月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子棒高跳 “鳥人” デュプランティスは軽々と予選突破 日本時間25日の決勝で自身の世界記録更新なるか/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた男子棒高跳予選。東京五輪覇者で、6m20の世界記録保持者であるアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)は5m75を軽々と1回でクリアし、2日後の決勝へと駒を進めた。

18歳だった2018年に6m05のU20世界記録を樹立し、翌年のドーハ世界選手権で19歳ながら銀メダルを獲得した逸材だ。20年にはルノー・ラヴィレニ(フランス)が持っていた世界記録(6m16)を6m18まで更新すると、昨年は東京五輪で金メダルを獲得。今年は3月の世界室内選手権で自身の世界記録を6m20まで伸ばしていた。

2020年以降は室内を含めると45戦43勝という驚異の勝率を誇っており、圧倒的な優勝候補として日本時間25日9時25分からの決勝に挑む。21年間破られていない大会記録6m05の更新だけでなく、自身の持つ屋外世界最高記録(6m16)の更新なるかにも注目が集まる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com