HOME 国内

2023.02.16

名古屋ウィメンズマラソン招待選手に東京五輪代表・鈴木亜由子、前田穂南、世界歴代2位のチェプンゲティチら
名古屋ウィメンズマラソン招待選手に東京五輪代表・鈴木亜由子、前田穂南、世界歴代2位のチェプンゲティチら

2019年MGC女子で1位の前田穂南と2位の鈴木亜由子

3月12日に行われるJMCシリーズG1の名古屋ウィメンズマラソン2023のエントリー選手が発表された。

招待選手には鈴木亜由子(日本郵政グループ)と前田穂南(天満屋)の、東京五輪代表の2人が名を連ねた。鈴木は長くケガに苦しんだが昨年9月のベルリンマラソンでは2時間22分02秒をマーク。パリ五輪代表選考会となる10月15日のマラソングランドチャピオンシップ(MGC)の切符を手にしている。

前田も東京五輪後はアクシデント続きで、昨年8月の北海道マラソンを新型コロナウイルス陽性のため欠場。今年1月の大阪国際女子マラソンは左足くるぶし横の痛みのため欠場している。前田はまだMGC出場権を持っていない。

他には2時間22分台を持つ上杉真穂(スターツ)など3人が日本人招待選手としてエントリーされた。海外勢では前回2時間17分18秒の大会新を樹立し、昨年のシカゴマラソンを世界歴代2位の2時間14分18秒で制しているルース・チェプンゲティチ(ケニア)や2時間19分31秒のベストを持つナンシー・ジェラガト(ケニア)らが出場見込みだ。

エリートの部には池田千晴(日立)や和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント)、38歳になった15年北京世界選手権7位の伊藤舞(大塚製薬)らが登録している。

すでにMGC出場権を持つ選手を除いて、日本人1~3位に入り2時間28分00秒以内、または同4~6位以内で2時間27分00秒以内をマークすればMGC出場権を手にできる。

レースは3月12日、9時10分にスタート。バンテリンドーム ナゴヤ発着のコースで行われる。

次ページ 名古屋ウィメンズマラソン2023 招待選手一覧

3月12日に行われるJMCシリーズG1の名古屋ウィメンズマラソン2023のエントリー選手が発表された。 招待選手には鈴木亜由子(日本郵政グループ)と前田穂南(天満屋)の、東京五輪代表の2人が名を連ねた。鈴木は長くケガに苦しんだが昨年9月のベルリンマラソンでは2時間22分02秒をマーク。パリ五輪代表選考会となる10月15日のマラソングランドチャピオンシップ(MGC)の切符を手にしている。 前田も東京五輪後はアクシデント続きで、昨年8月の北海道マラソンを新型コロナウイルス陽性のため欠場。今年1月の大阪国際女子マラソンは左足くるぶし横の痛みのため欠場している。前田はまだMGC出場権を持っていない。 他には2時間22分台を持つ上杉真穂(スターツ)など3人が日本人招待選手としてエントリーされた。海外勢では前回2時間17分18秒の大会新を樹立し、昨年のシカゴマラソンを世界歴代2位の2時間14分18秒で制しているルース・チェプンゲティチ(ケニア)や2時間19分31秒のベストを持つナンシー・ジェラガト(ケニア)らが出場見込みだ。 エリートの部には池田千晴(日立)や和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント)、38歳になった15年北京世界選手権7位の伊藤舞(大塚製薬)らが登録している。 すでにMGC出場権を持つ選手を除いて、日本人1~3位に入り2時間28分00秒以内、または同4~6位以内で2時間27分00秒以内をマークすればMGC出場権を手にできる。 レースは3月12日、9時10分にスタート。バンテリンドーム ナゴヤ発着のコースで行われる。 次ページ 名古屋ウィメンズマラソン2023 招待選手一覧

名古屋ウィメンズマラソン2023 招待選手一覧

※右は自己ベスト 鈴木亜由子(日本郵政グループ)2.22.02 上杉 真穂(スターツ)    2.22.29 谷本 観月(天満屋)     2.23.11 前田 穂南(天満屋)     2.23.30 鈴木 優花(第一生命グループ)2.25.02 R.チェプンゲティチ(ケニア) 2.14.18 N.ジェラガト(ケニア)    2.19.31 M.セイデル(米国)      2.24.42 E.ウェリングズ(豪州)    2.25.10 K.スタインラック(ドイツ)  2.25.59 リ・シケン(中国)      2.26.15 チョウ・シンエン(中国)   2.26.56 チョウ・トクジュン(中国)  2.27.01 I.バットドイル(豪州)    2.28.10

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top