【トピックス】 アシックスが新コンセプトシューズ「METASPRINT(メタスプリント)」と 「METARACER(メタレーサー)」を発表

【トピックス】
アシックスが新コンセプトシューズ
「METASPRINT(メタスプリント)」と
「METARACER(メタレーサー)」を発表

「エネルギーロスの減少」にこだわったトップモデル

アシックスは3月31日、スパイクピンのないスプリントレース用シューズ「METASPRINT(メタスプリント)TOKYO」と、走行効率を高めた構造を採用した長距離レース用シューズ「METARACER(メタレーサー)TOKYO」を発表した。発売開始は4月17日で、価格はメタスプリントが36,000円、メタレーサーが20,000円(ともに税別)。
どちらもトップ選手の使用を前提に、走行時の「ロスをなくす」ための画期的なテクノロジーが搭載されている。アシックスの長年にわたる研究の成果は、最新シューズにどのようなかたちで反映されたのだろうか。

<5月22日追記>
※発売が延期されました。6月12日(金)にオンラインストアと一部店舗で先行販売を開始し、一般販売は6月26日(金)です


スパイクピンのないスプリントレース用シューズ「METASPRINT(メタスプリント)TOKYO」

長距離レース用シューズ「METARACER(メタレーサー)TOKYO」

ピンのないスプリントシューズ「メタスプリント」
検証実験ではタイムが100m換算0.048秒短縮

メタスプリントは、従来型のスパイクシューズでは「ピンが地面に刺さる感覚がある」というアスリートの声をきっかけに、2015年夏から開発がスタートした。ピンがトラックに刺さって抜ける、というスパイクとして当たり前の動作さえも「ロス」と捉え、それを打開する方法を探ったのだ。

開発初期の段階で、靴底にあるプレートがカーボン素材であれば、ピンを使わなくともグリップ力の高いシューズが作れることが判明し、コンピュータ上で計算をしながらデザインを決めていったという。

カーボン素材をベースとしたプレートには、ピンの代わりにハニカム構造の突起が無数に設けられている。突起は走行時の力のかかり方に合わせてさまざまな角度が存在し、地面を「点」ではなく「線」でとらえるという着想だ。これによって接地時のロスを減らし、タイムの短縮を狙っている。また、ピンをなくすことで片足約136g(26.0cm)と軽量化にも成功した。

ハニカム構造の突起で地面をグリップする
アシックスのスパイクシューズ「SONICSPRINT ELITE(ソニックスプリントエリート)」との比較実験では、メタスプリントを履いた場合は1秒あたり6.7cm前に進めるという。100m換算では0.048秒縮まる計算だ。スプリント種目は100分の1秒単位で勝負が決まることも珍しくないため、この数字は決して小さいものではないだろう。

スパイクとの比較実験では、メタスプリントを履いた場合はタイムが平均で0.67%縮まるという結果が出た

昨年8月には男子100m前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)がこの「メタスプリント」のプロトタイプを使用し、100mで10秒05(+0.9)をマークしている。桐生は「僕の走法であるフラット接地に即していて、今はピンレスのほうが自然です」とコメント。ピンがなくても走れることはトップアスリートがすでに証明している。

アシックス執行役員兼アシックススポーツ工学研究所の原野健一所長は「研究成果を目の当たりにするにつれ、アシックス史上革新的な陸上スプリントシューズになり得ることを確信しました」と自信を見せる。

足首周りの負担を約20%軽減する「メタレーサー」

一方のメタレーサーは「GUIDESOLE(ガイドソール)」という走行効率を高めるソール構造を搭載。昨年2月に発売された「METARIDE(メタライド)」などがすでにこのテクノロジーを導入しているが、トップ選手向けレース用シューズでは初採用となる。

アシックスが「走行時のロスを減らす」というコンセプトでランニングシューズを構造から見直す研究を始めたのは2014年。その第1弾として19年2月にメタライドを発売し、その後は9月に「GLIDERIDE(グライドライド)」、今年2月に「EVORIDE(エボライド)」と初級者向けモデルから徐々にターゲット層を上げていき、このたびトップモデルのメタレーサーを完成させた。

アシックスの研究によれば、走行時は足首が屈曲することでエネルギーを消耗している。そこで、厚みのあるミッドソールの前足部に傾斜と高低差を設けることで、蹴り出しの際の足首の角度変化を抑え、エネルギーを温存できる構造とした。この「ガイドソール」のメカニズムによって足首周りの負担は約20%軽減されるという。

厚みのあるミッドソールの前足部に傾斜と高低差が設けられている

さらに、メタレーサーはミッドソールにカーボンプレートを内蔵。プレートによってソールの変形を抑え、反発力を高めている。ガイドソールとカーボンプレートを組み合わせたシューズはメタレーサーが初めてだ。

また、ミッドソールの素材は軽量性と反発性を両立した「FLYTEFORM(フライトフォーム)」で、重さは片足約190g(27.0cm)。並行して展開している薄底のレース用モデルよりは若干重いものの、ソールの厚さを考えると極限まで無駄をそぎ落とした結果と言える。

3月の東京マラソンではメタレーサーを履いた大石港与(トヨタ自動車)が自己記録を1分47秒短縮する2時間8分52秒をマーク。正月の駅伝でも一部の選手がプロトタイプを着用しており、なかにはトラックの10000mの自己記録とほぼ同じペースで起伏のある20km超の区間を走り切った選手もいた。これらの結果はアスリートの努力の賜物だが、シューズがそれをアシストした可能性は十分にあるだろう。

女子選手でも昨年のシカゴ・マラソンで2時間25分27秒の自己新をマークして4位に入ったエマ・ベイツ(米国)が愛用。「着用したレースの後半、いつもより疲労感が少ないことに気づきました。特に、太腿の前側がいつもより疲れていませんでした」と話している。

メタスプリントとメタレーサーに共通するのは「ロスをなくす」こと。どちらもアシックスが長年蓄積したノウハウとテクノロジーをベースに、新たな発想でチャレンジしたことから生まれたプロダクトだ。この2020年に登場した「METAシリーズ」が、今後は陸上界の新たなスタンダードになるかもしれない。

文/山本慎一郎
【PR】

<関連記事>
【アイテム紹介】アシックスの厚底シューズ「GLIDERIDE」を体験
SUNRISE RED(アシックス公式サイトの紹介ページ)