月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100mH福部真子 日本新にも「満足できない」と世界の壁 IH女王から日本記録保持者へ/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)10日目

オレゴン世界陸上10日目のイブニングセッションに行われた女子100mハードル準決勝2組に出場した福部真子(日本建設工業)が、12秒82(+0.9)の日本記録を樹立した。

ここぞという集中力、大舞台での強さは、まさに福部の真骨頂。初の世界陸上で準決勝進出を果たし、1レーンに入った。「いつも通り」。落ち着いた表情でスタートラインに立つ。同組には世界記録保持者のケンドラ・ハリソン(米国)と、今季好調のトビ・アムサン(ナイジェリア)。スタートしてすぐにどんどんと離れていくのがわかった。

「1台目の入りで少し浮いてしまって、そこからは立て直すのに必死でした」。走っている感触としては「13秒台かな」というほど。それだけ、世界は圧倒的だった。トップのアムサンは、ハリソンの目の前で世界記録を更新する、脅威の12秒12。だが、福部は自分の走りに徹してフィニッシュし、日本記録を更新した。「ビックリです。手応えがなかったです」と目をまんまるにする福部。「やった、という思いはありましたが、まだあんまり……」と実感が湧かないのも正直な感想だろう。

これまで福部真子の代名詞といえば「インターハイ3連覇」だった。“天才”と言われ続け、中学時代には四種競技で全中を制し、ハードルに専念した広島皆実高時代にインターハイを3連覇。これは城島直美、寺田明日香(ジャパンクリエイト)に続く史上3人目の快挙だった。

だが、日体大進学後はなかなかタイトルに届かず。400mハードルに挑戦した時期もあった。高校時代の自己記録を更新するまでに3年。卒業と同時に引退もよぎったが競技を続けることに。その後もコロナ禍などの影響もあり練習環境を転々としつつ、2020年の後半からは「応援してくれる人がたくさんいるところで、自分の走りを見てもらいたい」と、地元・広島を拠点に再スタートを切った。

今季は快進撃。日本選手権で初優勝を果たすと、直後の布勢スプリントでは12秒台突入となる12秒93をマークした。ワールドランキングで世界陸上初出場を決めると、ついに日本記録保持者に。「天才、インターハイ3連覇が重圧になることもあった」。福部はその肩書きを、自らの力で受け止め、消化し、日本トップハードラーへと成長を遂げた。

世界を経験し、日本記録を樹立しても「満足できない」と福部。「世界の壁は高かった。一生に1度あるかどうかのレースを経験できました。世界との差を意識しながら練習していきます」。納得のいかないレースだったからこそ、「12秒7~6が見えてきます」。そのためにも「ここからの試合でもう一回、12秒8台を狙っていきます」。

紆余曲折を経てたどり着いた大舞台での快挙。“日本記録保持者・福部真子”はパリ五輪を目指して、これからもさまざまなハードルを飛び越えて成長していく。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com