HOME 国内

2022.09.26

やり投・北口榛花の練習公開に30社!週末の凱旋試合へ「良い状態で臨めるように」
やり投・北口榛花の練習公開に30社!週末の凱旋試合へ「良い状態で臨めるように」

女子やり投でオレゴン世界選手権銅メダル、ダイヤモンドリーグ・ファイナル3位の快挙を成し遂げた北口榛花(JAL)が9月26日、都内で練習を公開した。

広告の下にコンテンツが続きます

集まった報道陣は30社約50名で、普段はチェコを拠点とするだけに貴重な「世界3位」のトレーニングを取材した。北口は20日にチェコから帰国。最後に現地で試合に出た際は気温9度だったが、この日は気温が30度近く上がり強い日差しが照りつけた。

気温差から「暑すぎる」とこぼしながらも、日大の後輩でもある奈良岡翠蘭とウォーミングアップからドリル、砲丸を使った練習、助走の確認。帰国してから本格的に一緒にトレーニングしているといい、時折アドバイスを送っていた。

出場を予定していた先週末の全日本実業団対抗は棄権。「移動疲れや気温差の変化もあって身体が動かなかった」と理由を明かす。「徐々に身体が動くようになっているので、100%とまでは言えないですが良い状態で臨めると思います」と、週末のアスレチックスチャレンジカップ(新潟)に向けて調整している。

この日は「出力を上げて、身体全体を使って力を発揮する」狙いで砲丸のバック投げ、フロント投げをメインで行い、2.72kgのバック投げでは19m20を投げ、「まぁまぁ」と及第点。2週間1度は計測して確認しているという。昨年からケガなくトレーニングを積めたことで基礎体力面が向上し「自信になっています」と、今季の好調につなげた。

広告の下にコンテンツが続きます

帰国してから「食べたい」と語っていた蕎麦、刺身、焼肉のうち2つを食して「あとは焼肉だけ」。だが、毎日午前・午後の2部練習で遊びに行く時間はないのだという。今季は週末の新潟と、10月6日から始まる栃木国体を残すのみ。それが終われば少しゆっくりできるようだ。

「できれば日本で年越ししたいとコーチに伝えています」と北口。年明けから渡欧してシーズンイン直前までチェコを拠点にトレーニングする予定で、「2月頃までは昨年までと練習を変えずに土台を作って、それに合わせてできる技術をいろいろしていきたい」というプランを立てている。

残り2戦に向けて「日本記録(66m00)とまではいかないかもしれませんが、60mオーバーをできるように。久しぶりの日本のファンのみなさんに見てもらえるので楽しみです」と笑顔だった。

女子やり投でオレゴン世界選手権銅メダル、ダイヤモンドリーグ・ファイナル3位の快挙を成し遂げた北口榛花(JAL)が9月26日、都内で練習を公開した。 集まった報道陣は30社約50名で、普段はチェコを拠点とするだけに貴重な「世界3位」のトレーニングを取材した。北口は20日にチェコから帰国。最後に現地で試合に出た際は気温9度だったが、この日は気温が30度近く上がり強い日差しが照りつけた。 気温差から「暑すぎる」とこぼしながらも、日大の後輩でもある奈良岡翠蘭とウォーミングアップからドリル、砲丸を使った練習、助走の確認。帰国してから本格的に一緒にトレーニングしているといい、時折アドバイスを送っていた。 出場を予定していた先週末の全日本実業団対抗は棄権。「移動疲れや気温差の変化もあって身体が動かなかった」と理由を明かす。「徐々に身体が動くようになっているので、100%とまでは言えないですが良い状態で臨めると思います」と、週末のアスレチックスチャレンジカップ(新潟)に向けて調整している。 この日は「出力を上げて、身体全体を使って力を発揮する」狙いで砲丸のバック投げ、フロント投げをメインで行い、2.72kgのバック投げでは19m20を投げ、「まぁまぁ」と及第点。2週間1度は計測して確認しているという。昨年からケガなくトレーニングを積めたことで基礎体力面が向上し「自信になっています」と、今季の好調につなげた。 帰国してから「食べたい」と語っていた蕎麦、刺身、焼肉のうち2つを食して「あとは焼肉だけ」。だが、毎日午前・午後の2部練習で遊びに行く時間はないのだという。今季は週末の新潟と、10月6日から始まる栃木国体を残すのみ。それが終われば少しゆっくりできるようだ。 「できれば日本で年越ししたいとコーチに伝えています」と北口。年明けから渡欧してシーズンイン直前までチェコを拠点にトレーニングする予定で、「2月頃までは昨年までと練習を変えずに土台を作って、それに合わせてできる技術をいろいろしていきたい」というプランを立てている。 残り2戦に向けて「日本記録(66m00)とまではいかないかもしれませんが、60mオーバーをできるように。久しぶりの日本のファンのみなさんに見てもらえるので楽しみです」と笑顔だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top