HOME 国内

2022.10.29

橋岡優輝が川崎フロンターレ・コラボイベントに参加 走幅跳の魅力伝え「まずは競技を認知してもらうのが大切」
橋岡優輝が川崎フロンターレ・コラボイベントに参加 走幅跳の魅力伝え「まずは競技を認知してもらうのが大切」

明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレのホーム最終戦となる10月29日の第33節ヴィッセル神戸戦の試合前に、陸上とコラボしたイベントとなる等々力緑地PRイベント「Rick&Joe~フロンターレ新感覚 陸上コラボイベント」が等々力補助陸上競技場周辺で開催された。

イベントにはオリンピアン・パラリンピアンをはじめ、総勢50人にのぼる陸上選手・関係者が集結。陸上教室や体験会、トークショーなどさまざまな催しが企画され、フロンターレのサポーターはもちろん、陸上ファンも訪れた。

男子走幅跳で東京五輪6位入賞の橋岡優輝(富士通)もイベントに参加。川崎フロンターレのGKチョン・ソンリョンの身長分(191cm)をどれだけ跳べるかチャレンジする「走りソンリョン幅跳び」の特別コーチとなり、「8m教室の横幅くらい」と説明したり、「ダンクをするイメージで」などアドバイスを送ったりしていた。

橋岡は「走幅跳を他の競技の人に知ってもらえる機会になりました。楽しかったです」と貴重なイベントに笑顔。従兄弟がサッカー選手(橋岡大樹/シント=トロイデン)ということもあり何度か応援にも駆けつけている橋岡は、「サッカーの集客力はすごい。陸上だけだとなかなか難しいので、まずは競技を認知してもらうことが大切」と話し、「他競技や駅伝の力をうまく連携していければ」と語った。

このイベントは川崎フロンターレのタウンコミュニケーション事業部・天野春果部長とTWOLAPS TCの横田真人氏が仕掛けたもの。まさに体感型の『新感覚』イベントとなった。関連会社でもある富士通の選手たちを中心に、山縣亮太(セイコー)、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、駒大の大八木弘明監督、駿河台大駅伝部など多くの陸上関係者が参加した。

キックオフセレモニーには男子20km競歩世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)が、ハーフタイムには山縣と卜部蘭(積水化学)、東京五輪代表の佐藤拳太郎(同)、柏原竜二さんが登場し、小学生とリレー対決で満員のスタンドを盛り上げた。その勢いに乗って試合は2対1で川崎フロンターレが勝利を収めた。

明治安田生命J1リーグ・川崎フロンターレのホーム最終戦となる10月29日の第33節ヴィッセル神戸戦の試合前に、陸上とコラボしたイベントとなる等々力緑地PRイベント「Rick&Joe~フロンターレ新感覚 陸上コラボイベント」が等々力補助陸上競技場周辺で開催された。 イベントにはオリンピアン・パラリンピアンをはじめ、総勢50人にのぼる陸上選手・関係者が集結。陸上教室や体験会、トークショーなどさまざまな催しが企画され、フロンターレのサポーターはもちろん、陸上ファンも訪れた。 男子走幅跳で東京五輪6位入賞の橋岡優輝(富士通)もイベントに参加。川崎フロンターレのGKチョン・ソンリョンの身長分(191cm)をどれだけ跳べるかチャレンジする「走りソンリョン幅跳び」の特別コーチとなり、「8m教室の横幅くらい」と説明したり、「ダンクをするイメージで」などアドバイスを送ったりしていた。 橋岡は「走幅跳を他の競技の人に知ってもらえる機会になりました。楽しかったです」と貴重なイベントに笑顔。従兄弟がサッカー選手(橋岡大樹/シント=トロイデン)ということもあり何度か応援にも駆けつけている橋岡は、「サッカーの集客力はすごい。陸上だけだとなかなか難しいので、まずは競技を認知してもらうことが大切」と話し、「他競技や駅伝の力をうまく連携していければ」と語った。 このイベントは川崎フロンターレのタウンコミュニケーション事業部・天野春果部長とTWOLAPS TCの横田真人氏が仕掛けたもの。まさに体感型の『新感覚』イベントとなった。関連会社でもある富士通の選手たちを中心に、山縣亮太(セイコー)、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、駒大の大八木弘明監督、駿河台大駅伝部など多くの陸上関係者が参加した。 キックオフセレモニーには男子20km競歩世界記録保持者の鈴木雄介(富士通)が、ハーフタイムには山縣と卜部蘭(積水化学)、東京五輪代表の佐藤拳太郎(同)、柏原竜二さんが登場し、小学生とリレー対決で満員のスタンドを盛り上げた。その勢いに乗って試合は2対1で川崎フロンターレが勝利を収めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【高校生FOCUS】男子走幅跳・成川倭士(東海大翔洋高)インターハイに出場して狙うは大台到達

FOCUS! 高校生INTERVIEW 成川 倭士 Narukawa Wakushi 東海大翔洋高3静岡 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は成川倭士選手(東海大翔洋高3)です。昨年6月のインター […]

NEWS 円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top