HOME アイテム

2020.07.15

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! 「On」のCloud(クラウド)
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! 「On」のCloud(クラウド)

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!!
「On」のCloud(クラウド)

競争の激しいランニングシューズメーカーの中で、独特のソール形状で注目を集めているOn(オン)。スイス発祥で、2010年創業という比較的新しいブランドだ。そのOnの中でもベストセラーモデルなのが「Cloud(クラウド)」。「雲の上の走り」をコンセプトにしているOnは、実際どんな履き心地なのか体験した。

独特なミッドソール「CloudTec」

まるでゴムホースを半分に切って貼り付けたような独特なソール形状。その姿を初めて見た人は「この靴で本当に走れるのか?」と疑問を抱くかもしれない。しかし、心配は無用だ。結論から言えば、全然問題ない。それも、想像以上に快適だ。

ミッドソールの形状が特徴的なOn(オン)の「Cloud(クラウド)」

広告の下にコンテンツが続きます

2014年に発売されたOnの「Cloud(クラウド)」は、Onを愛する多くのランナーを虜(とりこ)にしてきた。シンプルかつ洗練されたミニマルなデザイン。Onの特徴とも言える「スポーツとファッションの融合」を体現しているモデルだ。2017年には細部がアップデートされ、機能性がいっそう高まった。

Onの最大の特徴は、「CloudTec(クラウドテック)」と名付けられた独特なミッドソールにある。ソールには空洞が設けられ、それが着地の瞬間につぶれて元に戻ることで、Onのコンセプトである「ソフトな着地と爆発的な蹴り出し」を実現するという。このテクノロジーは世界特許も取得している。

ミッドソールの形状はモデルによって異なるが、クラウドの場合は縦横にいくつもの溝が入り、パーツがそれぞれに独立しながら1つのソールを成立させている。また、Onのシューズにはどれもソールに高反発の「スピードボード」が内蔵され、シューズに推進力と安定性をもたらしている。

縦横に溝が入ったソール。その奥にスピードボードが内蔵されている

感覚的にはほぼフラットソール

一般的にランニングシューズは走行スピードによってカテゴリーが分けられているが、Onのシューズにはそういった区分が存在しない。どんなスピードでもその人なりの走る楽しさを提供する、というのがOnのこだわりだという。

広告の下にコンテンツが続きます

靴紐はゴム製で着脱がしやすい。いちいち紐をほどく必要がないのは便利だ。サイズ感としてはアッパーのフィット感がややタイトで、私は通常25.0~25.5cmのシューズを履いているが、クラウドは25.5cmだとアッパーのフィット感は合うものの、長さが若干余る。甲がやや低めの設計かもしれない。

実際に走ってみると、ソールの見た目とは裏腹に接地感はフラットソールに近い。「雲の上の走り」というコンセプトの割にソールはやや硬めで、反発重視という印象を受けた。アウトソールのグリップ力も高く、1歩1歩しっかり地面をとらえて強く蹴り出せる。

重量は25.5cmで206g(実測値)と軽いため、テンポを上げたランニングでもストレスを感じない。強い反発が軽快に脚を運んでくれるため、いつまでも走り続けられそうな快適さがある。

スピードにも対応可
短距離選手のトレーニングにも

これほど軽いならどこまでスピードに対応できるのか、そう思ってトラックを走ってみることにした。リラックスしたまま1000m4分00秒~3分50秒あたりのリズムを刻んでみる。すると、ミッドソールがジョグの時よりも高反発に感じ、テンポが上がっていく。そのまま慣性に任せて脚を回し続けると、時計は想定よりも速い3分42秒を示した。結構走れるな……というのが正直な感想だ。

広告の下にコンテンツが続きます

一般的なカテゴライズではこのクラウドは「クッショニングシューズ」になるのだろうが、〝適性速度〟は1km4分から6分前後かもしれない。ゆっくり走るためのシューズでありながら、マラソンなら3時間、10kmなら40分前後までは問題なく対応できそうだ。適度にクッション性があるのでマラソンで使うと後半に脚が残らなくなる……というリスクは少ないだろう。

長距離以外の種目を専門とするアスリートのトレーニング用としても活用できそうだ。ダッシュをしてもまったく違和感はないし、実際に女子100mハードルの日本記録保持者である寺田明日香選手(パソナグループ)もトレーニングの時にはこのクラウドと同じソール構造の「Cloud X」を履いているという。

クラウドは反発が強い分、これからランニングを始めようとする初心者にはソールがやや硬く感じられるかもしれない。Onのシューズは種類によって履き心地が異なるので、複数の候補から検討するのもお勧めだ。クラウドは独特なフォルムだけでなく、カラーバリエーションが豊富なのも魅力的。価格は15,180円(税込み)とやや高めだが、足を通してみればきっとその良さを実感できるだろう。

写真の「ALL Black」はカメラの設定により色が薄く出ているが、実物はより濃い黒でシックな装い。カラーバリエーションも豊富で、好みのデザインを見つけやすい

◎文/山本慎一郎

広告の下にコンテンツが続きます

<関連リンク>
Cloud商品ページ(オン・ジャパン)

<関連記事>
本格レーシングモデルが続々登場〝熱意〟で広まるランニングブランド「On(オン)」/PR
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! On史上最速シューズ「Cloudboom(クラウドブーム)」
パワーアップして戻ってきた 「ママさんハードラー」 寺田明日香(パソナグループ)

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! 「On」のCloud(クラウド)

競争の激しいランニングシューズメーカーの中で、独特のソール形状で注目を集めているOn(オン)。スイス発祥で、2010年創業という比較的新しいブランドだ。そのOnの中でもベストセラーモデルなのが「Cloud(クラウド)」。「雲の上の走り」をコンセプトにしているOnは、実際どんな履き心地なのか体験した。

独特なミッドソール「CloudTec」

まるでゴムホースを半分に切って貼り付けたような独特なソール形状。その姿を初めて見た人は「この靴で本当に走れるのか?」と疑問を抱くかもしれない。しかし、心配は無用だ。結論から言えば、全然問題ない。それも、想像以上に快適だ。 ミッドソールの形状が特徴的なOn(オン)の「Cloud(クラウド)」 2014年に発売されたOnの「Cloud(クラウド)」は、Onを愛する多くのランナーを虜(とりこ)にしてきた。シンプルかつ洗練されたミニマルなデザイン。Onの特徴とも言える「スポーツとファッションの融合」を体現しているモデルだ。2017年には細部がアップデートされ、機能性がいっそう高まった。 Onの最大の特徴は、「CloudTec(クラウドテック)」と名付けられた独特なミッドソールにある。ソールには空洞が設けられ、それが着地の瞬間につぶれて元に戻ることで、Onのコンセプトである「ソフトな着地と爆発的な蹴り出し」を実現するという。このテクノロジーは世界特許も取得している。 ミッドソールの形状はモデルによって異なるが、クラウドの場合は縦横にいくつもの溝が入り、パーツがそれぞれに独立しながら1つのソールを成立させている。また、Onのシューズにはどれもソールに高反発の「スピードボード」が内蔵され、シューズに推進力と安定性をもたらしている。 縦横に溝が入ったソール。その奥にスピードボードが内蔵されている

感覚的にはほぼフラットソール

一般的にランニングシューズは走行スピードによってカテゴリーが分けられているが、Onのシューズにはそういった区分が存在しない。どんなスピードでもその人なりの走る楽しさを提供する、というのがOnのこだわりだという。 靴紐はゴム製で着脱がしやすい。いちいち紐をほどく必要がないのは便利だ。サイズ感としてはアッパーのフィット感がややタイトで、私は通常25.0~25.5cmのシューズを履いているが、クラウドは25.5cmだとアッパーのフィット感は合うものの、長さが若干余る。甲がやや低めの設計かもしれない。 実際に走ってみると、ソールの見た目とは裏腹に接地感はフラットソールに近い。「雲の上の走り」というコンセプトの割にソールはやや硬めで、反発重視という印象を受けた。アウトソールのグリップ力も高く、1歩1歩しっかり地面をとらえて強く蹴り出せる。 重量は25.5cmで206g(実測値)と軽いため、テンポを上げたランニングでもストレスを感じない。強い反発が軽快に脚を運んでくれるため、いつまでも走り続けられそうな快適さがある。

スピードにも対応可 短距離選手のトレーニングにも

これほど軽いならどこまでスピードに対応できるのか、そう思ってトラックを走ってみることにした。リラックスしたまま1000m4分00秒~3分50秒あたりのリズムを刻んでみる。すると、ミッドソールがジョグの時よりも高反発に感じ、テンポが上がっていく。そのまま慣性に任せて脚を回し続けると、時計は想定よりも速い3分42秒を示した。結構走れるな……というのが正直な感想だ。 一般的なカテゴライズではこのクラウドは「クッショニングシューズ」になるのだろうが、〝適性速度〟は1km4分から6分前後かもしれない。ゆっくり走るためのシューズでありながら、マラソンなら3時間、10kmなら40分前後までは問題なく対応できそうだ。適度にクッション性があるのでマラソンで使うと後半に脚が残らなくなる……というリスクは少ないだろう。 長距離以外の種目を専門とするアスリートのトレーニング用としても活用できそうだ。ダッシュをしてもまったく違和感はないし、実際に女子100mハードルの日本記録保持者である寺田明日香選手(パソナグループ)もトレーニングの時にはこのクラウドと同じソール構造の「Cloud X」を履いているという。 クラウドは反発が強い分、これからランニングを始めようとする初心者にはソールがやや硬く感じられるかもしれない。Onのシューズは種類によって履き心地が異なるので、複数の候補から検討するのもお勧めだ。クラウドは独特なフォルムだけでなく、カラーバリエーションが豊富なのも魅力的。価格は15,180円(税込み)とやや高めだが、足を通してみればきっとその良さを実感できるだろう。 写真の「ALL Black」はカメラの設定により色が薄く出ているが、実物はより濃い黒でシックな装い。カラーバリエーションも豊富で、好みのデザインを見つけやすい ◎文/山本慎一郎 <関連リンク> ・Cloud商品ページ(オン・ジャパン) <関連記事> 本格レーシングモデルが続々登場〝熱意〟で広まるランニングブランド「On(オン)」/PR 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! On史上最速シューズ「Cloudboom(クラウドブーム)」 パワーアップして戻ってきた 「ママさんハードラー」 寺田明日香(パソナグループ)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top