HOME 駅伝

2022.12.12

ニューイヤー駅伝のエントリー選手発表!連覇狙うHondaは伊藤、青木ら、GMO大迫傑も登録 富士通・鈴木&中村、旭化成・相澤らは外れる
ニューイヤー駅伝のエントリー選手発表!連覇狙うHondaは伊藤、青木ら、GMO大迫傑も登録 富士通・鈴木&中村、旭化成・相澤らは外れる

ニューイヤー駅伝 前回大会スタートの様子

来年1月1日に行われる第67回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)のエントリー選手が発表された。

連覇が懸かるHondaは東京五輪&オレゴン世界選手権代表の伊藤達彦、青木涼真が順当に登録。また、2年ぶりVを狙う富士通は松枝博輝、坂東悠汰といった東京五輪代表がエントリーされた一方、マラソン日本記録保持者の鈴木健吾と同東京五輪代表の中村匠吾は外れている。

4年連続4回目の出場となるGMOインターネットグループは、参画が発表された大迫傑(Nike)や、村山紘太、吉田祐也らがしっかりエントリーされている。大迫は出場となれば日清食品グループ時代の2015年以来となる。

台風の目になりそうな黒崎播磨は、細谷恭平や兄弟の田村友佑・友伸らが登録。旭化成は10000m日本記録保持者で東京五輪代表の相澤晃がエントリーから外れた。鎧坂哲哉、市田兄弟(孝・宏)、Hondaから移籍加入の土方英和らで頂点を狙う。

トヨタ自動車の服部勇馬、SGホールディングスの佐藤悠基、住友電工の遠藤日向、三菱重工の井上大仁ら有力ランナーも登録されている。

ニューイヤー駅伝は群馬県庁発着の7区間100kmのコースで行われる。

次のページ 全日本実業団対抗駅伝エントリー選手【1】

来年1月1日に行われる第67回全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)のエントリー選手が発表された。 連覇が懸かるHondaは東京五輪&オレゴン世界選手権代表の伊藤達彦、青木涼真が順当に登録。また、2年ぶりVを狙う富士通は松枝博輝、坂東悠汰といった東京五輪代表がエントリーされた一方、マラソン日本記録保持者の鈴木健吾と同東京五輪代表の中村匠吾は外れている。 4年連続4回目の出場となるGMOインターネットグループは、参画が発表された大迫傑(Nike)や、村山紘太、吉田祐也らがしっかりエントリーされている。大迫は出場となれば日清食品グループ時代の2015年以来となる。 台風の目になりそうな黒崎播磨は、細谷恭平や兄弟の田村友佑・友伸らが登録。旭化成は10000m日本記録保持者で東京五輪代表の相澤晃がエントリーから外れた。鎧坂哲哉、市田兄弟(孝・宏)、Hondaから移籍加入の土方英和らで頂点を狙う。 トヨタ自動車の服部勇馬、SGホールディングスの佐藤悠基、住友電工の遠藤日向、三菱重工の井上大仁ら有力ランナーも登録されている。 ニューイヤー駅伝は群馬県庁発着の7区間100kmのコースで行われる。 次のページ 全日本実業団対抗駅伝エントリー選手【1】
【東日本】 ・富士通 松枝博輝、横手健、潰滝大記、坂東悠汰、塩尻和也、浦野雄平、中村大成、塩澤稀夕、椎野修羅、飯田貴之、中村風馬、キメリ・べナード ・Honda 設楽悠太、田口雅也、松村優樹、木村慎、小山直城、中山顕、青木涼真、伊藤達彦、川瀬翔矢、小袖英人、森凪也、ジャスティス・ソゲット ・日立物流 設楽啓太、浅岡満憲、牟田祐樹、栃木渡、前田将太、永戸聖、小松陽平、越川堅太、リチャード・キムニャン、横山徹 ・ヤクルト 高宮祐樹、髙久龍、小椋裕介、武田凜太郎、スタンネリー・ワイザカ、奈良凌介、荻久保寛也、中村大聖、髙橋翔也、吉川洋次(※吉は土に口)、鎌田航生、太田直希 ・サンベルクス 山下侑哉、岡本雄大、桃澤大祐、髙木登志夫、折居卓哉、三田眞司、山本大貴、渡邉奏太、菊地海斗、田辺佑典、市村朋樹、サムソン・ディラング ・GMOインターネットグループ 大迫傑、倉田翔平、村山紘太、橋本崚、渡邉利典、一色恭志、下田裕太、林奎介、森田歩希、吉田祐也、今江勇人、ギデオン・ロノ ・SUBARU 小山司、口町亮、照井明人、森田佳祐、梶谷瑠哉、清水歓太、鈴木勝彦、川田裕也、真船恭輔、栗原啓吾、長田駿佑、キプランガット・ベンソン ・Kao 青木優、矢野圭吾、文元慧、木津晶夫、平和真、鈴木祐希、マサイ・サムウェル、物江雄利、長谷川柊、池田耀平、大畑怜士、杉山魁声 ・JR東日本 片西景、米井翔也、三須健乃介、ポール ・クイラ、其田健也、武藤健太、作田直也、作田将希、宍倉健浩、曽根雅文、竹井祐貴 ・コニカミノルタ 相沢悠斗、伊勢翔吾、大山憲明、川口慧、砂岡拓磨、名取燎太、蜂須賀源、星岳、宮下隼人、米満怜、島貫温太、ジェームス・ムオキ ・コモディイイダ 木田貴大、金子晃裕、黒田雄紀、松村陣之助、大久保陸人、青木雄貴、小林宏輔、稲田翔威、横田佳介、金子元気、アレックス・キプチルチル、工藤颯 ・埼玉医科大学グループ 山口弘晃、内田健太、島田匠海、長山瑞季、ワンブア・タイタス、石綿宏人、畝歩夢、木榑杏祐、松井尚希、橋口大希、吉田光汰、池田紀保 【中部】 ・トヨタ自動車 大石港与、田中秀幸、松本稜、宮脇千博、服部勇馬、西山雄介、丸山竜也、安井雄一、太田智樹、佐藤敏也、西山和弥、アレックス・チェロノ ・トヨタ紡織 大池達也、西山凌平、 聞谷賢人、蟹沢淳平、河村知樹、小野田勇次、下史典、 山田滉介、羽生拓矢、小野寺悠、服部大暉、エバンス・ケイタニー ・NTN 小山陽平、齋田直輝、櫻岡駿、坂田昌駿、辻野恭哉、峐下拓斗、小森稜太、水野裕司、源裕貴、横澤清己、カマウ・チャールズ・カランジャ ・愛知製鋼 松村和樹、寺内將人、秋山清仁、坂本佳太、角出龍哉、佐々木守、内藤圭太、 山田泰史、吉原遼太郎、真砂春希、市川繁貴、マチャリア・ディラング ・愛三工業 山口浩勢、石川裕之、藤井寛之、中西玄気、鈴木洋平、東瑞基、富安央、木村理来、梶川 由稀、西方大珠、フィレモン・キプラガット ・トーエネック 河合代二、小山裕太、竹内大地、中西亮貴、髙畑祐樹、河村一輝、難波天、河合拓巳、野口雄大、蝦夷森章太 ・中央発條 三輪晋大朗、竹内颯、吉岡幸輝、矢嶋謙悟、冨田直樹、原嶋渓、樋口大介、瀬戸祐希、米田智哉、山本芳弘、サイディムサイモン・ムシオ 【北陸】 ・YKK 山田直弘、細森大輔、鈴木大貴、阿部涼、森山真伍、内田光、吉井龍太郎、小島優作、荻原陸斗、丸山幸輝、藤平義仁、ニコラス・コシンベイ 次のページ 全日本実業団対抗駅伝エントリー選手【2】
【関西】 ・NTT西日本 竹ノ内佳樹、小松巧弥、服部弾馬、城越勇星、山本翔馬、大塚倭、松尾淳之介、パトリック・ワンブィ、石井優樹、小林歩、北﨑拓矢、呑村大樹 ・SGホールディングス 佐藤悠基、橋爪孝安、戸田雅稀、川端千都、湯澤舜、三上嵩斗、鈴木塁人、平田幸四郎、今西駿介、中谷雄飛、橋本大輝、アンティパス・キベット ・大塚製薬 上村和生、松本葵、野田一貴、上門大祐、秦将吾、國行麗生、岩佐壱誠、清水颯大、相馬 崇史、橋本尚斗、金橋佳佑、宮木快盛 ・住友電工 伊藤和麻、熊谷拓馬、高田康暉、村本一樹、遠藤日向、田村和希、中村祐紀、阿部弘輝、西川雄一朗、岩見秀哉、吉田圭太、加藤淳 ・大阪ガス 今﨑俊樹、廣瀨大貴、辻横浩輝、籔下響大、岩﨑祐也、野中優志、辻村公佑、坂東剛、中村友哉、西研人、井上大輝、髙畑凌太 【中国】 ・中国電力(31年連続31回目、優勝2回) 岡本直己、清谷匠、兼実省伍、藤川拓也、森宗渚、中島大就、山口和也、池田勘汰、大森 太楽、菊地駿弥、三上雄太、コスマス・ムワンギ ・中電工 相葉直紀、松尾修治、二岡康平、畑中大輝、東優汰、岡原仁志、野田一輝、尾関大成、三ッ星翔、小林海葵、井上亮真、アモス・クルガト ・マツダ 山本憲二、延藤潤、大隅裕介、山本雄大、寺西雅俊、向晃平、有馬圭哉、定方駿、臼井健太、原田宗広、小林青、モソップ・ヒラリー ・JFFスチール 斉藤翔太、堤悠生、岩田拓海、風岡永吉、大森樹、川平浩之、上坂優太、今西洸斗、岩崎大洋、兒玉陸斗、寺嶌渓一、キプケメイ・エバンス 【九州】 ・黒崎播磨 坪内淳一、吉元真司、細谷恭平、土井大輔、田村友佑、長倉奨美、小田部真也、中村優吾、中村駿吾、田村友伸、中島阿廉、シトニック・キプロノ ・九電工 舟津彰馬、赤﨑暁、窪田忍、中村信一郎、大塚祥平、安田共貴、伊東颯汰、原富慶季、ベナード・コエチ、住吉秀昭、東遊馬、堀尾謙介 ・トヨタ自動車九州 大津顕杜、坂本大志、今井篤弥、藤曲寛人、改木悠真、大城義己、右田綺羅、山口賢助、牧瀬圭斗、横田玖磨、河野琉威、アントニー・マイナ ・安川電機 北島寿典、古賀淳紫、加藤風磨、大畑和真、山口晟弥、山瀬大成、江口大雅、岡田浩平、鈴木雄太、新郷幸聖、ワルデ・ツファ、合田椋 ・旭化成 鎧坂哲哉、市田孝、市田宏、大六野秀畝、村山謙太、茂木圭次郎、今井崇人、土方英和、齋藤椋、小野知大、鈴木聖人、キプランガット・デービス ・三菱重工 的野遼大、定方俊樹、目良隼人、井上大仁、吉田裕晟、江島崚太、山下一貴、林田洋翔、吉岡遼人、近藤亮太、キプランガット・エマヌエル、栗原卓也 ・西鉄 久保和馬、甲斐翔太、大保海士、東森拓、古賀裕樹、和田照也、河東寛大、山口武、津田将希、吉冨裕太、ニクソン・レシア ・戸上電機製作所 渡邊太陽、北村宙夢、サイモン・カリウキ、大坪桂一郎、金丸逸樹、山根昂希、岩室天輝、吉山侑佑、西野湧人、三代和弥、上田大樹、平敏治

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.15

女子800m衝撃の日本新1分59秒93!久保凛が激走振り返る「タイマーを見たら2分を切れそうだったので、最後は気持ちで走った」

日本の歴史と文化の発祥の地でもある橿原で歴史が動いた。日本女子中距離界の新時代突入を告げる衝撃のレースだった。 7月15日に行われた関西学連第1回長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)が快走。同 […]

NEWS 女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

2024.07.15

女子400mH・ボルが50秒95!史上2人目の50秒台突入、パリ五輪でのマクローリン・レヴロンとの対決に弾み

7月14日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・チャレンジャー大会のレシスプリント国際がラ・ショー・ド・フォン(スイス)で開催され、女子400mハードルではオレゴン世界選手権金メダルのF.ボル(オランダ)が50秒95の […]

NEWS サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

2024.07.15

サニブラウンが10秒20!イタリアでチームメイトのジェイコブス、デグラス、謝震業とパリ五輪前調整レースに出場

7月14日、イタリア・リエティで行われた競技会の男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場し、10秒20(+0.9)で4位だった。 同レースには練習拠点とするタンブルウィードTCのチームメイトとともに参 […]

NEWS 清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

2024.07.15

清水空跳が衝撃の10秒26!石川県国スポ予選で高1初の10秒2台、高校歴代9位、U18今季世界リスト2位

7月15日に行われた石川県国三スポーツ大会予選会の男子少年B100mで、清水空跳(星稜高1)が10秒26(+1.9)で優勝した。高校1年生としては初の10秒2台に突入する快記録で、高校歴代でも9位にランクインした。 予選 […]

NEWS 久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

2024.07.15

久保凛1分59秒93の日本新!!女子800mで日本人初の1分台に突入!

7月15日に行われた長距離強化記録会の女子800mで、久保凛(東大阪大敬愛2大阪)が快挙を達成。同種目日本人女子初の2分切りとなる1分59秒93をマークした。 従来の日本記録は杉森美保が2005年の日本選手権で作った2分 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top