HOME 国内、大学

2022.09.07

DLファイナルいよいよ開幕!やり投・北口榛花&3000m障害・三浦龍司が世界に挑む
DLファイナルいよいよ開幕!やり投・北口榛花&3000m障害・三浦龍司が世界に挑む

ダイヤモンドリーグ(DL)のファイナルが、日本時間の今日、明日の深夜(8、9日)に、スイス・チューリッヒでいよいよ行われる。選ばれた者しか立てないファイナルの舞台に、なんと今年は日本人が2人も出場。これまで以上に大きな注目が集まっている。

広告の下にコンテンツが続きます

その舞台に挑むのは、女子やり投でオレゴン世界選手権銅メダリストの北口榛花(JAL)と、男子3000m障害で東京五輪7位の三浦龍司(順大)だ。ダイヤモンドリーグのファイナルに日本人が進むのは男子走高跳の戸邉直人(JAL)以来。北口は女子種目初、三浦は中長距離種目で初となる。

北口は6月のパリ大会で日本史上初の優勝。オレゴン後のシレジア大会では連勝を飾った。さらにモナコ大会2位、ブリュッセル大会2位と4大会連続で表彰台に上り、満を持してファイナルへ。今季は自身の持つ日本記録(66m00)こそ更新していないものの、65m10を筆頭にハイアベレージを誇る。堂々、優勝候補の一人として臨む。ライバルになるのはオレゴン世界選手権金メダルのK.L.バーバー(豪州)は同銀メダルのK.ウィンガー(米国)か。

三浦は3000m障害の日本記録(8分09秒92)を持つ。今季は1500mで3分36秒59をマークするなどスピードに磨きをかけた。3000m障害は実戦が少なかったこともあり納得のいくレースが少なかったようで、日本選手権を優勝したもののオレゴン世界選手権では予選敗退。しかし、その後のDLローザンヌ大会でシーズンベストの8分13秒06をマークして4位に入ってファイナルを決めた。東京五輪&世界選手権金メダルのS.エル・バッカリ(モロッコ)らがいるハイレベルな中でどんなレースを仕掛けるか、そして自己ベスト更新なるか。

2人はともに2日目となる9日に登場。日本時間で深夜3時20分からやり投がスタートし、3000m障害は3時31分に行われる。同時間帯に競演しそうだ。

広告の下にコンテンツが続きます

棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)らを筆頭に、世界のトップアスリートたちが集結。日本人の活躍とともに、白熱のパフォーマンスが見られそうだ。

◇ダイヤモンドリーグとは?賞金30,000ドル、世界選手権出場権も

ダイヤモンドリーグは世界最高峰のリーグ戦。男女計32種目で、欧米やアジア各都市で開催される各大会の上位選手に入るとポイントを獲得し、その上位選手のみがファイナルに進出できる。ファイナルに進めるのは100m~800mが上位8人、1500m以上は上位10人、フィールド種目は6人。一発勝負のファイナルを制した選手が年間チャンピオンとなる。

年間王者にはダイヤモンドトロフィーと、賞金30,000ドルが贈られ、来年のブダペスト世界選手権の出場権(ワイルドカード)も与えられる。なお賞金は2位が12,000ドル、3位は7,000ドル。

広告の下にコンテンツが続きます

同大会は2009年まで行われていたIAAFゴールデンリーグとスーパーグランプリが統合されて2010年に創設。今年は5月の第1戦ドーハを皮切りに、今回のファイナルまで14戦で構成されていた(※中国開催2大会は中止)。

ダイヤモンドリーグ(DL)のファイナルが、日本時間の今日、明日の深夜(8、9日)に、スイス・チューリッヒでいよいよ行われる。選ばれた者しか立てないファイナルの舞台に、なんと今年は日本人が2人も出場。これまで以上に大きな注目が集まっている。 その舞台に挑むのは、女子やり投でオレゴン世界選手権銅メダリストの北口榛花(JAL)と、男子3000m障害で東京五輪7位の三浦龍司(順大)だ。ダイヤモンドリーグのファイナルに日本人が進むのは男子走高跳の戸邉直人(JAL)以来。北口は女子種目初、三浦は中長距離種目で初となる。 北口は6月のパリ大会で日本史上初の優勝。オレゴン後のシレジア大会では連勝を飾った。さらにモナコ大会2位、ブリュッセル大会2位と4大会連続で表彰台に上り、満を持してファイナルへ。今季は自身の持つ日本記録(66m00)こそ更新していないものの、65m10を筆頭にハイアベレージを誇る。堂々、優勝候補の一人として臨む。ライバルになるのはオレゴン世界選手権金メダルのK.L.バーバー(豪州)は同銀メダルのK.ウィンガー(米国)か。 三浦は3000m障害の日本記録(8分09秒92)を持つ。今季は1500mで3分36秒59をマークするなどスピードに磨きをかけた。3000m障害は実戦が少なかったこともあり納得のいくレースが少なかったようで、日本選手権を優勝したもののオレゴン世界選手権では予選敗退。しかし、その後のDLローザンヌ大会でシーズンベストの8分13秒06をマークして4位に入ってファイナルを決めた。東京五輪&世界選手権金メダルのS.エル・バッカリ(モロッコ)らがいるハイレベルな中でどんなレースを仕掛けるか、そして自己ベスト更新なるか。 2人はともに2日目となる9日に登場。日本時間で深夜3時20分からやり投がスタートし、3000m障害は3時31分に行われる。同時間帯に競演しそうだ。 棒高跳のA.デュプランティス(スウェーデン)らを筆頭に、世界のトップアスリートたちが集結。日本人の活躍とともに、白熱のパフォーマンスが見られそうだ。 ◇ダイヤモンドリーグとは?賞金30,000ドル、世界選手権出場権も ダイヤモンドリーグは世界最高峰のリーグ戦。男女計32種目で、欧米やアジア各都市で開催される各大会の上位選手に入るとポイントを獲得し、その上位選手のみがファイナルに進出できる。ファイナルに進めるのは100m~800mが上位8人、1500m以上は上位10人、フィールド種目は6人。一発勝負のファイナルを制した選手が年間チャンピオンとなる。 年間王者にはダイヤモンドトロフィーと、賞金30,000ドルが贈られ、来年のブダペスト世界選手権の出場権(ワイルドカード)も与えられる。なお賞金は2位が12,000ドル、3位は7,000ドル。 同大会は2009年まで行われていたIAAFゴールデンリーグとスーパーグランプリが統合されて2010年に創設。今年は5月の第1戦ドーハを皮切りに、今回のファイナルまで14戦で構成されていた(※中国開催2大会は中止)。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top