HOME 国内

2023.02.06

「中途半端なところで終わってしまった」積極レースの太田智樹は日本歴代3位のタイムも納得せず /丸亀ハーフ
「中途半端なところで終わってしまった」積極レースの太田智樹は日本歴代3位のタイムも納得せず /丸亀ハーフ

23年丸亀ハーフで日本歴代3位となる1時間0分08秒で4位に入った太田智樹

スタート時の天候は快晴。気温は11.8度、東北東の風1.2m/sと、絶好のコンディションのなか、香川丸亀国際ハーフマラソンが3年ぶりに開催された。

「冬のレースで一番の目標がこのレースで日本記録を出すこと。ここに懸けてきた」

そう話す太田智樹(トヨタ自動車)は、3年前に小椋裕介(ヤクルト)がこの大会で樹立した日本記録(1時間0分00秒)を上回るハイペースを刻んだ。丸亀は初出場だが、あえてコースの下見はしなかったという。「何も知らない状態で臨み、いろいろとチャレンジしようと思っていた」と、世界歴代4位(57分59秒)の記録を持つアレクサンダー・ムティソ(ケニア/NDソフト)らのハイペースに果敢に挑んだ。

「ムティソ選手が明らかに格上でハイペースで行くと予想していたので、ついていけるところまでついていこうという考えでした」と、5kmの通過は14分08秒、10kmは28分05秒と、5~10kmの5kmを13分台にまでペースアップしても、篠原倖太朗(駒大)、吉田礼志(中央学大)とともに食らいつく。

比較的平坦な高速コースで知られる丸亀ハーフだが、12kmから13kmにかけてはアップダウンがある。太田ら日本人勢がトップ集団に遅れをとったのは、アップダウンを越えた13km過ぎだった。

「後半きつくなってからどれだけ粘れるかを考えていたが、アップダウンで脚に余裕がなくなった。ラップタイムだけ見れば、正直付いていけないタイムではなかったと思うので、そこをついていれば、もう少し変わった展開が待っていたかなと思う」

15kmの通過は42分18秒と、先頭集団からは12秒遅れた。それでも、この時点では小椋の日本記録より21秒も速かった。しかし、そこからペースダウン。20kmは56分55秒と小椋のスプリットタイムと同じに。日本記録更新はラスト1.0975kmの走りに懸かっていたが、惜しくも届かず。1時間0分08秒でレースを終えた。

「日本記録を出すか、大きく失速するか、どっちかにしたかったんですけど、中途半端なところで終わってしまった。あとちょっと頑張ればよかったという後悔がすごく残っています」と、目標の日本記録とはならず、太田は悔しさを露わにした。

それでも、日本歴代3位の好記録で、日本人トップの4位。ニューイヤー駅伝では3区で、東京五輪代表の大迫傑(Nike/GMOインターネットグループ)に競り勝つ勝負強さを見せており、その力強い走りを丸亀でも披露した。

「徐々に力は付いてきていると思うけど、苦しいところで一歩下がってしまった。あそこでもうちょっと前に行ければ記録更新もあった。まだまだ弱いので、改善しながら、さらに上を目指していきたい」

反省ばかりが口をついて出るのは、まだまだ成長できる実感があるからだろう。

今後は2月26日の大阪マラソンでペースメーカーを務めた後、トラックシーズンに移行していく。そして、今夏の世界選手権、来年のパリ五輪は10000mで代表をつかみにいく予定だ。

文/福本ケイヤ

スタート時の天候は快晴。気温は11.8度、東北東の風1.2m/sと、絶好のコンディションのなか、香川丸亀国際ハーフマラソンが3年ぶりに開催された。 「冬のレースで一番の目標がこのレースで日本記録を出すこと。ここに懸けてきた」 そう話す太田智樹(トヨタ自動車)は、3年前に小椋裕介(ヤクルト)がこの大会で樹立した日本記録(1時間0分00秒)を上回るハイペースを刻んだ。丸亀は初出場だが、あえてコースの下見はしなかったという。「何も知らない状態で臨み、いろいろとチャレンジしようと思っていた」と、世界歴代4位(57分59秒)の記録を持つアレクサンダー・ムティソ(ケニア/NDソフト)らのハイペースに果敢に挑んだ。 「ムティソ選手が明らかに格上でハイペースで行くと予想していたので、ついていけるところまでついていこうという考えでした」と、5kmの通過は14分08秒、10kmは28分05秒と、5~10kmの5kmを13分台にまでペースアップしても、篠原倖太朗(駒大)、吉田礼志(中央学大)とともに食らいつく。 比較的平坦な高速コースで知られる丸亀ハーフだが、12kmから13kmにかけてはアップダウンがある。太田ら日本人勢がトップ集団に遅れをとったのは、アップダウンを越えた13km過ぎだった。 「後半きつくなってからどれだけ粘れるかを考えていたが、アップダウンで脚に余裕がなくなった。ラップタイムだけ見れば、正直付いていけないタイムではなかったと思うので、そこをついていれば、もう少し変わった展開が待っていたかなと思う」 15kmの通過は42分18秒と、先頭集団からは12秒遅れた。それでも、この時点では小椋の日本記録より21秒も速かった。しかし、そこからペースダウン。20kmは56分55秒と小椋のスプリットタイムと同じに。日本記録更新はラスト1.0975kmの走りに懸かっていたが、惜しくも届かず。1時間0分08秒でレースを終えた。 「日本記録を出すか、大きく失速するか、どっちかにしたかったんですけど、中途半端なところで終わってしまった。あとちょっと頑張ればよかったという後悔がすごく残っています」と、目標の日本記録とはならず、太田は悔しさを露わにした。 それでも、日本歴代3位の好記録で、日本人トップの4位。ニューイヤー駅伝では3区で、東京五輪代表の大迫傑(Nike/GMOインターネットグループ)に競り勝つ勝負強さを見せており、その力強い走りを丸亀でも披露した。 「徐々に力は付いてきていると思うけど、苦しいところで一歩下がってしまった。あそこでもうちょっと前に行ければ記録更新もあった。まだまだ弱いので、改善しながら、さらに上を目指していきたい」 反省ばかりが口をついて出るのは、まだまだ成長できる実感があるからだろう。 今後は2月26日の大阪マラソンでペースメーカーを務めた後、トラックシーズンに移行していく。そして、今夏の世界選手権、来年のパリ五輪は10000mで代表をつかみにいく予定だ。 文/福本ケイヤ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top