HOME 海外

2022.07.23

女子400mHマクローリンが驚愕の世界新50秒68!!地元米国のヒロインが五輪に続く金メダル!/世界陸上
女子400mHマクローリンが驚愕の世界新50秒68!!地元米国のヒロインが五輪に続く金メダル!/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションの最終種目として行われた女子400mハードル決勝で、22歳の若き地元のヒロインが驚愕の激走を見せた。シドニー・マクラフリンが50秒68――。1ヵ月前の全米選手権で自身が出したばかりの世界記録(51秒41)を大幅に塗り替え、女子では未踏の「50秒台」突入を果たして地元優勝を成し遂げた。

全米では、「まだタンクに力が残っている。その時が来たら完全に空にできるといいね」と語っていたマクラフリン。予選は楽々と53秒95、準決勝も52秒17にまとめながらも余裕たっぷりだった。そして決勝は、スタートからエンジン全開。前回大会を当時世界新の52秒16で制したダリラ・ムハンマド(米国)、マクラフリンと同じ22歳で欧州ナンバーワンのフェムケ・ボル(オランダ)をバックストレートで圧倒する。

最期の直線に入っても、走りも、ハードリングにもまったく疲れを感じさせない。そのままフィニッシュラインを駆け抜けたマクラフリンは、記録を確認するとパフォーマンスを出すこともなく呆然とした表情でしばらく座り込んだ。まさに、エネルギーを出し尽くしたレース。それが、地元の大舞台での大記録へとつながったのだ。

昨年の全米五輪トライアルでもヘイワード・フィールドで当時史上初の51秒台(51秒90)を出しており、同じ舞台で3度目、優勝した東京五輪(51秒46)を含めて自身4度目の世界新は、この種目を新時代へといざなうもの。35分前に行われたフラットレースの6位が50秒57、7位が50秒78と、ハードルのあるマクラフリンと同水準というのだから、どれほど偉大な記録であるかは想像に難くない。

陸上一家に育ち、14歳にして全米ジュニア選手権で2位に入るなど早くから天才少女と謳われた。世界ユース選手権を15歳で制し、2016年リオ五輪には米国陸上チーム最年少の17歳で出場している。

そして、シニアになってからは一気に世界の頂点へ。前回のドーハ大会では52秒23で2位になると、昨年の東京五輪は世界新で金メダル。4×400mリレーでも1走として米国チーム優勝の原動力となったスピードと、左右どちらの脚でもスムーズに踏み切れる技術を兼ね備え、今や米国陸上界の女子エースに君臨する。

SNSのフォロワーが100万人を超え、今年6月にはアメリカンフットボールNFLでワイドレシーバーとして活躍するアンドレ・レブロンと結婚。これからも、世界中の注目を浴びるトップスター選手の1人として、陸上界をリードしていくに違いない。

■女子400mH世界歴代パフォーマンス10
50.68 S.マクローリン(米国) 2022. 7.22
50.41   マクローリン 2   2022. 6.25
51.46   マクローリン 3   2021. 8. 4
51.58 D.ムハンマド(米国)  2021. 8. 4
51.61   マクローリン 4   2022. 6. 5
51.90   マクローリン 5   2021. 6.27
52.03 F.ボル(オランダ)   2021. 8. 4
52.16   ムハンマド  3   2019.10. 4
52.17   マクラフリン 6   2022. 7.20
52.20   ムハンマド  4   2019. 7.28

■女子400m上位成績
1位 シドニー・マクローリン(米国)  50秒68=世界新
2位 フェムケ・ボル(オランダ)    52秒27
3位 ダリラ・ムハンマド(米国)    53秒13
4位 シャミール・リトル(米国)    53秒76
5位 ブリトン・ウィルソン(米国)   54秒02
6位 ラッセル・クレイトン(ジャマイカ)54秒36
7位 ヒアンナ・ウッドラフ(パナマ)  54秒75
8位 アンナ・リジコワ(ウクライナ)  54秒93

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目 オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションの最終種目として行われた女子400mハードル決勝で、22歳の若き地元のヒロインが驚愕の激走を見せた。シドニー・マクラフリンが50秒68――。1ヵ月前の全米選手権で自身が出したばかりの世界記録(51秒41)を大幅に塗り替え、女子では未踏の「50秒台」突入を果たして地元優勝を成し遂げた。 全米では、「まだタンクに力が残っている。その時が来たら完全に空にできるといいね」と語っていたマクラフリン。予選は楽々と53秒95、準決勝も52秒17にまとめながらも余裕たっぷりだった。そして決勝は、スタートからエンジン全開。前回大会を当時世界新の52秒16で制したダリラ・ムハンマド(米国)、マクラフリンと同じ22歳で欧州ナンバーワンのフェムケ・ボル(オランダ)をバックストレートで圧倒する。 最期の直線に入っても、走りも、ハードリングにもまったく疲れを感じさせない。そのままフィニッシュラインを駆け抜けたマクラフリンは、記録を確認するとパフォーマンスを出すこともなく呆然とした表情でしばらく座り込んだ。まさに、エネルギーを出し尽くしたレース。それが、地元の大舞台での大記録へとつながったのだ。 昨年の全米五輪トライアルでもヘイワード・フィールドで当時史上初の51秒台(51秒90)を出しており、同じ舞台で3度目、優勝した東京五輪(51秒46)を含めて自身4度目の世界新は、この種目を新時代へといざなうもの。35分前に行われたフラットレースの6位が50秒57、7位が50秒78と、ハードルのあるマクラフリンと同水準というのだから、どれほど偉大な記録であるかは想像に難くない。 陸上一家に育ち、14歳にして全米ジュニア選手権で2位に入るなど早くから天才少女と謳われた。世界ユース選手権を15歳で制し、2016年リオ五輪には米国陸上チーム最年少の17歳で出場している。 そして、シニアになってからは一気に世界の頂点へ。前回のドーハ大会では52秒23で2位になると、昨年の東京五輪は世界新で金メダル。4×400mリレーでも1走として米国チーム優勝の原動力となったスピードと、左右どちらの脚でもスムーズに踏み切れる技術を兼ね備え、今や米国陸上界の女子エースに君臨する。 SNSのフォロワーが100万人を超え、今年6月にはアメリカンフットボールNFLでワイドレシーバーとして活躍するアンドレ・レブロンと結婚。これからも、世界中の注目を浴びるトップスター選手の1人として、陸上界をリードしていくに違いない。 ■女子400mH世界歴代パフォーマンス10 50.68 S.マクローリン(米国) 2022. 7.22 50.41   マクローリン 2   2022. 6.25 51.46   マクローリン 3   2021. 8. 4 51.58 D.ムハンマド(米国)  2021. 8. 4 51.61   マクローリン 4   2022. 6. 5 51.90   マクローリン 5   2021. 6.27 52.03 F.ボル(オランダ)   2021. 8. 4 52.16   ムハンマド  3   2019.10. 4 52.17   マクラフリン 6   2022. 7.20 52.20   ムハンマド  4   2019. 7.28 ■女子400m上位成績 1位 シドニー・マクローリン(米国)  50秒68=世界新 2位 フェムケ・ボル(オランダ)    52秒27 3位 ダリラ・ムハンマド(米国)    53秒13 4位 シャミール・リトル(米国)    53秒76 5位 ブリトン・ウィルソン(米国)   54秒02 6位 ラッセル・クレイトン(ジャマイカ)54秒36 7位 ヒアンナ・ウッドラフ(パナマ)  54秒75 8位 アンナ・リジコワ(ウクライナ)  54秒93

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top