月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

5度目の挑戦を終えた棒高跳・山本聖途「パリ五輪までフランスを拠点にしていく」/世界陸上

◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)8日目

オレゴン世界陸上8日目のイブニングセッションに行われた男子棒高跳予選。5大会連続出場の30歳・山本聖途(トヨタ自動車)は5m65をクリアしたものの、次の5m75を跳べずに予選敗退となった。

6月の日本選手権はまさかの「記録なし」となったものの、ワールドランキングにより出場権を得た。「今大会に向けて調子を上げていけた」と話すように、最初の高さである5m30と次の5m50は1回でクリア。次の5m65も2回目に成功させ、6位入賞を果たした2013年以来の決勝進出へ期待は高まった。

しかし、今大会は予選で5m75を12人がクリア。13年大会は5m55で決勝進出を決めていただけに、「レベルが高かった」と山本。5m75も3回目は「今日イチの跳躍だった」と自身で振り返るほどのジャンプだったが、わずかに身体が触れて成功はならなかった。

1992年3月生まれで、同学年には短距離の飯塚翔太(ミズノ)やマラソンの大迫傑(Nike)、やり投・ディーン元気(ミズノ)、走高跳・戸邉直人(JAL)ら国際大会常連の選手たちが多くそろう「プラチナ世代」のひとり。その中でも一番乗りで世界選手権入賞を達成し、2012年ロンドン五輪から一度も欠かさず五輪・世界選手権の代表をつかんできた。

今年3月で30歳となり、ベテランと言われるような年齢に差し掛かってきたが、まだまだ競技への情熱は燃えたぎっている。今後は2024年のパリ五輪をターゲットにし、「それまではフランスを拠点にしていく。次は決勝に行きます」と、早くも次へと目線を切り替えていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com