月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本人の母を持つノーマンが男子400mで金メダル!地元・米国に同種目9年ぶりのタイトルもたらす/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた男子400m決勝は、日本にルーツを持つマイケル・ノーマン(米国)が44秒29で初の世界王者に輝いた。

準決勝を44秒30のトップタイムで通過したノーマンは、1つ内側を走る2011年テグ大会覇者のキラニ・ジェームス(グレナダ)と激しく競り合う。最後の直線に差し掛かるところまでは互角だったものの、そこからじわりじわりと引き離し、栄光へのフィニッシュラインを駆け抜けた。

ノーマンの母は、かつて1989年に100mで日本中学記録(11秒96)を樹立した伸江さん(旧姓:斎藤)。母親譲りの健脚を受け継いだノーマンは、2016年のU20世界選手権200mで優勝すると、18年3月には400mで従来の室内世界記録を上回る44秒52をマークして世界の注目を集めた。

その翌年には400mで世界歴代4位タイの43秒45、200mで同11位(現15位)の19秒70、20年には100mでも9秒86をマーク。400mの世界記録保持者であるウェイデ・ファン・ニーケアク(南アフリカ)に次ぎ、この3種目で44秒切り、20秒切り、10秒切りをすべて達成した史上2人目のスプリンターとなった(のちにフレッド・カーリーが3人目の達成者に)。

しかし、これまでシニアの国際大会タイトルには縁がなかった。19年のドーハ世界選手権は準決勝敗退、昨年の東京五輪は5位(4×400mで金メダル)。米国としても2013年のラショーン・メリット以来、この種目の優勝から遠ざかっていただけに、6月の全米代表選考トライアルで43秒56の今季世界最高タイムを叩き出したノーマンに対する地元・米国国民の期待は大きかった。

ノーマンは大会最終日に決勝が控える4×400mリレーにも出場する見込み。2冠を手にし、地元・米国開催を最高のかたちで締めくくるつもりだ。

2位はジェームスが44秒48で入り、これで五輪・世界選手権の金・銀・銅メダルをすべてコンプリート。44秒66で3位のマシュー・ホジソン・スミス(英国)は自身初の国際大会メダルを獲得し、世界記録保持者のファン・ニーケアクは44秒97で5位だった。ファン・ニーケアクは2017年オフに出場したラグビーの試合中に前十字靭帯断裂の大ケガを負っていた。

■男子400m上位成績
1位 マイケル・ノーマン(米国)        44秒29
2位 キラニ・ジェームス(グレナダ)      44秒48
3位 マシュー・ホジソン・スミス(英国)    44秒66
4位 チャンピオン・アリソン(米国)      44秒77
5位 ウェイデ・ファン・ニーケアク(南アフリカ)44秒97
6位 バヤポ・ヌトリ(ボツワナ)        45秒29
7位 クリストファー・テイラー(ジャマイカ)  45秒30
8位 ジョナサン・ジョーンズ(バルバドス)   46秒13

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com