HOME 国内、大学

2023.02.06

篠原倖太朗 1時間0分11秒の日本人学生最高に「狙っていたのでシンプルにうれしい」/丸亀ハーフ
篠原倖太朗 1時間0分11秒の日本人学生最高に「狙っていたのでシンプルにうれしい」/丸亀ハーフ

23年丸亀ハーフで日本人学生最高をマークした篠原倖太朗

今年の箱根駅伝を制した駒大からまた一人、新たなヒーローが誕生した。2年生の篠原倖太朗が香川丸亀国際ハーフマラソンで5位(日本人2位)に入り、1時間0分11秒の好記録をマーク。昨年2月に先輩の山野力が打ち立てた日本人学生最高記録を、わずか1年で塗り替えた。

「もともと(日本人)学生最高記録を狙っていたので、今回出すことができてシンプルにうれしいです」。篠原にとっては、狙い通りの快走だった。

広告の下にコンテンツが続きます

アレクサンダー・ムティソ(ケニア/NDソフトAC)が牽引し、5kmを14分08秒、10kmを28分4秒とハイペースで進むと、10kmの時点で先頭集団は早くも6人に絞られた。そのうち、日本人は、太田智樹(トヨタ自動車)、吉田礼志(中央学大)、そして篠原の3人。篠原は集団の後方に位置取った。

吉田は拓大紅陵高、篠原は富里高とともに千葉県の高校出身で、同学年の2人は高校時代から競り合ってきた間柄。互いに意識しながら、レースを進めていた。

「走りの特徴とかもわかっているし、後ろから見ていても、(吉田は)全然汗をかいていなかったので、余裕があるなと思っていました。結構不気味でしたね」(篠原)

「自分が前にいましたが、篠原君が離れることはないだろうと思っていたので、ちょっと怖かったです」(吉田)

広告の下にコンテンツが続きます

外国人勢の先頭集団には13km過ぎに離されたものの、15km通過は42分18秒と、日本人学生最高記録どころか、依然として日本記録(1時間0分00秒)を狙えるスプリットタイムを刻んでいた。

18kmを前に吉田が遅れ、学生トップ争いはここで決着。だが、18km過ぎには篠原も太田に遅れをとり、日本人トップの座は逃した。

「あそこまで来たら日本人で1番を取りたかったです。最後は詰めの甘さが出てしまいました」と悔やんだものの、最後まで粘りを見せ、太田に3秒差にまで迫ってフィニッシュ。そして、山野が持っていた日本人学生最高記録を29秒も上回り、新たな記録を打ち立てた。中央学大の吉田も1時間0分31秒と山野の記録を上回った。

また、駒大勢では箱根5区で活躍したルーキーの山川拓馬も、1時間1分36秒の好タイムで12位と健闘した。

広告の下にコンテンツが続きます

篠原は箱根駅伝3区区間2位と力走を見せた後、急遽出場が決まった全国都道府県対抗男子駅伝(1月22日/広島)でも3区区間5位と快走が続く。

「都道府県駅伝は急遽だったので調整はしなかったのですが、今回は1週間前に30km走をやって、そこから(練習量を)落として臨みました」と篠原。これまではケガも多かったが、連戦をきちっとこなし、高いレベルで安定した結果を残している。

「これから合宿があるので、もう1回しっかりと力をつけて、3月の学生ハーフでワールドユニバーシティゲームズの日本代表を獲れるように頑張っていきたいです」と次の目標を口にする。

3月の日本学生ハーフでは吉田とも再び勝負することになる。日本人学生最高記録保持者として、今度は学生日本一の称号を狙いにいく。

広告の下にコンテンツが続きます

文/福本ケイヤ

今年の箱根駅伝を制した駒大からまた一人、新たなヒーローが誕生した。2年生の篠原倖太朗が香川丸亀国際ハーフマラソンで5位(日本人2位)に入り、1時間0分11秒の好記録をマーク。昨年2月に先輩の山野力が打ち立てた日本人学生最高記録を、わずか1年で塗り替えた。 「もともと(日本人)学生最高記録を狙っていたので、今回出すことができてシンプルにうれしいです」。篠原にとっては、狙い通りの快走だった。 アレクサンダー・ムティソ(ケニア/NDソフトAC)が牽引し、5kmを14分08秒、10kmを28分4秒とハイペースで進むと、10kmの時点で先頭集団は早くも6人に絞られた。そのうち、日本人は、太田智樹(トヨタ自動車)、吉田礼志(中央学大)、そして篠原の3人。篠原は集団の後方に位置取った。 吉田は拓大紅陵高、篠原は富里高とともに千葉県の高校出身で、同学年の2人は高校時代から競り合ってきた間柄。互いに意識しながら、レースを進めていた。 「走りの特徴とかもわかっているし、後ろから見ていても、(吉田は)全然汗をかいていなかったので、余裕があるなと思っていました。結構不気味でしたね」(篠原) 「自分が前にいましたが、篠原君が離れることはないだろうと思っていたので、ちょっと怖かったです」(吉田) 外国人勢の先頭集団には13km過ぎに離されたものの、15km通過は42分18秒と、日本人学生最高記録どころか、依然として日本記録(1時間0分00秒)を狙えるスプリットタイムを刻んでいた。 18kmを前に吉田が遅れ、学生トップ争いはここで決着。だが、18km過ぎには篠原も太田に遅れをとり、日本人トップの座は逃した。 「あそこまで来たら日本人で1番を取りたかったです。最後は詰めの甘さが出てしまいました」と悔やんだものの、最後まで粘りを見せ、太田に3秒差にまで迫ってフィニッシュ。そして、山野が持っていた日本人学生最高記録を29秒も上回り、新たな記録を打ち立てた。中央学大の吉田も1時間0分31秒と山野の記録を上回った。 また、駒大勢では箱根5区で活躍したルーキーの山川拓馬も、1時間1分36秒の好タイムで12位と健闘した。 篠原は箱根駅伝3区区間2位と力走を見せた後、急遽出場が決まった全国都道府県対抗男子駅伝(1月22日/広島)でも3区区間5位と快走が続く。 「都道府県駅伝は急遽だったので調整はしなかったのですが、今回は1週間前に30km走をやって、そこから(練習量を)落として臨みました」と篠原。これまではケガも多かったが、連戦をきちっとこなし、高いレベルで安定した結果を残している。 「これから合宿があるので、もう1回しっかりと力をつけて、3月の学生ハーフでワールドユニバーシティゲームズの日本代表を獲れるように頑張っていきたいです」と次の目標を口にする。 3月の日本学生ハーフでは吉田とも再び勝負することになる。日本人学生最高記録保持者として、今度は学生日本一の称号を狙いにいく。 文/福本ケイヤ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top