月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

やり投・ディーン元気が10年ぶり世界大会で決勝進出「決勝は今季一番の動きをしたい」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた男子やり投予選。A組で82m34の今季日本最高をマークしたディーン元気(ミズノ)は全体の7位で決勝進出を決めた。

2012年のロンドン五輪以来、10年ぶり世界大会となったディーン。「久しぶりという感じはなく、(世界の舞台に)戻ってこられてうれしい」という心境の中で予選に臨んだ。

1投目で79m26と記録を残すと、2投目には79m33とわずかながら記録を伸ばした。「最初の2投はやりが顔から離れてしまったので、3投目はそこだけを意識した」と投てきを修正。予選最終投てきでビッグアーチを描いて、世界選手権では初となる決勝をたぐり寄せた。

ロンドン五輪で10位となったのは大学生3年生の時。将来を嘱望されたものの、その後は度重なる故障に悩まされ、2019年は治療に専念するために競技から離れたこともあった。それでも、近年はやり投で数々のスターを輩出したフィンランドに練習拠点を構えると、徐々に調子を取り戻し、今年の日本選手権では2012年以来の日本一に返り咲いている。

10年ぶりに世界の決勝に立つディーン。「まだ、ここがスタートライン。決勝は周りのレベルも上がるので今季一番の動きをしたい」とロンドンで逃した入賞、そしてさらなる上を目指していく。

決勝は日本時間の24日10時35分から行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com