HOME 国内

2022.10.16

400mHマクローリン、やり投チョプラ、北口榛花、田中希実ら国立に再集結!東京五輪1周年記念イベント開催
400mHマクローリン、やり投チョプラ、北口榛花、田中希実ら国立に再集結!東京五輪1周年記念イベント開催

東京オリンピック・パラリンピック開催1周年記念イベントとなる「Thank you Tokyo!」が10月16日、東京・国立競技場で行われ、国内外のアスリートたちが参加した。

あの熱狂から1年。世界、そして日本のトップアスリートが国立競技場に帰ってきた。

午前9時から国立競技場周辺で実施されたスポーツ体験コーナーには多くの家族連れが参加。陸上競技ブースでは走幅跳と三段跳の世界記録・日本記録の距離に足形が描かれていたり、男子100mの世界記録・日本記録の1歩のストライドの長さが記されたりしており、子供たちは何歩で届くか挑戦。「これで1歩!すごい!」とアスリートのすごさを実感していた。

また、アスリートと写真が撮れるフォトスポットには、女子400mハードル世界記録保持者のシドニー・マクローリン(米国)や男子やり投のニーラジ・チョプラ(インド)らメダリストが順番に訪れ、写真撮影やサインなどファンサービスをした。

また、日本代表の北口榛花(JAL)、田中希実(豊田自動織機)、安部孝駿(ヤマダホールディングス)、戸邉直人(JAL)、津波響樹(大塚製薬)の5人もファンと集合写真撮影。北口や田中は「おめでとう!」と祝福されていた。

16時からは国立競技場内で記念セレモニーが執り行われ、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長からのビデオメッセージや小池百合子・東京都知事のあいさつのあとには、和太鼓のパフォーマンスや、7人制ラグビーの試合などが繰り広げられた。陸上からもスポーツデモンストレーションを実演した。

「チーム・ミライトワ」「チーム・ソメイティ」に分かれて400m障害物リレーを実施。1走は男子マラソンのメダリストのバシル・アブディ(ベルギー)とリオ五輪200m代表のジェレミー・ドッドソン(サモア)が務め、3000m障害用のハードルを越えて走った。2走は女子走高跳銀メダリストのニコラ・マクダーモット(豪州)と男子走幅跳の津波響樹(大塚製薬)が「走幅跳走」に挑戦。3走はハードル走として女子400mハードル3大会連続五輪代表のレア・スプルンガー(スイス)と男子400mハードルの安部が本職のハードルを越えて疾走。アンカーの100mは、田中希実とモリー・セイデル(米国)が激突! 最後はミライトワとソメイティが並んでフィニッシュして会場を盛り上げた。

続けてやり投の北口榛花とチョプラが的当てで勝負。北口が2回目に見事に的に当てて勝利を収めてガッツポーズ。大きな拍手が送られた。

参加した北口は「チョプラ選手もはじめて観客の入った国立競技場で喜んでいました。みんなに感謝の気持ちを伝える機会になりました」と笑顔。来季に向けて「難しいことですが、来年のブダペスト世界選手権はメダルを狙いに行って取りたいです」と改めて意気込みを語った。

東京オリンピック・パラリンピック開催1周年記念イベントとなる「Thank you Tokyo!」が10月16日、東京・国立競技場で行われ、国内外のアスリートたちが参加した。 あの熱狂から1年。世界、そして日本のトップアスリートが国立競技場に帰ってきた。 午前9時から国立競技場周辺で実施されたスポーツ体験コーナーには多くの家族連れが参加。陸上競技ブースでは走幅跳と三段跳の世界記録・日本記録の距離に足形が描かれていたり、男子100mの世界記録・日本記録の1歩のストライドの長さが記されたりしており、子供たちは何歩で届くか挑戦。「これで1歩!すごい!」とアスリートのすごさを実感していた。 また、アスリートと写真が撮れるフォトスポットには、女子400mハードル世界記録保持者のシドニー・マクローリン(米国)や男子やり投のニーラジ・チョプラ(インド)らメダリストが順番に訪れ、写真撮影やサインなどファンサービスをした。 また、日本代表の北口榛花(JAL)、田中希実(豊田自動織機)、安部孝駿(ヤマダホールディングス)、戸邉直人(JAL)、津波響樹(大塚製薬)の5人もファンと集合写真撮影。北口や田中は「おめでとう!」と祝福されていた。 16時からは国立競技場内で記念セレモニーが執り行われ、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長からのビデオメッセージや小池百合子・東京都知事のあいさつのあとには、和太鼓のパフォーマンスや、7人制ラグビーの試合などが繰り広げられた。陸上からもスポーツデモンストレーションを実演した。 「チーム・ミライトワ」「チーム・ソメイティ」に分かれて400m障害物リレーを実施。1走は男子マラソンのメダリストのバシル・アブディ(ベルギー)とリオ五輪200m代表のジェレミー・ドッドソン(サモア)が務め、3000m障害用のハードルを越えて走った。2走は女子走高跳銀メダリストのニコラ・マクダーモット(豪州)と男子走幅跳の津波響樹(大塚製薬)が「走幅跳走」に挑戦。3走はハードル走として女子400mハードル3大会連続五輪代表のレア・スプルンガー(スイス)と男子400mハードルの安部が本職のハードルを越えて疾走。アンカーの100mは、田中希実とモリー・セイデル(米国)が激突! 最後はミライトワとソメイティが並んでフィニッシュして会場を盛り上げた。 続けてやり投の北口榛花とチョプラが的当てで勝負。北口が2回目に見事に的に当てて勝利を収めてガッツポーズ。大きな拍手が送られた。 参加した北口は「チョプラ選手もはじめて観客の入った国立競技場で喜んでいました。みんなに感謝の気持ちを伝える機会になりました」と笑顔。来季に向けて「難しいことですが、来年のブダペスト世界選手権はメダルを狙いに行って取りたいです」と改めて意気込みを語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top