月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子やり投・小椋健司「調子は良かっただけに悔しいが、世界を経験できたのは収穫」予選敗退も前向く/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた男子やり投予選。B組に出場した小椋健司(栃木県スポ協)は78m48で予選全体の19位となり、決勝には進めなかった。

昨年6月に日本歴代8位となる81m63を投げている小椋。東京五輪出場は逃したが、今年は80m台を2度投げるなど投てきのアベレージを引き上げ、世界ランキング上位者として世界選手権の座をつかんでいた。

「1本目に記録を残そうと思った」という1投目は助走のスピードが上がり、クロスステップで思い通りの動きができないなかで78m48。ただ、2投目以降にフォームを修正しきれず、記録を伸ばすことはできなかった。

小椋は「調子は良かったので悔しい。まだまだ力不足です」とシニアでは初の国際大会で世界との差を痛感した。今回の予選通過ラインは80m03と届かない記録ではなかっただけに、悔しさが募る。

それでも、「世界大会を経験できたのは収穫です。来年以降に生かせるようにしたい」と前を向く。30代の活躍も目立つ投てき種目ではまだ若手の27歳。1歩1歩ステップアップしていけば、来年のブダペスト世界選手権、そしてパリ五輪と世界と戦える日がやってくるだろう。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com