HOME 国内

2022.10.17

勝瀬健大100m7年ぶり自己新 50mイベントでは坂井隆一郎や多田修平が小学生と激突/日本記録挑戦会
勝瀬健大100m7年ぶり自己新 50mイベントでは坂井隆一郎や多田修平が小学生と激突/日本記録挑戦会

トラックの公認・非公認種目で日本記録に挑戦し、飛躍のきっかけにしてほしい――と2012年に始まった日本記録挑戦会兼住友電工杯の第11回大会が16日、兵庫県伊丹市の住友総合グランドで開催された。

過去には男子60m6秒63の日本タイ記録(当時)、同200mハードル22秒54のアジア最高記録などが誕生。トラックシーズン最終盤に選手たちが来季構想を描く機会としてひと役買ってきた。今回は60mや300mなど男女計13種目が実施。そのほか、50mや中学生4×100mリレー、一般参加オープン1500mなどのイベント種目が行われた。

桐生祥秀(日本生命)が企画した50mで争うイベント「Sprint 50 Challenge」では、小中学生が住友電工と大阪ガスのゲスト選手と対決。タイムレースの5組で多田修平(住友電工)が5秒95をマークすると、7組では坂井隆一郎(大阪ガス)が5秒84の快速タイムを叩き出した。

男子100mは60m3位だった勝瀬健大(関西実業団)が10秒41(-0.4)で岩崎浩太郎(ユティック)らに競り勝った。インタビューでマイクを向けられると、男泣き。それもそのはず、咲くやこの花高3年時の10秒43以来、実に7年ぶり自己記録更新だった。

男子5000mは阿部弘輝(住友電工)が13分56秒01で優勝。第1回大会で松岡佑起(大塚製薬)がマークした14分02秒02の大会記録を10年ぶりに更新した。

女子では三浦愛華(園田学園女大3年)が60mを7秒48(-0.6)、100mを11秒80(+0.2)、4×200mリレー(2走)を1分38秒56で勝ち、3冠の活躍を見せた。女子100mハードルは地元伊丹市出身の中島ひとみ(長谷川体育施設)が13秒25(+2.2)で快勝した。

一般参加のオープン1500mには小学1年生からシニアまで幅広い年齢の男女ランナーが出場。住友電工の遠藤日向らがペースメーカーを務め、運動会気分で盛り上がった。

日本記録やそれに迫る記録は生まれなかったが、競技を楽しむ姿勢と真剣な力走が入り混じり、記録を追いかけるという初心に立ち返らせてくれる。そんな意義のある挑戦会の一日だった。

トラックの公認・非公認種目で日本記録に挑戦し、飛躍のきっかけにしてほしい――と2012年に始まった日本記録挑戦会兼住友電工杯の第11回大会が16日、兵庫県伊丹市の住友総合グランドで開催された。 過去には男子60m6秒63の日本タイ記録(当時)、同200mハードル22秒54のアジア最高記録などが誕生。トラックシーズン最終盤に選手たちが来季構想を描く機会としてひと役買ってきた。今回は60mや300mなど男女計13種目が実施。そのほか、50mや中学生4×100mリレー、一般参加オープン1500mなどのイベント種目が行われた。 桐生祥秀(日本生命)が企画した50mで争うイベント「Sprint 50 Challenge」では、小中学生が住友電工と大阪ガスのゲスト選手と対決。タイムレースの5組で多田修平(住友電工)が5秒95をマークすると、7組では坂井隆一郎(大阪ガス)が5秒84の快速タイムを叩き出した。 男子100mは60m3位だった勝瀬健大(関西実業団)が10秒41(-0.4)で岩崎浩太郎(ユティック)らに競り勝った。インタビューでマイクを向けられると、男泣き。それもそのはず、咲くやこの花高3年時の10秒43以来、実に7年ぶり自己記録更新だった。 男子5000mは阿部弘輝(住友電工)が13分56秒01で優勝。第1回大会で松岡佑起(大塚製薬)がマークした14分02秒02の大会記録を10年ぶりに更新した。 女子では三浦愛華(園田学園女大3年)が60mを7秒48(-0.6)、100mを11秒80(+0.2)、4×200mリレー(2走)を1分38秒56で勝ち、3冠の活躍を見せた。女子100mハードルは地元伊丹市出身の中島ひとみ(長谷川体育施設)が13秒25(+2.2)で快勝した。 一般参加のオープン1500mには小学1年生からシニアまで幅広い年齢の男女ランナーが出場。住友電工の遠藤日向らがペースメーカーを務め、運動会気分で盛り上がった。 日本記録やそれに迫る記録は生まれなかったが、競技を楽しむ姿勢と真剣な力走が入り混じり、記録を追いかけるという初心に立ち返らせてくれる。そんな意義のある挑戦会の一日だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top