップ。それに亀田はつけずに勝負あり。「ずっと亀田選手に引っ張ってもらって申し訳なかったですが勝負で1位を取るのが大事」と山本は振り返る。「得意のロングスパートで」勝ちきった。 箱根駅伝では5区区間賞で一躍注目の存在となった山本。しかし、箱根駅伝2区を志望するだけに、「エースが走る区間」とトラックでも力のあるところを証明しなければならなかった。 トラックで勝負し、代表権をもぎ取るために、「一定のペースではなく上げ下げを意識した練習をしたり、ジョグでもラスト1000mで上げるなど、勝負をするための準備をしてきました」と胸を張る。 「5000mで13分45秒、10000mでも28分ひとケタから27分台を狙っていきたい」。これでユニバ代表に近づき、「初めての国際大会。学生のうちから経験できるのはこれからに生きると思います」と言い、「恥のない走りをしたいです」と意気込みを語った。 山本がユニバ代表に選出されれば、城西大としては17年の男子400mハードルの鍜治木崚以来、男子長距離では07年の髙橋優太以来となる。 ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

【動画】息詰まるマッチレース! 山本唯翔がロングスパートで快勝

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top