月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

トヨタ自動車の大石港与が中大コーチに就任 堀尾謙介は九電工へ移籍


トヨタ自動車は4日、大石港与の中大コーチに就任と、堀尾謙介の九電工への移籍を発表した。大石は引退せず、引き続き競技を続ける。

大石は静岡・富士東高を卒業後、2007年に中大に入学。箱根駅伝では3年連続で山上りの5区を務めるなど駅伝で活躍した。トヨタ自動車に入社後はニューイヤー駅伝で2度区間賞を獲得したほか、2015年から今年3月まで主将としてチームを支えた。

大石は「難しいチャレンジではあるかと思いますが、後輩の力になれるよう精一杯頑張っていきたいと思います」とコメントしている。

堀尾謙介は兵庫・須磨学園高校から中大に進学後、トヨタ自動車に入社。大学4年時に初マラソンとなった東京マラソンで学生歴代7位タイ(当時)の2時間10分21秒で日本人トップの4位に入った。東京五輪のマラソン選考会となったMGCでは15位。今年のニューイヤー駅伝では2区を務めていた。

<大石港与のコメント>
いつも私たち陸上長距離部に温かい応援をいただきありがとうございます。この度、母校の中央大学のコーチとして出向させていただくことになりました。会社側やチームの理解をいただき、ありがたいことに現役選手として競技を続ける権利も与えていただいています。トヨタ自動車の選手として、そして中央大学のコーチとして、難しいチャレンジではあるかと思いますが、後輩の力になれるよう精一杯頑張っていきたいと思います。私自身、個人の競技者としての取り組みも一生懸命続けていくつもりですので変わらず、温かい応援いただけたら嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。

<堀尾選手のコメント>
この度トヨタ自動車陸上長距離部を退部することになりました。大学を卒業し入社して学生の頃には味わえなかった厳しさ、喜びを知ることができました。結果が思うように出ない時期が多く、くじけそうになった時、声をかけてくれたチームメイトや職場、後援会の方々には感謝しかありません。新天地でもトヨタ自動車陸上長距離部に在籍していた経験を活かしてさらに努力していきたいと思います。約3年半という短い間でしたが応援ありがとうございました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com