月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子やり投予選で小椋健司が78m48 予選突破ならずも、力出し切る/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)7日目

オレゴン世界陸上7日目のイブニングセッションに行われた男子やり投予選。B組の小椋健司(栃木県スポ協)は78m48で全体の19位となり、決勝進出ラインの記録上位12位には届かず予選敗退となった。

1投目に78m48を投げた小椋は2投目以降にさらなる記録更新を狙った。しかし、2投目は75m22と失敗投てきとなると、3投目も77m20と記録を伸ばせず。ディーン元気(ミズノ)に続く決勝進出はならなかった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com