HOME 国内

2022.10.22

田中希実が5km&1マイルに出場! 「The Fst in Fukuoka」の招待選手発表 11月に福岡・大濠公園で開催
田中希実が5km&1マイルに出場! 「The Fst in Fukuoka」の招待選手発表 11月に福岡・大濠公園で開催

田中希実(豊田自動織機)


11月12日に福岡市の大濠公園で行われる「The Fst in Fukuoka」(ザ・ファースト・イン・フクオカ)の招待選手が発表された。

女子5kmと1マイルには東京五輪1500m8位の田中希実(豊田自動織機)がエントリー。レースは公認コースで行われ、ロードでの1マイルの公認レースは日本初開催となる。今大会の結果は世界選手権の出場資格につながるワールドランキングにも反映されるため、記録と順位を狙った白熱したレースが期待される。男子ではオレゴン世界選手権5000m代表の遠藤日向(住友電工)が出場。ロードでの日本記録更新を目指す。

このほか、海外からも有力選手がエントリーし、昨年の東京五輪男子1500m7位のS.マクスウィン(豪州)や、オレゴン世界選手権女子1500m9位のG.グリフィス(豪州)など、世界のトップランナーが福岡の街を駆け抜ける。

「The Fst in Fukuoka」は東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(Nike)が代表取締役を務める「株式会社I」によるプロジェクトで、「アスリートの可能性を拓き、アスリートが地域の可能性を拓く」がコンセプトによる取り組みの一環。大迫は大会の会長として新しい形のロードレース大会を企画、運営にあたる。今大会は「2007年10月以来日本記録が更新されていない5km競技において世界に並ぶ選手を輩出すること、ならびに中距離選手に活躍の場を提供すること」が目的とし、エリート枠には約500万円にのぼる賞金も用意されている。

また、大会では出場選手支援ためのクラウドファンディングも実施。リターンとして大迫とともにランニングを行える権利や、出場選手のサイン入りオリジナルTシャツなどが用意されている。

大会サイト
クラウドファンディングサイト

■「The Fst in Fukuoka」の主なエントリー選手
●女子1マイル
田中希実(豊田自動織機)
G.グリフィス(豪州)
後藤 夢(豊田自動織機)
正司瑠奈(環太平洋大)
●男子1マイル
S.マクスウィン(豪州)
C.エンゲルス(米国)
飯澤千翔(東海大)
館澤亨次(横浜DeNA)
飯島陸斗(阿見AC)
●女子5km
T.ムッソーニ(ケニア/ダイソー)
M.レベッカ(ケニア/ダイソー)
田中希実(豊田自動織機)
O.D.ニャボケ(ユー・エス・イー)
●男子5km
I.エディマ(ケニア)
遠藤日向(住友電工)
B.コエチ(ケニア/九電工)
S.キプロノ(ケニア/黒崎播磨)
J.ルンガル(ケニア/中央発條)
鈴木塁人(SGホールディングス)

11月12日に福岡市の大濠公園で行われる「The Fst in Fukuoka」(ザ・ファースト・イン・フクオカ)の招待選手が発表された。 女子5kmと1マイルには東京五輪1500m8位の田中希実(豊田自動織機)がエントリー。レースは公認コースで行われ、ロードでの1マイルの公認レースは日本初開催となる。今大会の結果は世界選手権の出場資格につながるワールドランキングにも反映されるため、記録と順位を狙った白熱したレースが期待される。男子ではオレゴン世界選手権5000m代表の遠藤日向(住友電工)が出場。ロードでの日本記録更新を目指す。 このほか、海外からも有力選手がエントリーし、昨年の東京五輪男子1500m7位のS.マクスウィン(豪州)や、オレゴン世界選手権女子1500m9位のG.グリフィス(豪州)など、世界のトップランナーが福岡の街を駆け抜ける。 「The Fst in Fukuoka」は東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(Nike)が代表取締役を務める「株式会社I」によるプロジェクトで、「アスリートの可能性を拓き、アスリートが地域の可能性を拓く」がコンセプトによる取り組みの一環。大迫は大会の会長として新しい形のロードレース大会を企画、運営にあたる。今大会は「2007年10月以来日本記録が更新されていない5km競技において世界に並ぶ選手を輩出すること、ならびに中距離選手に活躍の場を提供すること」が目的とし、エリート枠には約500万円にのぼる賞金も用意されている。 また、大会では出場選手支援ためのクラウドファンディングも実施。リターンとして大迫とともにランニングを行える権利や、出場選手のサイン入りオリジナルTシャツなどが用意されている。 大会サイト クラウドファンディングサイト ■「The Fst in Fukuoka」の主なエントリー選手 ●女子1マイル 田中希実(豊田自動織機) G.グリフィス(豪州) 後藤 夢(豊田自動織機) 正司瑠奈(環太平洋大) ●男子1マイル S.マクスウィン(豪州) C.エンゲルス(米国) 飯澤千翔(東海大) 館澤亨次(横浜DeNA) 飯島陸斗(阿見AC) ●女子5km T.ムッソーニ(ケニア/ダイソー) M.レベッカ(ケニア/ダイソー) 田中希実(豊田自動織機) O.D.ニャボケ(ユー・エス・イー) ●男子5km I.エディマ(ケニア) 遠藤日向(住友電工) B.コエチ(ケニア/九電工) S.キプロノ(ケニア/黒崎播磨) J.ルンガル(ケニア/中央発條) 鈴木塁人(SGホールディングス)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top